クルマで行きます

クルマが好きなことにかけては人後に落ちない。
東北のABARTH PUNTO EVO乗りが綴る、クルマについてのあれこれ。
<< プントエヴォ・ナンカン NS-2Rの前後ローテーションを実施 | main | プントエヴォで行く!肘折温泉悲喜交交 >>
不定期連載・シトロエン C3_2019年8月
| CITROEN C3 | 22:02 | comments(7) |
筆者の愛車アバルト プントエヴォの定期レポートをお送りしているのに、家人の愛車についてはトピックがある時に随時書くきりだった。そのトピックだって要はトラブルなのだが(笑)、日常の調子よい時も折々に書いておくべきだろう。増してや家人の現愛車、シトロエン C3(ABA-B6HN01)は日本発売2017年、バリバリの現行モデルである。本気で購入を考えておられる方もいるだろう。中にはあまりクルマに詳しくないが、見た目だけで購入欲を高めている夫や妻に代わって、「実際に買ったらどうなんだ?」と調べている人もいるかもしれない。そういう人の役に立てれば望外の喜びである。
 

他のクルマ比どれくらいの大きさなのか、が
わかる画像

総走行距離:3,700kmくらい

今回のトピック:
C3は実は高速走行時の直進安定性が素晴らしい。「へー、そうですか」という方もいるだろう。しかし国産車・輸入車双方を見渡しても、高速直進安定を特筆したくなるBセグメント車両は多くない…、というか、ほとんど無い。筆者の経験だけでも、初代、2代目ともC3は直進の安楽なクルマではあった。しかしそんな3代目C3の本当の美点とは、100km/h巡航時の車内の静寂性である。静かなのだ。1.2リットル直列3気筒ガソリンエンジンにアイシンAW製の6速ATという組み合わせ。で、100km/h巡航時のエンジン回転数は2,000rpm程度。2019年現在でこの数字は特に誇れるものではないが、ことシトロエンの!Bセグメントの!!C3が!!!となると話はちょっと違ってくる。

逆に言えば初代、2代目では「もうちょっと静かなら…」と思わずにいられなかった。その原因はトランスミッションだ。どちらも1.6リットル直列4気筒ガソリンエンジンとZFの失敗作4段トルコンATのAL4を組み合わせ、100km/h巡航で3,000rpmは回っていたはず。2代目はずいぶんマシにはなったが、それでもBセグメントなりの防音・防振対策ではあったのだろう。それは3代目で高速道路に乗れば逆説的に身体で理解できるのだった。

この3代目C3が積む3気筒はそもそもうるさいエンジンなのだが、むしろそのせいで防音をがんばったのだろう。めでたいことだ。
 

JUGEMテーマ:CITROEN

なるほど、やはり求めるものは人それぞれですな。
私は
直進性より旋回性
遮音より、気持ちよくエキゾーストノートやエンジン音が入ってくること
のほうに価値を置いてしまいます(^^ゞ
まあそれらもほどほどに、実用性を損なわない範囲での話ですが……。
| alfa_manbow | 2019/08/15 7:32 AM |

◇alfa_manbow様
わははははは!出た!身も蓋も意見!

いや、そんなことを言ったらワラクシもそうですよ。manbowさんと優先項目も優先順位もいっしょです。そういうキャラのクルマ=プン太郎をすでに所有しているからこそ、C3の安穏さが嬉しいわけです。例えば増車案件として、508SWとかいいよね!と言いますが、それはプン太郎があるからこそで、もう残りの人生508SWだけで生きていけと言われたら、不安でご飯をお代わりしてしまいそうになります。

どーでも良い話ですが、昨日昼飯を食べていたら窓外をアヴェンタドールが走っていたんですけどね、目視する前に掃除機の吸気音を聴こえてきたんです。誰だよメシ喰ってるのに掃除機かけるヤツぁって思って顔を上げたらアヴェンタドールだった。「あぁ、エンジン音って吸気音なんだなぁ」としみじみ思いました。その後速度を上げて視界から消えたんですけど、いつまでも排気音(=エグゾーストノイズ)は聴こえてました。ビルの2階のお店ですよ!大したもんだ。欲しい。誰かください。SVJじゃなくてもいいです。
| acatsuki-studio | 2019/08/15 12:30 PM |

うわぁ、言っちゃった。クセがあるくらいの方が惹かれちゃうのよね。そんなmanbowさんやacatsukiが好き! 先日のND RFに満足できないのも、その辺に問題があるんじゃないかと思うの。だからポルトフィーノください。
| Profumo | 2019/08/15 3:11 PM |

いやあ(^^ゞ

2台目だからこその選択肢ってのはあるかもですね。
私もS2が無ければ、TCTと言う選択はありませんでした。でもやっぱりMT至上主義ですが、、、

>「あぁ、エンジン音って吸気音なんだなぁ」
スゲエ
自分のクルマでは、結構ぶん回さないと吸気音はそれほど入ってこないなあ、、、
でも、そこまでのになると非日常過ぎて気楽に楽しめそうにないからあんまり欲しくない(^_^;)
くれるんなら喜んでもらうけど(笑笑
| alfa_manbow | 2019/08/15 3:42 PM |

>>Profumoさま
>ポルトフィーノください。
ボクにもください。
結構キレイなライン。流麗。
でも、屋根の開閉機構は壊れやすそうな悪寒。
| alfa_manbow | 2019/08/15 3:51 PM |

みなさんが格好いい車の話で盛り上がっているところ申し訳ございません。また、食べ物の話です。本日寒河江チェリーランドに行ってまいりました!当初の予定では、明日から3泊4日で宗谷岬を目指す予定を組んでいたのですが、台風が怖くて、キャンセル。近場でとなりました。自宅から1時間40分で(R48は全然追い越しできないのね)到着。まずチェリーランドの立派さにビックリ。そして念願のケバブサンド購入。うまい、やすい、はやいの三拍子。MとかMとかのバーガーの3倍はあるケバブに大満足。そして場内をうろついたら、アユの塩焼きまであるじゃないですか。白鷹のヤナ公園に行こうと思ったが、2匹食して大満足。はじめてサクランボソフトも食べました。帰りは鍋腰峠経由で2時間30分。グルメドライブ楽しかったです。ご紹介いただきありがとうございました。感謝です。今度は家族を連れていきます。(家族は高校の同級生とランチ会でした)
| kikuchi | 2019/08/15 5:33 PM |

◇alfa_manbow様、Profumo様
>>直進性より旋回性
遮音より、気持ちよくエキゾーストノートやエンジン音が入ってくること

このブログをちょくちょく覗いてくださる方々のお好みは、大なり小なりこの2行に凝縮されるのでは(笑)。やっぱりガソリン車ですよ、変な曲線のトルクカーブ最高!と言い切るワラクシですが、昨夜赤信号スタートで日産 ノート e-powerに置いてけぼりを喰らいました。とほほ。

確かにフェラーリから1台選んで進呈しますだったらポルトフィーノ、いいっすね。でも同じであろうあのキャラカテゴリからならマセラティ グランツーリズモMCがいいっす。ください。がんばって駐車場に屋根付けます。

◇kikuchi様
今回の台風は空気読んでないですよねぇ(笑)。でもkikuchiさんの近場プラン、最高じゃないですか。そうなんですよ、コンパクトに行って帰ってこられるんですが、ボリュームたっぷりなんですよね、そのコース。

実は私も北海道ツーリングを目論んでおりまして。でもまぁ、来年か再来年かなぁ。さすがにいつものような行き当たりばったりでは行けなさそうなので。
| acatsuki-studio | 2019/08/16 7:35 AM |










トラックバック機能は終了しました。
+ PROFILE
+ accesses since Dec.2009
+ RECENT COMMENTS
+ 「クルマで行きます」用語集
■プン太郎■
筆者の愛車ABARTH PUNTO EVOのこと。
ブログ本文に「プントエヴォ」と
フルネームで書くと煩わしいので命名。

■R、K■
R=国道(Route **)
K=県道(Kendo **)
のこと

■S店長■
筆者のMiTo購入時の担当営業さん。
現在VOLVO仙台泉店の店長。
筆者のクルマ人生を変えた人。
一言で言えばカーガイ。

■K店長■
クライスラー・ジープ・ダッジ仙台の店長。
TCT版リリースを機に滑り込みで
MiTo1.4TSportを購入したカーガイ。
カーオーディオ地獄サバイバー。

■顧問■
筆者の友人太郎君のこと。
エンスージアストにしてドラマー。
いろんな意味で筆者の指南役にして
このブログの技術顧問(と勝手に思っている)

■朝練&夜活■
早朝に走りに行くのが朝練。
夜に走りに行くのが夜活(やかつ)。
夜の走行活動の略。
どちらもひとりであてもなく走る。
つまりひたすらクルマとの対話を楽しむ。

■EDO■
Eat and Drink Organizationの略。
親友2名と行うツーリング企画の名。
「移動に有料道路は使わない」
「同乗者無しでひとり1台」
「うまいものを食べ、飲む」が掟。
+ CATEGORIES
+ LINKS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ