クルマで行きます

クルマが好きなことにかけては人後に落ちない。
東北のABARTH PUNTO EVO乗りが綴る、クルマについてのあれこれ。
<< プントエヴォで行く!ヘンタイ諸氏が気仙沼・大島を訪れねばならない理由を説明します | main | のんびり運転ブーム到来! >>
プン太郎定期レポート#16_2020年1月
| 定期レポート | 23:33 | comments(13) |


総走行距離 68,990km(先月比+2,318km)

今月のプン太郎
軽微なトラブルが2件
トラブル1:CheckEngineメッセージ
ある晩、出先から帰宅の途につこうとエンジンをかけたら、ピーというアラート音とともにCheck Engineというメッセージ、タコメーターには黄色のエンジンアイコンが。
 


エンジンをかけなおしたりそのまま傍観してみたりしていたが、好転を待てずに走り出した。そしたらまぁ別にどうということもなく。いや、相変わらずアラートアイコンは表示されているのだけど。実際のところスタートアンドストップ機能は積極的にオフにしているので(笑)、アラートさえ消えてくれればこのままでも一向に差し支えない。というわけにもいかないだろうから、イデアルさんで診てもらうことにしよう。

トラブル2:残るウィンカー
冬になって気温が下がると、ハンドルを回すたびにステアリングコラム内部で「からから」とも「しゃらしゃら」とも聴こえる音がするようになる。今のところそれで何かトラブルになったわけではないのだが。そして今冬、同じコラム仲間のウィンカー(ターンシグナル、方向指示器)にも異変。右左折後、ウィンカーレバーが自動的にニュートラル位置へ戻っても、ウィンカーのチカチカ点滅だけが数秒残る症状が出始めた。これはちょっと困った。後続車や対向車両を惑わせることになりかねない。が、様子見。

プン太郎ことアバルト プントエヴォに乗り始めてまる2年が過ぎようとしている。それでも「へー、こうなってんだー」みたいなことはまだある。

●自動で電源ON
自動防眩機能付きルームミラー、国交省が定める「道路運送車両の保安基準」では「車室内後写鏡」というのだが、これに自動防眩装置が付いている。機能している時は緑色のランプが点く。そのランプが視界に入るたびに邪魔で…なんてことは一切ないのだが、実際この機能の世話になった記憶がないので、ある時思いついてOFFにしてみた。機能停止することで返ってありがたみがわかるなら、それはそれで良い。だが、翌日になったらまた自動でONになっていた。起動時に必ずONになるらしい。へー。ちなみにOFFにしている間に、その機能の恩恵を受ける場面はなく、機能そのものの有効性についてはまだ疑念が残る(笑)。
 


●微妙に湾曲
車庫入れ、後退での駐車、みなさんは一発でビシッと真っすぐにクルマを停められるだろうか。筆者は実は苦手だ。言い訳にしかならないが、技能云々の他に、車両本体の形状に大きく影響される案件でもある。

プントエヴォのエクステリアデザイン、左右面には前から後ろへ一本のラインがあり、それはフロントライト後端に発して、サイドウィンドウ下端を成しつつボディ後端まで一筆書きのように貫いている。つまりプントエヴォの側面視は前傾斜に見えるようにデザインされており、それは当然室内に着席して外を見る時も同様だ。この傾斜がクセモノだ。サイドウィンドウの下端を水平だと認識してしまいがちだが、それだと絶対に直進後退できない。
 


そのことに気付いてから、後退時の直進を確認する時はむしろ前を見るようにしている。さすがにクルマの真ん前には、道路でも建物でも、基準にできそうな直線が数多くあり、真っすぐ後退は大分改善された。しかしまだ微妙に傾いてしまうこともある。

実はプントエヴォのダッシュボードは僅かだが湾曲している。エンジンコンパートメントとの境の中央を先端として弧を描いている。これが錯視の原因となって、わずかに、筆者の場合は左に曲がってしまう。
 


発想を変えよう。きれいに真っすぐ、ビシッと白線内に収まるように停めることに執着するのは、日本人だけなのではないか。プントエヴォの生まれ故郷・イタリアのドライバーなんかどうなんだろうか。アジア圏、例えば中国やインドではどうなんだ。世界的視点で、そんなに真っすぐに後退停車ができることを気にしている国民は日本人だけなのではないか。だとしたら、別に気にすることでもないよな(笑)。
 

JUGEMテーマ:ABARTH

おはようございます。相変わらず、すごい走行距離ですね。
自動防眩ミラーは、今乗っている308SW(T9)が初めてなのですが、結構役に立ってますよ。
街中で、ハイビームのままの車や、ハイビームじゃ無くてもやたらまぶしい車が後ろから来ることが結構あるので、その時は役立っています。但し、サイドミラーだけは眩しいですが・・・。僕の車はミラーにスイッチが付いてないので、スイッチONのままです。
軽微なトラブル・・・ ちょっと気になりますね。
イタフラ車はしばらく放置 などということを、ネット上で見たり、輸入車好きの友人から聞いたりするので、僕の車もメーターの奥のほうから、たまに コトコト音がするのですが来月の1年点検まで放置です。
| しろきち11 | 2020/01/22 8:42 AM |

◇しろきち11様
そう!後付けと思われるやたら輝度の高いバルブを付けた車に後ろに着かれると、やたら眩しいんですよ!つまり自動防眩、役に立ってないんじゃないか疑惑!まぁONでもOFFでも眩しいわけで、まぁいいか、と(笑)。

CheckEngine、本日早速、自然治癒しました(笑)!スタートアンドストップ機能の完全動作も確認済。ありゃ何だったのか…。

308SWでも異音しますか(笑)!その手の異音は点検時にメカニックさんに訴えても、解決することは稀だと思います。つまりオーナーの、「異音を気にしない神経の太さ」が試されるわけです、クルマに(笑)。メータ周りの動作不良などが起こらないかぎり、あまり気にされる必要はないと存じます。
| acatsuki-studio | 2020/01/22 6:29 PM |

うちのBreraはエンジンをかけるとバタバタ言います。他にはどこにも異常は見られません。打率4割くらい。もちろんディーラーでは再現しません。まさに試されています(笑)
| Profumo | 2020/01/22 7:44 PM |

◇Profumo姐さん
しろきち11さーん!こういう風に泰然自若としていればいいんですー!

あ、姐さん、いつもお世話様です。
| acatsuki-studio | 2020/01/22 8:48 PM |

なるほど〜 試されてるんですね!(笑)
でもね〜、ディーラーの担当セールスに報告すると、結構心配してくれるんですよね〜  
あっ もしかして 心配してるフリかも?
| しろきち11 | 2020/01/23 8:58 AM |

機械式駐車場のパレットに止めるときは、まっすぐにしか止められませんよ〜笑
| hosinashi | 2020/01/23 12:51 PM |

◇しろきち11様
308SWの内装はシックでクオリティ高いから、「え?こんなに美しいのにコトコト…??そんな!そんなはずない!!」っていう心理じゃないでしょうか。306だったら「まだコトコトで済んでよかったなぁ…!」じゃないでしょうか(笑)。

306オーナーの方、すみません。プントエヴォの場合は、「おー、鳴ってるなぁー」で無視ですね。

◇hoshinashi様
まぁパレットではそうでしょうけど、こないだSNSにアップしてたひろーい駐車場なんかの場合はどうなんですか?ジュリエッタに比べてボルボ車は真っすぐ停めやすいですか?
| acatsuki-studio | 2020/01/23 11:48 PM |

車庫入れ、後退での駐車...MiToはまっすぐできません。
208はちょっと右へ切り過ぎ気味でまっすぐというコツをつかみました。前車から乗り換えたとき、あれ駐車下手になった?と思いました。巷ではおしゃれ欧州車に分類されるらしいので、公共駐車場では斜めはちょっと恥ずかしいです。

雪が降らず気温も下がらない今季、MiToはノートラブル。異常気象もノートラブルも気味が悪い、という自分の感覚が異常という...

AeroTwinに替えても拭き残すワイパーと摂氏4度で凍り付くドアガラス、外は凍らずとも室内側が凍るフロントウィンドウくらいは、愛嬌の範囲です。
| 4832i | 2020/01/25 5:45 AM |

◇4832i様
やはり製作技術の向上に伴ってクルマの形は複雑になっていますよねぇ。VWは逆にプレーンな線や面になってきたのが逆にすごいな、と思います。

曲線・面にしても直線・面(まぁ実際には真っ平らなパーツはクルマに無いでしょうけど)にしても、欧州車の造形って国産車とは違いますよね。渋滞の中でちらりと見ただけでも、なぜかわかる。私程度のヘンタイでも、ドイツ車とイタリア、フランスの形の違いはわかります。特にCピラー周辺の造形がどうも国産車のそれとは決定的に違うように思います。

ノートラブル、何よりでございますが、エアロツインは安定の拭き残しですね(爆笑)!まぁフィアットのワイパーの設計がダメなんでしょう。
| acatsuki-studio | 2020/01/25 7:50 AM |

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します、今更になりますが。

エンジンチェックアラート、MiToでもカリフォルニアでも経験あります。

MiTo:
高速でプリウス・スイフトらとほにゃらら中に発生。(あおりではない)
自然治癒せず明らかにブーストが掛かっておらず、出先のAR郡山に緊急ボックス、結果ギャレットタービン(ウェイストゲートバルブ)の故障。
アッシー交換でD取り寄せだと50万、貧乏なので(しげさんに)イタリア語を駆使していただき本国からOEM新品を取り寄せ工賃込み7万円。

ターボが効いてないと信号グランプリで軽に負けます。

カリフォルニア:
エキゾーストバルブにカーボンが蓄積して詰まりエキマニを取り外しバルブ洗浄。価格はフェラーリとしては良心価格でした。結構症状例としては多いようです。

直噴化の欠点と、那覇都心の渋滞が原因ですなorz

エンジン警告灯、エンジンそのものの場合もあれば関連パーツの異常(タービンとかオルタとか)でも点灯するので、一応テスターにかけて診てもらったほうがいいかもしれません。
| じゃる | 2020/01/25 4:51 PM |

◇じゃる様
>>ターボが効いてないと信号グランプリで軽に負けます。
それ、前にも聞いた…。

しかし50万円が7万円とは、この世の不合理を感じますね。プン太郎のエンジンはいずれ診てもらうことにします。オイル交換の時かなぁ。
| acatsuki-studio | 2020/01/25 10:33 PM |

こんばんは。私の愛車も故障が起きました。前方を映して、レーンキーピングやらブレーキアシスト、アダプティブヘッドライトに使うフロントのカメラが故障です。交換するそうです。保証中なので、たぶんお金はかかりませんが。2年9か月で壊れたと考えるべきか、84、000kmまで壊れなかったと考えるべきか。うーん、悩みます。まさかカメラが壊れるとは。
| kikuchi | 2020/01/30 10:34 PM |

◇kikuchi様
うーん。すっきり納得できない故障個所ですね。ドイツプレミアムブランドの部品耐久性がどれくらいなのか感覚ではわからないのですが、イタリア車乗りとしては、84,000kmもったなら御の字じゃないか、と(笑)。

でも自動車の劣化は「距離」じゃなくて「時間」で考えた方が良いらしいので、3年弱でご逝去っつーんじゃちょっと早いと言えるのかもしれないですね。ブレーキやヘッドライトに影響するパーツが早死に傾向じゃなぁ。交換する部品が対応品であることをお祈りいたします。
| acatsuki-studio | 2020/01/31 6:45 AM |










+ PROFILE
+ accesses since Dec.2009
+ RECENT COMMENTS
+ 「クルマで行きます」用語集
■プン太郎■
筆者の愛車ABARTH PUNTO EVOのこと。
ブログ本文に「プントエヴォ」と
フルネームで書くと煩わしいので命名。

■R、K■
R=国道(Route **)
K=県道(Kendo **)
のこと

■S店長■
筆者のMiTo購入時の担当営業さん。
現在VOLVO仙台泉店の店長。
筆者のクルマ人生を変えた人。
一言で言えばカーガイ。

■K店長■
クライスラー・ジープ・ダッジ仙台の店長。
TCT版リリースを機に滑り込みで
MiTo1.4TSportを購入したカーガイ。
カーオーディオ地獄サバイバー。

■顧問■
筆者の友人太郎君のこと。
エンスージアストにしてドラマー。
いろんな意味で筆者の指南役にして
このブログの技術顧問(と勝手に思っている)

■朝練&夜活■
早朝に走りに行くのが朝練。
夜に走りに行くのが夜活(やかつ)。
夜の走行活動の略。
どちらもひとりであてもなく走る。
つまりひたすらクルマとの対話を楽しむ。

■EDO■
Eat and Drink Organizationの略。
親友2名と行うツーリング企画の名。
「移動に有料道路は使わない」
「同乗者無しでひとり1台」
「うまいものを食べ、飲む」が掟。
+ CATEGORIES
+ LINKS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ