クルマで行きます

クルマが好きなことにかけては人後に落ちない。
東北のABARTH PUNTO EVO乗りが綴る、クルマについてのあれこれ。
<< プントエヴォ・ホイールスペーサーへ休暇申し渡し | main | DS3・S店長伝家の宝刀 >>
DS3・FX問題に決着か「S店長、パンダの見積もりください!」
| CITROEN DS3 | 21:07 | comments(13) | trackbacks(0) |

家人の愛車シトロエン DS3が草臥れてきた件の続報である。経緯の詳細は以下のエントリーをお読みいただきたい。

その1・20190212 DS3・5年/5万kmの壁
その2・20190219 DS3・それは果てしない皿回し
その3・20190304 DS3・それは博打です

上記のエントリーたちから1ヶ月も迷っている家人。まぁ迷うのも仕方ない。なぜなら家人のDS3、絶好調なのだ。もちろんエンジンオイルは相変わらず順調に消費されていてオイル量低下のアラートは出るが、そんなのは継ぎ足しゃいいじゃん、である。頻発するアンチポリューションエラーは自然消滅した。というか、盛大に空ぶかしをしたら詰まってた粉塵が吹っ飛んだらしい。電子制御領域がどんどん増えているとはいえ、「とりあえずブン回しておけばOK」というあたりが素晴らしい。

しかしさすがに家人も観念したようだ。家人の2010年モデルのDS3がいろいろと機械的に難点を抱えているのは事実でもあり、主に電装系パーツの劣化・交換のイタチゴッコになるのは目に見えている。11万km近く走ってきた2010年頃製造のDS3/プジョー 207は世界的にこういう状態だと思われる。

迷っている内容を箇条書きにするとこうなる。

・家人にとってクルマは家事道具ではなく嗜好品である
・DS3、引いてはPSA車両のデザインが好きだ
・そうではあるが再びDS3に乗り換えるのも「?」である


PSA車両を選ぶとなれば(株)イデアルさん扱い車両からのピックアップとなる。加えて筆者の観点として、横幅1,700mm代の半ばのDS3を家人は持て余し気味だから、できれば1,600mm代のクルマが良いと進言した。となるとフィアット 500、パンダ、VW up!、ルノー トィンゴくらいしかない(どれも横幅はほぼ1.650mm)。すでに500ツインエアの試乗は済ませ、ツインエアエンジン特有の振動やセミAT・デュアロジックの操作も問題ないことは確認済み。後部座席に人を乗せるであろうことを想定すると、500よりはパンダということになる。

パンダか。パンダねぇ。悪くはないがシトロエン C3も気になると家人は言う。地方都市仙台でも最近はやたらと現行C3を目にするようになった。いや、仙台だけではない。プラッと隣県山形県を走っていても見かけること数回。筆者の予言どおりC3、売れているのである。折り良くDSサロン仙台がオープンした。冷やかしついでに現行C3に試乗してみようじゃあないか。ただでさえ週末でごった返す卸町のイデアルさんへDS3で乗り付け、さっそくDSサロン仙台に入ってみる。

DSサロン仙台 4/5オープン 東北初の専用ショールーム

DS3クロスバック、日本発売は夏か 4/6〜展示開始 ラ・プルミエールを撮影



なんとDS3クロスバックの実車が!


懇切丁寧な解説を聞く家人


お祝いだからかオリジナルDSが!
宮城ナンバーでした


恐らくDS日本法人からの刺客スタッフと思われるジェントルマンから、DS3クロスバックの子細な説明を受ける。良いクルマなのはよーっくわかりました。が、最上位トリムだと400万円あたりらしく(一番売れ筋でも357くらい)、当家はDSの客には成り得ないことがあからさまになってしまった。

そこで我に返ってC3の試乗である。忙しいのに我がまま言ってすみません。
 


筆者は発売のタイミングであおさんとK店長同乗の試乗を敢行している。その結果は下のリンクのとおりだが、あの価格であの内容で、あの見た目とポップな色使いで、売れなきゃおかしいべ、であった。

【試乗記】シトロエン NewC3・これは売れますよ、という特殊な見解

家人の試乗だったから同行した筆者と長男は後部座席に座ってみたのだが、プレミアムを謳ったDS3に比べ音振制御(特に後部座席)やシートの造り自体への落胆がないわけではなかったが、実際に購入する運転手たる家人にとっては致命的な瑕疵ではない。C3が家人に向いているプロダクトなのはよくわかったが、横幅持て余し問題は解決しないし、(ローンを組むにしても)現行C3は高価であると結論づけた。結局家人はパンダを購入することを決心し、S店長に見積りをお願いした。見積りの内容も納得いくものだった。

さて本件、パンダツインエア購入で落着するかに思えたが、大どんでん返しが待っていた。待て次回。
 

JUGEMテーマ:CITROEN

いつもブログを楽しみにしています。
2009年夏からMitoに乗っています。

次回のアップが楽しみですが
大どんでん返しで、モデル末期の特別仕様車ですが
208 GT Line Black Packあたりを期待しています。
| どのうまる | 2019/04/10 11:53 PM |

え〜〜!Pandaを選んでくださったのかと喜んだのも束の間、どんでん返しでしかも結末は次回だなんて!もう一度中古でDS3を選んだ?まさかのピカソ?そんなぁー、眠れなーい!
| Profumo | 2019/04/11 12:30 AM |

次回が楽しみです(笑
どうしてひとのクルマ選びはこうも楽しいのか……
大どんでん返しでMiTo!
……は無いですよねえ(^^ゞ
| alfa_manbow | 2019/04/11 12:45 PM |

◇どのうまる様
ようこそようこそ!2009年からMiToっつったら、わたくしとほぼ同じタイミングで1.4T Sportですね??2009年夏だからQV導入前ですよね?今思うと全然乗りこなしてあげられてなかったなぁと後悔しきりです。まったく憎めないヤツ、MiTo。どうか大事にしてやってください。てか今もお乗りなのであれば相当大事にされていらっしゃるのでしょう。ハンドルネームからもそれが伺える…。幸せなヤツですなぁ。

さて家人の時期主力戦闘車両ですが(もっとも家人は戦闘車両らしい運転はしませんけど)、当ブログコメント欄常連のあお師匠からも208の最終限定モデルを薦められておりました。208の最終エディション的なモデルは、なんだかたくさんあってどれがどれやらって感じですが。駆け込み需要なのか「最後だからとにかく売っておけ!」なのか、アヤシイ値引き情報まで飛び交ってましたねぇ(笑)。プジョージャポンも必死のようです。

で、それに引っかかったのか??次回をお楽しみに!

◇Profumo様
パンダは実はわたくしのイチ押しです。プン太郎がいるから2台目には買わないけど、よぼよぼのおじいちゃんになったらパンダツインエアはベスト選択だと思います。次期モデルは純EVの噂もあるので、現存するツインエアパンダは重要文化財に指定してあげたいですね。モデルチェンジしてもツインエアモデルと併売してほしい…。

と、夫の言い分に押し切られたのか?次回をお楽しみに!

◇alfa_manbow様
Profumoさんちの話もずいぶん楽しませていただきましたが(笑)、今度は当家が話題提供者に!

家人の最終的な判断基準は「パッと見て嬉しくなるか?」なんだそうで。C3に試乗することになったのはそういう心持ちがあったからなんです。華やかさやかわいさの方向性がそれぞれに違うからこその悩みでもあります。TCTモデルのMiToももちろん「パッと見、超嬉しいクルマ」なのは間違いありません。MiToはそもそも長女も長男も欲しがっていましたしね。ということで、次回をお楽しみに!!
| acatsuki-studio | 2019/04/11 1:06 PM |

>「パッと見て嬉しくなるか?」
あーなるほど、大事です。
駐車場でたたずんでる自分のクルマ見て、やっぱカッコエエよなあってニヨニヨ出来ないとね(^_^)
| alfa_manbow | 2019/04/11 9:13 PM |

うん、みて嬉しいか、という感覚はちょー共感です。DS3のイネスとか思わず頬が緩むかと。
ま、一番惚れ惚れするのは、うちのSpiderですけどね。manbowさんじゃないけど、駐車場に停まっている姿を見て、毎回ニヨニヨしてます。何にするのかなぁー。羨ましいなぁー。
| Profumo | 2019/04/11 11:11 PM |

おはようございます。
「パッと見て嬉しくなるか?」
これは本当大事ですよね。わかります。
私は乗ってニッコリ、降りてニヤニヤが理想ですね。
そういう視点から考えると、306は良く出来ていたな〜とシミジミ思います。
| harvest | 2019/04/12 7:24 AM |

うちのMitoは1.4T Sportで、もうすぐ10年目になりますが
これまで故障はありません。
3年目に当初のバッテリーが突然死したのみ。
懲りずに今のバッテリーは6年超つかってます。
ミッションはスコスコ入るので、低速トルクが無くても
苦になりません。ラリー車みたいで気に入っています。

| どのうまる | 2019/04/12 12:42 PM |

それにしても、引っ張りますね〜

信号待ちなどで、ガラス張りのビルの隣に止まった時、ガラスに写ったサイドビューにウットリします。
LHDだと私も一緒に写ってチョット緊張したり・・・
| ガキんちょチンク | 2019/04/12 7:55 PM |

acatsuki様

何とまぁ、引っ張り上手!(笑)
皆さん(私も)、次のブログをドキドキして待っていることと思います。
朝の通勤時、綺麗なグリーンのパンダとすれ違うことがあります。
500もかわいいのですが、パンダにはまたちょっと違う親しみやすさというか、癒してくれる感があるような気がします。
クルマに乗る時間、乗る前と降りた後のひと時、大事ですよね。
乗れなかった2ヶ月間、もうしんどかったですもん。
では、もう少しドキドキしながら待たせていただきます!(笑)
| Tazza | 2019/04/12 9:32 PM |

◇alfa_manbow様、Profumo様、harvest様
ニヨニヨ(笑)??実はその意味ではプントエヴォってなんか引っ掛かりの無いクルマだなぁと思っていたんです。MiToに比べると匿名性の高いクルマだなぁと。赤信号で停車した時に建物のガラスに映るプン太郎を見ると、いや、そうでもないかと思ったりもしますが。

◇どのうまる様
やっぱりMiToは優秀だわ。壊れないイタ車伝説。本日の新聞の経済欄なんか国産車のリコールだらけですよ。MiToのツメの垢でも煎じて飲みやがれです。

◇ガキんちょチンク様
引っ張りたくなるほど色々あったんですよー、本件。
| acatsuki-studio | 2019/04/12 9:39 PM |

◇Tazza様
パンダ、座ってみるだけで嬉しくなりましたよ。あれは間違いなく良いクルマですね。ところで新しいクルマの話、聴きたいですねぇ。
| acatsuki-studio | 2019/04/12 9:40 PM |

acatsuki様

んー、acatsuki様ほどの物語はありませんけど…。(^_^;)
タイミング合うときに宜しくお願いします。
| Tazza | 2019/04/14 9:31 AM |










http://withcar.jugem.jp/trackback/1639
+ PROFILE
+ accesses since Dec.2009
+ RECENT COMMENTS
+ 「クルマで行きます」用語集
■プン太郎■
筆者の愛車ABARTH PUNTO EVOのこと。
ブログ本文に「プントエヴォ」と
フルネームで書くと煩わしいので命名。

■R、K■
R=国道(Route **)
K=県道(Kendo **)
のこと

■S店長■
筆者のMiTo購入時の担当営業さん。
現在VOLVO仙台泉店の店長。
筆者のクルマ人生を変えた人。
一言で言えばカーガイ。

■K店長■
クライスラー・ジープ・ダッジ仙台の店長。
TCT版リリースを機に滑り込みで
MiTo1.4TSportを購入したカーガイ。
カーオーディオ地獄サバイバー。

■顧問■
筆者の友人太郎君のこと。
エンスージアストにしてドラマー。
いろんな意味で筆者の指南役にして
このブログの技術顧問(と勝手に思っている)

■朝練&夜活■
早朝に走りに行くのが朝練。
夜に走りに行くのが夜活(やかつ)。
夜の走行活動の略。
どちらもひとりであてもなく走る。
つまりひたすらクルマとの対話を楽しむ。

■EDO■
Eat and Drink Organizationの略。
親友2名と行うツーリング企画の名。
「移動に有料道路は使わない」
「同乗者無しでひとり1台」
「うまいものを食べ、飲む」が掟。
+ CATEGORIES
+ LINKS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ