クルマで行きます

クルマが好きなことにかけては人後に落ちない。
東北のABARTH PUNTO EVO乗りが綴る、クルマについてのあれこれ。
<< DS3・S店長伝家の宝刀 | main | 売り物は「重厚さ」 >>
DS3・迷子のC3
| CITROEN DS3 | 20:04 | comments(12) | trackbacks(0) |

シトロエン DS3から現行C3に乗り換えることを決心した家人。紆余曲折を経てS店長経由で(株)イデアルさんの新古車を確保するに至った。だがっ!その時ぃっっ!!(ズゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ)。←jojo風

これまでの経緯はこちら。

 

その1・20190212 DS3・5年/5万kmの壁
その2・20190219 DS3・それは果てしない皿回し
その3・20190304 DS3・それは博打です
その4・20194010 DS3・FX問題に決着か「S店長、パンダの見積もりください!」
その5・20190412 DS3・S店長伝家の宝刀

あとはローンの申請が通れば納車を待つだけじゃんねー、などとノンキに惰眠を貪る筆者にS店長から唐突な電話が入った。「ちょっとご相談があるんですが」。出た!「シトロエン仙台のC店長が今回の話を聞きつけてですね、なんとか新車でいけないか?と言うんですよ」。それはそうであろう。先日のシトロエン仙台でのC3試乗後にカタログをいただいたのだが、その際にカタログや価格表を誂えてくださったのが確かC店長だったはず。担当顧客ではないとは言え、販売店店長としては当然のレスポンスである。

いやしかし、それでは支払い可能額を大幅に超えてしまう。するとS店長、懐から伝家の宝刀を引き抜いた(繰り返しますけど比喩です)。「実は今回のお話、シトロエンからの購入サポートが○○万円がありまして。そうなると先日の新古車個体のお値段とほぼ同じ金額になるんですが…」。今回の1件、「実は…」という話がいったい何回出てくるのか!S店長の懐に伝家の宝刀は何本仕込まれているのか!ともあれその伝でいくと月々の支払い額が新古車比1,000円程度の上昇で収まってしまうらしい。「まずは見積り作りますんで、なにとぞご検討を…」。

あわてて家人にこの大事件の顛末を報告する。隊長大変です!「C店長がこれこれこうで…」「うーん。それは…。○○万円値引きしてくれるんなら!って言うしかないよねぇ、あははははは」「それがですね、シトロエンから購入サポートが出て、本当に○○万円値引きしてくれるんだそうです」「なっっっっっっっっっっ!」

その夜届いた見積書を見ると本当に凄い内容だった。これまで人づてに聞くだけだった値引き武勇伝のようだ。ま、当家の場合は武勇伝でもなんでもなく、S店長の伝家の宝刀の波状攻撃にアタマが麻痺してしまっただけの話だが。念のため家族会議。今からやっぱりパンダツインエアはありか?「ないね。もうC3しかない」。新古車と新車、多少ローン返済額がツラくなっても新車か?「回数増やせば破綻しないかなー。ま、なんとかする」。買う人が払うっつってんだからこれ以上何を検討できるだろうか。新車の方にしまーす、とS店長に連絡。豊橋の倉庫で出番を待つブランバンキーズ+ルージュアデン(いざ実車を見てみたら、白ボディに赤アクセントの方が良くなったらしい)の「新車」がアサインされた。本体価格100万円のクルマを買いに行って倍以上の価格のクルマを納車させる営業テクニック。S店長おそるべし
 


家人の所望する仕様はこれ。
本家シトロエンジャポン公式サイトの
コンフィギュレーター
より



ホントはもっとポップな色使いでも
良いと思うんですけどね


で、だ。日を改めていそいそとボルボカー仙台泉へハンコを捺しに行く家人。やじ馬で筆者も付いて行った。S店長がうやうやしく登場。「この度は、まことにありがとうございました」いえいえいえ。「…と申し上げたかったんで・す・が出た!!今度はなによ!!「実は豊橋の新車在庫、仕様が違っておりまして…」。??どゆこと??「屋根が黒かったんです、在庫」。発覚したのはこの日の前夜だったという。出荷仕様コード(正しい用語かどうかわからない)が発注書と異なっていることに気付いたS店長がシトロエンジャポンに確認して明らかになった…。3人で顔を見合わせて「なんか、今回は色々ありますね…」と力なく笑うしかない(笑)。「色々考えたんですけど、さすがに赤い屋根のクルマが欲しいというお客様に黒い屋根ではダメですか?とは言えませんし」言ってますよ!「一応限定車はどうかなーって思ったんですけどね」。なんとJCC+の見積書が出てきた!!ではあるが、家人はとにかくブランバンキーズ+ルージュアデンじゃなきゃヤ!ということなので、この日、実印まで持って行ったがS店長とおしゃべりして帰ってくることになった。あはは。「あはは」と書くしかないではないか!
 


なんだそりゃーという家人(左)と
ひたすらあやまるS店長(右)と
JCC+の見積もり(笑)


C3、今微妙なことになっているらしい。いや、売れているのだ。シトロエンとしては久々のヒットらしい。そのおかげでまず国内にブランバンキーズ+ルージュアデンという仕様の販売個体がほとんど無い。またAndroid Autoの最新バージョンに合わせたC3側のインフォテイメントシステムのバージョンアップが行われるらしく、フランス本国での生産も待ったがかかっており、出荷予定が立たないのだという。なんとも抜き差しならぬタイミングで発注してしまったものだ。聞けばC3だけではない。車名は伏せるが待望のモデルチェンジを果たした某Dセグメントセダンも、制動システム系のバグが発見されたとかで緊急出荷停止に。S店長、その車種をすでに2台販売したそうなのだが、ブツはあるのに納車できず困っている。また最近リリースされたそのブランドでは初のSUV車両となった某車は、安全運転支援システム系にバグが見つかりこれまた緊急出荷停止に。おいおい大丈夫か●●●。売りたい人がいて買いたい人がいるのに納車できない、摩訶不思議な2019年春なのだった。

ということで、ますます迷走を極める本件、書いている筆者もそろそろ飽きてきたので、これにてひとまず締めることにしよう。納車を巡る新シリーズをお楽しみに。


JUGEMテーマ:CITROEN
新車購入おめでとうございます!。と、言いかかった
のですが、今日のところは万歳無しよになってしまい
ましたね。
勝手な妄想ですが、今後各イタフラメーカーより新たな
「刺客」が送り込まれて来るのではないかと思います。

「人それを決算期と言う」
| あお | 2019/04/14 9:16 PM |

いやいや、本当にいろいろありますなぁ。事実は小説より奇なり。そういえばうちのRivaleの時も納期が定まらず、なかなかハンコを押させてくれなかった(笑)。納車されてもいまだにUconnectがまともに動かないけど。
ともあれ、C3のブラン&ルージュに心が決まってよかった!後は気長に待つのみでござるよ。シャレオツな新車、いいですなぁ。納車までにiPhoneのグレードアップしてあげてください!
| Profumo | 2019/04/14 9:16 PM |

◇あお師匠
「ばんざーい、なしよ」、懐かしい(大笑)!!いやー、国内の白赤個体を押さえられないと新古車へ逆戻りっすよ。さすがにC店長まで巻き込まれてるのでFCAだのの刺客はもうないと思います。家人はジープとか595には乗らないでしょう(笑)。

◇Profumo様
ハンコ捺したいのに捺させてくれないって、初めての経験ですよ!!iPhoneのアップグレードの方が先に実現しちゃうんじゃないか…。ってiPhoneは関係ないんですよ!!
| acatsuki-studio | 2019/04/14 9:35 PM |

DS3次期FXシリーズ、楽しく拝読しております。
新車でも中古でも新古でも、車買うっていうのはつくづく巡り合わせなのだなあと改めて感じます。
困難を乗り越えた先に幸福がある場合もあるし、妥協の先に思わぬ幸福がある場合もあります。
クールダウンしていろいろと再検討なさってはいかがでしょうか?
何かの力が再考の機会を作ったように私には思えます。
| A.Sud | 2019/04/14 9:46 PM |

こんばんは。

赤白のC3、素敵だと思います!
折角の新車なのに希望の色でないというのは興醒めですし、DS3も調子良いとのことだったので、待って正解ではないでしょうか。
しかし、某メーカーのバグというのが気になります……

引き続き、楽しみに拝見させていただきますね。
| harvest | 2019/04/14 10:11 PM |

あらオサレなクルマに決まったのね、と思いきや!
なかなかままなりませんなあ……

とりあえず気長に待って、かつより良い巡り合わせがあれば臨機応変に、ってとこですかね?
少なくとも、色の妥協はオススメしませんね。もっといい色が限定とかで出てきたってのなら別ですが。
朗報をお待ちします(^_^)
| alfa_manbow | 2019/04/14 10:52 PM |

acatsuki様

遠きにありて思ふもの…とまではいかなそうですが、
少し道のり長そうですね。
まぁ、せっかくですから、待つ時間も楽しまれるのが良いでしょう。
読んだ後、頭の中ではこれが流れておりました。(^_^;)
https://youtu.be/hza3NbXJ3wU
| Tazza | 2019/04/14 11:31 PM |

自分のこれまでのクルマ購入体験では、このような紆余曲折と言いますか、起承転転転・・・の循環小数みたいな展開には遭ったことがありませんので、「結」の訪れまでのストーリーを、今後の参考のために(笑)役立てたいと思います。
| little red sherbet | 2019/04/14 11:42 PM |

ずっと固唾を飲んでことの経緯を見守っていましたが、一応の決着がついたようで(?)安堵しております。
それにしても奥様の侠気と車に対する価値観、すばらしいですね。tr&egrave;s bien!!

しかし、在庫があったはずなのに無かったなんて、、、、

ワタクシの場合は逆で受注発注車のはずなのになぜか在庫があった為に納車が早まってしまい、逆に焦りました。
あれからもう8年かぁ(トオイメ)

何はともあれ納車まで刮目して待ちます。
| Morikichi | 2019/04/15 8:57 PM |

バグがあって販売できない車種もあるのですか!
コンピューターに頼り過ぎなんですよね。
さすがに、キャブレター、ポイント点火には戻れないですけど・・・それにしてもね〜
| ガキんちょチンク | 2019/04/15 10:19 PM |

ご無沙汰してます
イタリア関連の悪口はなるべく書きたくないのですが、パンダはとうとう安全基準で最低点叩き出したらしく…
プントもですが…
なので、早いとこC3納車なると良いですね。
命あっての物種ですぜ、旦那
| しげ | 2019/04/16 1:31 AM |

みなさんありがとうございます。

◇A.Sud様
今回の1件は特に「巡り合わせ」ってことを考えました。わたくし個人としては仮に妥協したとしても「思わぬ幸福がある」と楽観しているのですが、それだって実は巡り合わせなんでしょうね。クールダウン、できればいいんですけどね(大笑)。

◇harvest様
わたくしたちが反射的に思い浮かべる「シトロエンらしさ」はもはやかなり薄口のように思いますが、1.2lピュアテックとアイシンAW製6ATは、現世利益としてかなり高得点だと思います。個人的にはせめて内装の色使いはもっとポップにしてほしかったです。もはやフランス的味わいは機械の動作ではなく、見て触れられる部分にしかないのでは?と思う次第です。あぁ、ハイドラクティブIIIのC5ツアラーがほしい…。

某メーカーのバグ、なかなか怖い話です。電子制御領域が増えるとこうなるのか…と思った次第です。その意味でもイタリアとかフランスとか、新規メカニズムに頼らずセッティングでうま味を出してきた国のクルマは、電子制御はほどほどにしてくれーと思います。ちなみにメーカーは出荷を緊急停止してきましたが、修理工程は伝えてきたものの(それもすごく工数が多い)、補修パーツは出荷予定が立たないらしく、S店長、うんざりしてました。かわいそう。

◇alfa_manbow様
家人はメカニズムにはほとんど興味がないので、「決め手」は色と形しかないんですよね(笑)。なので色の妥協はしない!っつーことでした。ちなみにもしブランバンキーズ+ルージュアデンをひっくり返すとしたら、雑誌ELLEとのコラボでピンクの差し色が入った少し前の限定車しかないと言ってました。

◇Tazza様
オレはむしろもっとやるせない曲が脳内BGMでしたけどねぇ(笑)。GWの10連休でクルマ業界のどのへんの領域までストップしてしまうのかよくわからないので、なるべく巻きで進めたいんですけどなかなかうまく行きません…。DS3の車検が6月初頭で切れるので、5月中の納車が可能ならそれで良いんですけどね。

◇little red sherbet様
言われてみれば、わたくしも「これを買う!」と決めるまでは逡巡しますが、決めたら一直線で脇目も振らず…ってことばかりでした。今乗っているプン太郎の時は、先に商談に入っていた個体が巡り合わせで目の前に突然出てきたので、そっちに変更したという経緯はありますが、初めからプントエヴォ1本でしたから。

◇Morikichi様
おお!ご覧いただきありがとうございます。このシリーズを書き始めてからアクセス数が多いんですよ、このブログ(笑)。manbowさんへのレスにも書きましたが、メカニックに興味のない家人は色と形しか縁がないんで(笑)。でもC3が我が家に来るのはわたくしも嬉しいです(笑)。

Morikichiさんのコメントを読んでふと思い出したのですが、前愛車のMiToもたまたまファブリックシートのロッソという個体が余っていたのか、納車が早まったんです。あれは嬉しい誤算でした。

◇ガキんちょチンク様
しかもブレーキ制御のバグですからねぇ…。でもあの車種ならしょうがないかなと思いました。今どきのDセグ+プレミアムDセグはダイヤル回して運転制御モードを複数切り替えられなければ売れないんでしょうから。めっちゃいいなぁと思っていた車種だったので内心すごく残念です。「例の超初期型なんで…。あ、もちろんちゃんと修正はしてあります」ってダンピングされても素直に買いたい!!って思えないかも。個体を見せられたら考えちゃうかも(笑)。

◇しげ様
しげさんがシェアしていた記事はナナメに読んでました。残念ですよねぇ。次期パンダは純EV車になるという噂もありますが、同じボディでツインエアも併売してほしいです。おずんつぁんになったらパンダでもいいなと思っていただけに…。
| acatsuki-studio | 2019/04/16 7:52 AM |










http://withcar.jugem.jp/trackback/1641
+ PROFILE
+ accesses since Dec.2009
+ RECENT COMMENTS
+ 「クルマで行きます」用語集
■プン太郎■
筆者の愛車ABARTH PUNTO EVOのこと。
ブログ本文に「プントエヴォ」と
フルネームで書くと煩わしいので命名。

■R、K■
R=国道(Route **)
K=県道(Kendo **)
のこと

■S店長■
筆者のMiTo購入時の担当営業さん。
現在VOLVO仙台泉店の店長。
筆者のクルマ人生を変えた人。
一言で言えばカーガイ。

■K店長■
クライスラー・ジープ・ダッジ仙台の店長。
TCT版リリースを機に滑り込みで
MiTo1.4TSportを購入したカーガイ。
カーオーディオ地獄サバイバー。

■顧問■
筆者の友人太郎君のこと。
エンスージアストにしてドラマー。
いろんな意味で筆者の指南役にして
このブログの技術顧問(と勝手に思っている)

■朝練&夜活■
早朝に走りに行くのが朝練。
夜に走りに行くのが夜活(やかつ)。
夜の走行活動の略。
どちらもひとりであてもなく走る。
つまりひたすらクルマとの対話を楽しむ。

■EDO■
Eat and Drink Organizationの略。
親友2名と行うツーリング企画の名。
「移動に有料道路は使わない」
「同乗者無しでひとり1台」
「うまいものを食べ、飲む」が掟。
+ CATEGORIES
+ LINKS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ