クルマで行きます

クルマが好きなことにかけては人後に落ちない。
東北のABARTH PUNTO EVO乗りが綴る、クルマについてのあれこれ。
<< シトロエン C3・初回点検 | main | プントエヴォで行く!すごく遠回りしてはちみつを買いに行った話 >>
プントエヴォ・風前の灯
| 車載オーディオを考える | 23:59 | comments(4) | trackbacks(0) |

搭載しているカーオーディオ用アンプ・アゼスト APA4200が起動しないことがある。あるいはゴキゲンで音楽を聴いていたら突然死することもある。ごくたまに発症する分タチが悪い。

 


そもそもこのAPA4200、長いことお蔵入りしていた個体を譲り受けて搭載しているのだから、いつ壊れても不思議じゃない。元の持ち主はK店長で、MiToのオーディオ改造計画を相談した時に、取っといてあるけど使わないから…と下賜くださったのだ。だから古いことは古いし、通電していない期間も長かったと思われる。90年代半ばの製品なのだから、パーツ劣化は不可避。このアンプが起動しないと、空しくフィアット純正ウーファーだけがモーモーと鳴くばかりである。

当のK店長にこの話をすると、「もう買い替えましょうよー!デジタルアンプのいいのありますよ」と呆れ顔。しかしこのAPA4200はアゼストのロゴこそプリントされているが、中身は名門マッキントッシュ。こいつとFocal 165CV(スピーカー、こいつも絶版)の組み合わせによる素晴らしい音は、筆者にとって未知の領域だった。500Hzから1kHzはコンテンポラリー音楽再生の要となる周波数帯域だと思っているが、特にこの辺りが充実している。筆者の音楽的好みと相性が良いのだ。

鳴ってる限りは使い倒す!と決めていた筆者なのだが、最近とうとう音質が痩せてきた。以前のとろけるような中音域の張りは薄まり、高音域は粗さが目立ってきた。全体的に解像度が落ちた。APA4200のご臨終が近いのだろう。では積み替えるとして、どこのどれに??

筆者の拠り所となる音源は、一様に生楽器、生演奏の比率が高い。そういう音源に一番大事なのことは、解像度が高いこと過剰な装飾無しの信号品質だ。必要以上に低音や高音がブーストされている必要はない。とはいうもののクルマの中は様々なノイズの嵐であるし、特にプン太郎が履くタイヤ・ナンカン NS-2Rのタイヤノイズはことの他大きい。それら諸々のノイズと張り合う必要がある以上、きれい事ばかり言ってもいられない。カーオーディオの場合は音質に若干の演出があっても仕方がないのだ。

代替機を探すにあたり、その演出が過剰だという意味で、国産の6万円だの9万円だのというアンプには正直まったく期待できない。高い安いではなく設計の段階から目指す音が違うと思わざるを得ない。過剰にドンシャリな必要はなく、人間で言えばちょっと筋トレした細マッチョみたいな音質で良いのだ。そういうアンプ(2chで良い)をゆるく探す日々である。だがいつまでこんな風にボヤいていられるだろうか。昨今のカーアクセサリで利益が出そうなのはナビとドライブレコーダーくらい。金にならない純オーディオユニットや別体アンプなど風前の灯ではないか。

ハイブリッドやEVで自動運転を目指す自動車そのものにしても、同じ指向で考案される車内アクセサリにしても、その80-90年代からの変貌ぶりは、もはや言語が違うと言っても過言ではない。当然のことながら旧世代アイデンティティに属する筆者としては、自動車とそれを取り巻く価値観の転換点に今立ち会っていると強く思う。

突然死は、アンプの電源周りの端子の掃除増し締めで直るかもね
俺手元のアンプだと、BATT(電源プラス),GND(同マイナス),REM(0Vでミュートかかる)辺りだが、REMが怪しい気がする
| ハイパーあにまる | 2019/06/25 1:37 AM |

◇ハイパーあにまる様
そうだとしても、音痩せは如何ともし難い。

それにしても「BATT、GND、REM」の意味がわかんなかったんだよね。ありがとう。
| acatsuki-studio | 2019/06/25 5:06 AM |

プン太郎が風前の灯なのかと、ちょいとビビりました。勝手に一年半、経ったしなぁ、とそこまで答えを出しちゃいましたよ。
| Profumo | 2019/06/25 2:37 PM |

◇Profumo様
いやいやいやいや、まだまだぜんぜん味わいきれておりません。
| acatsuki-studio | 2019/06/25 8:00 PM |










http://withcar.jugem.jp/trackback/1673
+ PROFILE
+ accesses since Dec.2009
+ RECENT COMMENTS
+ 「クルマで行きます」用語集
■プン太郎■
筆者の愛車ABARTH PUNTO EVOのこと。
ブログ本文に「プントエヴォ」と
フルネームで書くと煩わしいので命名。

■R、K■
R=国道(Route **)
K=県道(Kendo **)
のこと

■S店長■
筆者のMiTo購入時の担当営業さん。
現在VOLVO仙台泉店の店長。
筆者のクルマ人生を変えた人。
一言で言えばカーガイ。

■K店長■
クライスラー・ジープ・ダッジ仙台の店長。
TCT版リリースを機に滑り込みで
MiTo1.4TSportを購入したカーガイ。
カーオーディオ地獄サバイバー。

■顧問■
筆者の友人太郎君のこと。
エンスージアストにしてドラマー。
いろんな意味で筆者の指南役にして
このブログの技術顧問(と勝手に思っている)

■朝練&夜活■
早朝に走りに行くのが朝練。
夜に走りに行くのが夜活(やかつ)。
夜の走行活動の略。
どちらもひとりであてもなく走る。
つまりひたすらクルマとの対話を楽しむ。

■EDO■
Eat and Drink Organizationの略。
親友2名と行うツーリング企画の名。
「移動に有料道路は使わない」
「同乗者無しでひとり1台」
「うまいものを食べ、飲む」が掟。
+ CATEGORIES
+ LINKS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ