クルマで行きます

クルマが好きなことにかけては人後に落ちない。
東北のABARTH PUNTO EVO乗りが綴る、クルマについてのあれこれ。
<< MiToの内装がダメになっていく予感 | main | MiTo スロットルコントローラーとバネが一気に?の巻 >>
DS3 プジョー車と共有できるホイール
| CITROEN DS3 | 21:34 | comments(0) | trackbacks(1) |
家人のCITOROEN DS3、スタッドレスタイヤに交換した。さすが世界のPSA、前愛車であったPeugeot 307SWに装着していたBWAのホイールがまんま使えるのである。p.c.d.値108、タイヤサイズは205/55/R16である。

夜にフラッシュ撮影したものですみません。

2008年10月に307SWのノーマルもスタッドレスもタイヤを新調した(もっと乗ろうとその時は思っていたのだ)にも関わらず、まんまと翌年6月にMiToに乗り換えてしまったワタクシ。無用の長物になっていたBWAホイールとワンシーズンだけ乗ったスタッドレスタイヤをセットとして売り払おうと思っていた。しかし色々あってそのまま2009の冬、まるっきりワンシーズン寝かせてしまっていたのだが、家人のまさかのCITOROEN購入でにわかに脚光を浴びることになったのである。今のところ問題なく走れている。タイヤはヨコハマタイヤのice GUARD iG20である。

さて装着してどうなのか。まずロードノイズは大きくなった。特に後部座席では顕著である。それ以外は思ったより悪くない。交差点右折時など一気にアクセルをグワッと踏み込んだ時や、ハードなコーナリング時などは悲鳴をあげている。しかし予想した以上の接地感覚の悪化は感じられない。むしろよくやっていると思う。タイヤが偉いのかサスが偉いのか。

実はこの「あまり悪化しない乗り心地」については思い当たる点がひとつある。ヤケにかっこいい純正ホイールの重量である。換装後自宅で片付けようとしたら、妙にズシッと。意外と重いのだ、あのホイール。バネ下重量という意味では不利なのではないかとすら思う。これが吉と出ているのか凶と出ているのか。









http://withcar.jugem.jp/trackback/314
事故車買取
あなたの愛車を売るなら【無料で比べて高く売る!】無料一括買取査定のご案内
| 車買取査定.info | 2010/12/10 12:02 PM |
+ PROFILE
+ accesses since Dec.2009
+ RECENT COMMENTS
+ 「クルマで行きます」用語集
■プン太郎■
筆者の愛車ABARTH PUNTO EVOのこと。
ブログ本文に「プントエヴォ」と
フルネームで書くと煩わしいので命名。

■R、K■
R=国道(Route **)
K=県道(Kendo **)
のこと

■S店長■
筆者のMiTo購入時の担当営業さん。
現在VOLVO仙台泉店の店長。
筆者のクルマ人生を変えた人。
一言で言えばカーガイ。

■K店長■
クライスラー・ジープ・ダッジ仙台の店長。
TCT版リリースを機に滑り込みで
MiTo1.4TSportを購入したカーガイ。
カーオーディオ地獄サバイバー。

■顧問■
筆者の友人太郎君のこと。
エンスージアストにしてドラマー。
いろんな意味で筆者の指南役にして
このブログの技術顧問(と勝手に思っている)

■朝練&夜活■
早朝に走りに行くのが朝練。
夜に走りに行くのが夜活(やかつ)。
夜の走行活動の略。
どちらもひとりであてもなく走る。
つまりひたすらクルマとの対話を楽しむ。

■EDO■
Eat and Drink Organizationの略。
親友2名と行うツーリング企画の名。
「移動に有料道路は使わない」
「同乗者無しでひとり1台」
「うまいものを食べ、飲む」が掟。
+ CATEGORIES
+ LINKS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ