クルマで行きます

クルマが好きなことにかけては人後に落ちない。
東北のABARTH PUNTO EVO乗りが綴る、クルマについてのあれこれ。
<< プントエヴォで行く!四ケ村の棚田・にわか雨の定義 | main | シトロエン C3・初回点検 >>
プン太郎定期レポート#9_2019年6月
| ABARTH PUNTO EVO | 23:49 | comments(5) | trackbacks(0) |


●総走行距離 56,870km

●起動しないアンプ、消えるフロントライト
搭載している別体アンプ・アゼスト APA4200の臨終が近いようだ。音質劣化が目立ち始めた。またハンダが浮いているのかリレーがイカれ始めたのか、起動しないことがある。この件はまた別にエントリーしよう。

先日発症した、夜間、旋回中のフロントライト消失。症状再現せず。こちらは本格的に症状が進むまで様子を見るしかない。6万km弱しか走っていないのに、電装系のマイナートラブルが現れてちょっと驚いている。MiToはそうでもなかったのにな。

●7万kmという一線
プラットフォームを同じくするアルファロメオ MiToに16万km乗った経験から、フィアットが作るGMプラットフォームベースのBセグ車両のターニングポイントとも言うべき距離数を知っている。それは7万km、12万kmである。7万kmでお約束のタイミングベルト交換だけでなく、足周り、トランスミッション系のあれこれに予防措置を取ると、車両の健康寿命が格段に延びる、はず。そして12万kmは本当にダメなパーツ類を根こそぎ刷新。これがコツだと思っている。で、その7万kmが目前である。タイミングベルト、シフトリンケージワイヤー、ブッシュ類などを替えるべきである。←自分に言い聞かせている

 

JUGEMテーマ:ABARTH

 

諭吉さまがたくさん旅立ちする季節やね。&#128565;
| hoshinashi | 2019/06/22 9:55 AM |

◇hoshinashi様
うううううううう(と胸をかきむしる)。
| acatsuki-studio | 2019/06/22 7:56 PM |

7万kmは本当に一つの区切りですね。前所有者がかなりお金をメンテをされていた記録があったので割と気軽に(?)購入した私のMiToは、2017年にアキュムレーター、前後センサーとエラーを出した後、2018年は(多額支出の)トラブルなくお利口でしたが、最近ついに舵角センサーを(欧州から来たリビルト品にて)ASSY交換しました。今はルームミラー脱落が直らずついにガラス業者でエポキシ樹脂接着してもらうことにしました...。でも初めてルームミラーが脱落したのを見たとき、仕事でカリカリしていたにもかかわらず、ホッコリしてしまったのは、耐性ができたというのか大人になったというのか...よくわかりません。そうそう新アクセラ(mazda3)がプレスラインを排して優美なデザインを〜と唄ってますが10年前にMiToは実現しているわけで、そんなこともあってほくそ笑んでいます。
| 4832i | 2019/06/24 6:44 AM |

7万キロの壁、うちのSpiderもまもなくです。怖いです。よく聞くトラブルはセレ系なのでうちのには関係なさそうではあるのですが、何もないなんて信じられないです。とはいえ、もう1ヶ月も会っていないのですが(涙)。
| Profumo | 2019/06/24 8:06 AM |

◇4832i様
「7年目」のメンテナンスラインというのは、人間の「厄年」といっしょで、科学的根拠というよりも経験値が口伝されて…という気がします。機械なのに(笑)。

アキュムレーター!あぁ、そういうのもあるのか…。幸い今のところプン太郎はノートラブルなんですけど(フロントライト?消えても点くのでトラブルに入りません)、予防医学的にどこまでやれば良いのか、いずれイデアルさんに相談しようと思います。

先日C3のオイル交換時に中古車売り場チェックをキメてきたのですが、MiToがやはり何台か。で横に立ってみて驚いたのですが、腰が高い。こんなにドアのサイドラインが高かったっけ?と何度も見てしまいました。価格、下がってきてますね(泣)。Mazda3は試乗してみたいクルマです。

◇Profumo様
むしろ口伝が蓄えられたのは147、156、159あたりだと思うので(先達に感謝であります)、7万km、油断なさらぬよう…。
| acatsuki-studio | 2019/06/24 12:35 PM |










http://withcar.jugem.jp/trackback/1671
+ PROFILE
+ accesses since Dec.2009
+ RECENT COMMENTS
+ 「クルマで行きます」用語集
■プン太郎■
筆者の愛車ABARTH PUNTO EVOのこと。
ブログ本文に「プントエヴォ」と
フルネームで書くと煩わしいので命名。

■R、K■
R=国道(Route **)
K=県道(Kendo **)
のこと

■S店長■
筆者のMiTo購入時の担当営業さん。
現在VOLVO仙台泉店の店長。
筆者のクルマ人生を変えた人。
一言で言えばカーガイ。

■K店長■
クライスラー・ジープ・ダッジ仙台の店長。
TCT版リリースを機に滑り込みで
MiTo1.4TSportを購入したカーガイ。
カーオーディオ地獄サバイバー。

■顧問■
筆者の友人太郎君のこと。
エンスージアストにしてドラマー。
いろんな意味で筆者の指南役にして
このブログの技術顧問(と勝手に思っている)

■朝練&夜活■
早朝に走りに行くのが朝練。
夜に走りに行くのが夜活(やかつ)。
夜の走行活動の略。
どちらもひとりであてもなく走る。
つまりひたすらクルマとの対話を楽しむ。

■EDO■
Eat and Drink Organizationの略。
親友2名と行うツーリング企画の名。
「移動に有料道路は使わない」
「同乗者無しでひとり1台」
「うまいものを食べ、飲む」が掟。
+ CATEGORIES
+ LINKS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ