クルマで行きます

クルマが好きなことにかけては人後に落ちない。
東北のABARTH PUNTO EVO乗りが綴る、クルマについてのあれこれ。
<< プン太郎定期レポート#9_2019年6月 | main | プントエヴォ・風前の灯 >>
シトロエン C3・初回点検
| CITROEN C3 | 18:28 | comments(8) | trackbacks(0) |


家人のシトロエン C3がようやく総走行距離1,000kmを超えたので、初期点検に出してみた…って1,800kmも走っちゃってるYO!仮に筆者が新車を購入したら1,000km走るか走らないうちに点検に持ち込むと思うが、家人はそうではない。S店長にお願いするためにシトロエン C3をボルボ・カー仙台泉に持ち込むもの也。

初回点検_1,793km
エンジン廻り点検整備
ブレーキ廻り点検整備
ライト廻り点検
下廻り締め付け点検
タイヤ空気圧測定/調整
ホイールボルト締め付け

エンジンオイル&エレメント交換
INEO FIRST 0W30 8,050円(@2,300円*3.5)
OIL FILTER 0001109AL 1,600円
DRN PLUG GASKET 0000031338 100円
廃オイル処分料 175円
技術料 2,600円

消費税 1,002円
合計 13,527円

S店長「(クルマに)何か気になるところはございませんか?」。いえ、何も。強いて言うなら自動アイドリング停止機能を恒常的にオフにするコマンドってないんですか?「多分無理だと思います…」。ですよねー。という軽口がきけるほどC3には問題がない。
 


あ!S店長だ!


家人の運転はC3に乗るようになってから変わった。具体的には「明らかに行けるのに行かない」「行こうと思えば行けるのに行かない」という余計な待ち時間がなくなった。それもこれもアイシンAW謹製EAT6、6速オートマティックトランスミッションのおかげである(アイシンAW公式サイト上のAWF6F25型に相当するらしい)。必要充分な加速を得られるようになり、交通の流れに乗りやすいし、テンポ良い右折も可能になった。初代DS3のAL4(PSA内製だがZF由来らしい)では、特に一時減速・停止からのテンポ良い動き出しのためには、相当覚悟を決めてAペダルを踏み込まなければ前に出てくれなかった。DS3とC3、車重はほぼ同じなのに挙動を軽く感じる理由は、6ATが小刻みに1-3速を行ったり来たりしてくれるからだ。別の見方をすれば「免許には厳しくなった」とも言える。もっとも家人の「行こうと思えば行ける」を行かないのは、車両感覚や対向車との相対位置把握能力に由来しているので、クルマの出来とはあまり関係ない。とにかくC3は絶好調である。
 


C3と最後まで迷った
フィアット パンダツインエア。
どうやら違う個体のようだ…


実は5月の納車時にフロアマットが間に合わなかったので、この日納品。ようやく正しい状態が調った。すっきり。しかもS店長、戯れ言を聞き流さず本当にシトロエンジャポンにアイドリングストップ機能の停止方法を確認してくれた。「エンジンをかけるたびにオフに設定していただく他ないです…。多分今後のシステムアップデートでもそこは対応されないと思います」。しょぼぼん。お手間をかけました。

帰り際にS店長、「その後フロントライト、消えますか?」と。これは筆者のアバルト プントエヴォが夜間走行時に突如フロントライトが一瞬消灯した事案のこと。拙ブログに目を通してくださっているのだ。訊けば最近の(ということは00年代以降か?)フィアット車両あるあるらしい。500でもよく発症しているとのこと。ということで現行500やプントエヴォにお乗りのオーナーのみなさん、フロントライトが急に消灯しても、別に気にすることないらしいです。ご安全に。
 


新508はようやく納車が始まったらしい。
もうすぐ出るSWは最初から対応済みらしいので、
安心して買うように

 

JUGEMテーマ:CITROEN

ヘッドライトトラブルの事例がFIAT500にもあるのですか?
FIAT500はヘッドライト系とステアリング系には全く関連性がないのですけどねぇ。
もっとも一見関連性の無い事が絡むトラブルって意外にありますから油断できないですね。

我がFIAT500の最近気になる所はクーラント滲みかな、ホースのクランプがワンタッチ式になってから滲むことがあります。
クランプをねじ込み式の物に交換してもらっているのですけど、一度滲むと完全には止まら無い感じがします。
| ガキんちょチンク | 2019/06/23 8:02 PM |

◇ガキんちょチンク様
ご推察のとおり、おそらくヘッドライト系とステアリング系の電気系統には関連性はないのだと思います。むしろ急制動(というほどでもなかったけどなぁ)をかけたことによる、荷重変化の方が効いてるように思います。

ドイツプレミアム系はどうだか知りませんが、イタ車A/Bセグメントのパーツ諸々は、やっぱりコストカットの筆頭なんだなぁと思う次第です。
| acatsuki-studio | 2019/06/23 8:06 PM |

おや、C3もプン太郎もドアミラーの赤といい、
色使いが意外と似ていますね。きっと、ご近所
さんが通り過ぎる際、ガン見する方もいらっし
ゃるんだろうな、と思いました。

C3が丹頂鶴みたいで素敵です。
| あお | 2019/06/24 7:48 AM |

◇あお師匠
ああ!なるほど!!丹頂鶴ね!!!以後、使用させていただきます。

MiToの次にDS3を我が家に売った時、「ほんとにいいのかな」とS店長は一瞬思ったそうです(爆笑)。
| acatsuki-studio | 2019/06/24 12:37 PM |

こんばんは。

お世話になっているディーラーが今夏からシトロエン系も取り扱い始めるようなので、C3、見てみたいなーと思ってます。
しかしアイドリングストップ、常時オフにはできないのは残念ですね。
法規制とか、色々あるんですかね。

そういえば、AL4の車に乗り始めて今月で2年になりますが、最近違和感を感じなくなりました。慣れてしまったんでしょうか(笑)
| harvest | 2019/06/24 5:20 PM |

◇harvest様
シトロエン、本当にC3でV字回復してるみたいです。清水草一なら「宇宙一壊れる」とか書きそうな時代は過去のものですから、どんどんC3でもDS3クロスバックでも街中に増えて行くといいですね。

>>最近違和感を感じなくなりました
それは……、マヒ………(笑)。
| acatsuki-studio | 2019/06/24 11:55 PM |

日本車だとアイドリングストップキャンセラーがありますよ。
| とら | 2019/07/05 12:00 AM |

◇とら様
ようこそようこそ。素晴らしい情報をお寄せいただきありがとうございます。いくつか語句を替えてググってみましたが、シトロエン車に付けられるキャンセラー/コントローラーを見つけることはできませんでした。まぁメカニズムは同じだからプジョー車に付けられる…と謳っていればそのまま行けるのかもしれませんが…。

もう少し台数が増えれば対応製品が出てくるかもしれませんね。まずはC3がもっと爆発的に売れてくれるよう祈ってみたいと思います(千里の道も一歩から)。
| acatsuki-studio | 2019/07/05 7:00 AM |










http://withcar.jugem.jp/trackback/1672
+ PROFILE
+ accesses since Dec.2009
+ RECENT COMMENTS
+ 「クルマで行きます」用語集
■プン太郎■
筆者の愛車ABARTH PUNTO EVOのこと。
ブログ本文に「プントエヴォ」と
フルネームで書くと煩わしいので命名。

■R、K■
R=国道(Route **)
K=県道(Kendo **)
のこと

■S店長■
筆者のMiTo購入時の担当営業さん。
現在VOLVO仙台泉店の店長。
筆者のクルマ人生を変えた人。
一言で言えばカーガイ。

■K店長■
クライスラー・ジープ・ダッジ仙台の店長。
TCT版リリースを機に滑り込みで
MiTo1.4TSportを購入したカーガイ。
カーオーディオ地獄サバイバー。

■顧問■
筆者の友人太郎君のこと。
エンスージアストにしてドラマー。
いろんな意味で筆者の指南役にして
このブログの技術顧問(と勝手に思っている)

■朝練&夜活■
早朝に走りに行くのが朝練。
夜に走りに行くのが夜活(やかつ)。
夜の走行活動の略。
どちらもひとりであてもなく走る。
つまりひたすらクルマとの対話を楽しむ。

■EDO■
Eat and Drink Organizationの略。
親友2名と行うツーリング企画の名。
「移動に有料道路は使わない」
「同乗者無しでひとり1台」
「うまいものを食べ、飲む」が掟。
+ CATEGORIES
+ LINKS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ