クルマで行きます

クルマが好きなことにかけては人後に落ちない。
東北のABARTH PUNTO EVO乗りが綴る、クルマについてのあれこれ。
<< プン太郎定期レポート#4_2019年1月 | main | プントエヴォで行く!丸森はちみつ購入ツーリング >>
プントエヴォ・次期ノーマルタイヤ問題2019
| パーツ/グッズ | 20:44 | comments(4) | trackbacks(0) |

哀愁の後ろ姿


プン太郎の直進がなんとなく腰の据わらない印象なのは、スタッドレスタイヤ ダンロップウィンターマックス01が原因ではないか疑惑がふつふつと。仮にそうだとしても、そもそも特殊用途のタイヤなのだから仕方ない側面もある。ダンロップを声高に謗るつもりはない。

こうなれば春になったら履かせる新しいノーマルタイヤにがんばってもらおうじゃあないか。

筆者の乏しいタイヤ知識を総動員して、現段階で検討俎上に上がっているのは以下の3商品。

●ブリジストン ポテンザRE050A
少なくとも実例を知っていて、しかも好印象だったのだから候補から外す必要はない。想像以上に減るのが早かったが、3-4ヶ月でローテーションしておけば12ヶ月くらいは持つのではないか。



●ファルケン ジークス
あお師匠がMiToに似合うと薦めてくださったのだが、当家では家人がシトロエン DS3に装着。結果は大当たりで、DS3シックとの相性はかなり良い。タイヤの存在が一切気にならないというのもひとつの個性ではないか。

●ダンロップ ディレツィア
毒を食らわば皿までではないが、ディレツィアくらいメジャーなスポーツ系タイヤなら直進性もある程度性能が確保されているのではないか。

この他にトーヨータイヤは良い意味で「中庸」という評価を、気合いの入った走り屋の方々から得ているそうで気になる。逆にコンチネンタル。少なくとも家人が履かせているコンチバイキング(スタッドレスタイヤ)は、「これ、ノーマルじゃないの?」というくらいコンフォートだ。快適要素を追求するつもりはないし、プントエヴォのキャラクターと合うかどうか少々気になるところではあるが、(自分にとっては高価な)ポテンザが大当たりだったことを考えれば、コンチ導入が大失敗となる可能性は低い。さらに鉄板ミシュラン。ルノーの新会長もミシュランCEOらしいし。関係ないか。

冷静に考えて、筆者は直進性と旋回グリップ性能のどっちを重視するのかと自問すれば、「そりゃ旋回する時のグリップでしょ!」と答える。ではあるのだが、問題はそのグリップ能力をどうやって実現しているか、である。横に膨らむ力をタイヤが撓る(しなる)ことで逃がす性格のタイヤを筆者はATR Sportで初体験した。あの「ある段階でくにゃっと変形する動き」にどうしても身体が馴染まなかった。多分筆者にはミシュランやマランゴーニのような、ある意味強情なタイヤ(ポテンザも似たような印象)に頼って旋回する程度の力量しかないのだろう。とほほである。

ひとつ気になるのは、かつてこのブログにATR Sportは撓ってちょっとなぁ的感想をあれこれ書いた際に、「ダンロップと似た傾向」とどなたかからコメントで指摘をいただいた記憶がある。だとしたらディレツィアは早々に脱落ということになる。

いずれにしても実際に自分のクルマに履かせて体験してみるまでは、タイヤの評価はできないものだ。加えて財布と相談という側面もある(ある意味こっちの制限の方が大きい)。家人のスタッドレスタイヤ(とホイール)に引き続き、地元のタイヤ業者「クローバーガレージ」さんに相談するつもりだ。

タイヤ選び…悩ましいところですね
ウチも987ケイマンのFタイヤをどうするかで親父と相談してたトコロです、結局専用タイヤのミシュラン/PS2で落ち着きましたけど

ダンロップ/ディレツィア
『DZ101』をしばらくMitoに装着してましたけど、個人的にはマランゴーニ/ミトスの方が安心感がありました
https://minkara.carview.co.jp/smart/userid/1522360/blog/37893138/
| ヴェスペ | 2019/01/25 12:34 AM |

◇ヴェスペ様
読みました!おかげで選択肢からディレツィアは消えました!!ありがとうございます!

マランゴーニ、早くどこかで輸入してくれないですかねぇ。あれ、もう一度履いてみたいです。
| acatsuki-studio | 2019/01/25 7:47 AM |

夏タイヤでしたら、ゴリゴリのスポーツタイヤとかどうでしょう?

↓これならとりあえず、サイドウォール剛性はありますし7分溝のネオバ08Rぐらいのグリップはありますよ(RE050Aと同等に減るけど)
NANKANG NS-2R
https://minkara.carview.co.jp/userid/312531/car/2083718/8780588/parts.aspx
| denzou | 2019/01/26 7:31 AM |

◇denzou様
な、なんかん!!まっっっったく考えていませんでしたが、レビュー読んだら俄然興味が湧いていました。意外と排水性も悪くなさそうですね。

とは言うものの、プントエヴォはやっぱり実用車のドーピング案件で基本はGTだと思うので、過剰にスポーティーなタイヤもなぁ…と思っていたところなんです。いやぁタイヤは本当に奥が深い…。
| acatsuki-studio | 2019/01/26 10:54 PM |










http://withcar.jugem.jp/trackback/1615
+ PROFILE
+ accesses since Dec.2009
+ RECENT COMMENTS
+ 「クルマで行きます」用語集
■プン太郎■
筆者の愛車ABARTH PUNTO EVOのこと。
ブログ本文に「プントエヴォ」と
フルネームで書くと煩わしいので命名。

■R、K■
R=国道(Route **)
K=県道(Kendo **)
のこと

■S店長■
筆者のMiTo購入時の担当営業さん。
現在VOLVO仙台泉店の店長。
筆者のクルマ人生を変えた人。
一言で言えばカーガイ。

■K店長■
クライスラー・ジープ・ダッジ仙台の店長。
TCT版リリースを機に滑り込みで
MiTo1.4TSportを購入したカーガイ。
カーオーディオ地獄サバイバー。

■顧問■
筆者の友人太郎君のこと。
エンスージアストにしてドラマー。
いろんな意味で筆者の指南役にして
このブログの技術顧問(と勝手に思っている)

■朝練&夜活■
早朝に走りに行くのが朝練。
夜に走りに行くのが夜活(やかつ)。
夜の走行活動の略。
どちらもひとりであてもなく走る。
つまりひたすらクルマとの対話を楽しむ。

■EDO■
Eat and Drink Organizationの略。
親友2名と行うツーリング企画の名。
「移動に有料道路は使わない」
「同乗者無しでひとり1台」
「うまいものを食べ、飲む」が掟。
+ CATEGORIES
+ LINKS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ