クルマで行きます

クルマが好きなことにかけては人後に落ちない。
東北のABARTH PUNTO EVO乗りが綴る、クルマについてのあれこれ。
<< DS3・冬のスタッドレスタイヤまつり2018・その3 | main | プントエヴォ・7年目/3回目の車検から帰還せり!_46,300km >>
プントエヴォ・車検入庫と今そこにあった危機
| PUNTO EVOのメインテナンス | 20:16 | comments(8) | trackbacks(0) |

プントエヴォが車検(24ヶ月点検)のために入庫した。株式会社イデアルさんへ。
 


入庫当日の朝の風景。
この時、まだノーマルタイヤ(笑)


筆者のプン太郎は2011年登録なので、これで3度目の車検ということになる。MiToの3度目の車検を思い出すと、あれこれダメになったり予防交換ネタが増えてくる(つまり費用も増加傾向になってくる)頃じゃないか。もっともプン太郎はまだ46,000kmくらいしか走っていないので、まだ何も心配する必要はないと高を括っている。

プン太郎の今回の車検の最大のネタはスタッドレスタイヤの交換である。タイヤは事前に購入のうえ納品場所をイデアルさん(の卸町)へ指定するパターンである。届いてる届いていないで場の空気が凍る一瞬があったが(笑)、多分大丈夫だったのだろう。あとはエアコンフィルターやブレーキオイルの交換程度で、大きく手を入れる案件は無い。



































はずだったのだが!
 






上掲画像はこの1年(3月から12月まで)プン太郎に履かせていたブリジストン ポテンザRE050Aの右フロントの個体の内側である。なんじゃこのサイドウォールのササクレは!なんじゃこのホイールのガリ傷は!いつバーストしてもおかしくないほどのダメージではないか!ざっとホイールハウス内部を見渡してもホイールに何かが干渉していた様子はない。ということは外部、ぶつけた傷か…??心当りは…あー、もしかして…。

県北の県道を北上していた時、ペースの遅いクルマを追い越そうとしたその瞬間に急に道幅が狭くなり、アスファルト部分から右側が落ちて強打したことが1度だけあった。あれは9月くらいではないか。その間ずぅっとこうだったのか?その間高速道路だって走ってるじゃないか!ぞぞぞぞぞぞぞぞーーーっっ!

そう言えばもうひとつ気になることがある。
 


この画像で見ると、右フロントタイヤにはっきりとネガティブキャンバーが付いているのがわかる。残念ながら左も同様なのかは背景がごちゃごちゃしていることもあって、この画像ではわからない。だが右フロントの個体だけがスリップサインどころかワイヤーががっつり出現していることを考えると、どうやら右脚に傷を負っているようではある。

つまりこういうことか?

9月頃に追い越しをかけた際に舗装部分から脱輪
▲曠ぁ璽襪肇織ぅ笋鬟▲好侫.襯箸任海垢辰峠を付けた
その時右フロントタイヤのハブ周辺を強打し、取り付け角度が狂った。

上記は最悪のシナリオだが、当たらずとも遠からじな状況だったのであろう。でないと右タイヤだけワイヤ露出する極端な片減りの説明がつかない。気持ちが傾いだまま夕方イデアルさんに到着。点検内容を確認する際に右足周りを徹底的に診てほしい旨を伝えた。翌日になって連絡をいただいたところ、やはりアライメントが狂ってますとのこと。

とにかく、アバルトのクルマに乗ってて足周りの瑕疵を放置する手はない。何はともあれアライメント整合が最優先課題となってしまった。その他に

・純正バッテリーの交換
・エンジンオイルとフィルターの交換
・クーラント液の補充

が追加メニューとなった。ま、7年目の車検としてはむしろ健康、46,000km走破の個体としても悪くないんじゃないか。戻りは12月第3週の予定である。代車ネタは次回。

余談:
イデアルさんでTazzaさんにばったり会った。先日狂人に後方から追突され、Tazzaさんご自身も愛車も傷を負った。この日は愛車の損傷具合の確認に来られたとのこと。K店長によればまだ精密に寸法を採寸している段階で最終結論が出せないらしい。いったん板金屋さんを含めて動き出してしまうと作業内容の変更にも費用がかかってしまうとのことで、損傷箇所の特定を慎重にやっておられるそうだ。あぁ、どんなに気をつけていても、もらい事故だけは100%防止することはできない。Tazzaさん、久しぶりに会ったけどなんだか痩せてた。大丈夫かなぁ。
 

JUGEMテーマ:ABARTH

ずいぶん、行間を空けられましたねぇ。
シークレットトラックに気が付かないで、思わず終了
するところでした。
人生、ハインリッヒの法則の法則で溢れかえっています。
ご用心、ご用心。

| あお | 2018/12/11 6:10 PM |

◇あお師匠
この行間こそが「ま、今回の車検はタイヤ交換してサクッと終わりやねぇ&#12316;」というわたくしの油断そのものであります!いやーおっかねぇ。ケチらずタイヤローテーションしておけばよかった。
| acatsuki-studio | 2018/12/11 6:34 PM |

acatsuki様

先日は、失礼をいたしました。
まさか、私が声をかけられているとは思いもしなかったので、
気づくのが遅れました。(^^;

タイヤは大変な状態だったのですね。
何事も無くてよかったです。

私のほうは、治す(直す)ものばかり状態ですが、
一番イヤなのは後方から近づいてくる車に対するトラウマです。
きちんとルールを守って、正しく運転している人間がビクビクしていなければならないというこの世の中、何とかならないものでしょうかね、ホントに...。
| Tazza | 2018/12/11 11:43 PM |

◇Tazza様
逆にわたくしは駐車場にNDロードスターが停まっているのを見て、「あ、Tazza さんの500、治ったのかな?」「っつーことは、今日の代車、このNDだったりしてー!」と勝手に盛り上がっていたのでした。

いやぁほんとすみません。盛り上がってる場合じゃなかった…。

しかしそれにしても、本件、本当に腹立たしい。一刻も早く心の傷が癒えますように願っております。
| acatsuki-studio | 2018/12/11 11:56 PM |

ABのピットバイト時代の経験上、少し古いイタリア車の純正ホイールは歪んでいる事が多かったです。
acatsuki-studioさんのアバプンは比較的新しいので大丈夫かと思いますが、念のために現状でホイールバランサーにかけて歪みが無いか確認した方が良いかも知れませんね。
| ガキんちょチンク | 2018/12/12 7:33 AM |

◇ガキんちょチンク様
OH!NO!!!そうかー、そんなこともあるでしょうねぇ…。いや、ありがとうございます。そこには気がつきませんでした。純正のアレ、気に入ってるのになぁ。OZでも買うか…。うへへへへへ。

ウソです。買えません。
| acatsuki-studio | 2018/12/12 8:37 AM |

冒頭の画像、いきなし寒そうですね。
こちらも流石に薄着ではしんどくなりましたけど。

タイヤ、ササクレどころかワイヤーも見えてますね。。。ガクガクブルブル…

それと、これだけ社会現象で取り上げられているのにまだ煽ってくるバカもいるわけで。
Tazzaさんの最後の言葉の通りですね。ほんとうに。
| じゃる | 2018/12/13 5:03 PM |

◇じゃる様
いや、もう、ホントに。普段いかにメンテをさぼってるか思い知らされました。

時々帰ってきて宮城県の冬を思い出してくださいよ(笑)。
| acatsuki-studio | 2018/12/13 10:52 PM |










http://withcar.jugem.jp/trackback/1597
+ PROFILE
+ accesses since Dec.2009
+ RECENT COMMENTS
+ 「クルマで行きます」用語集
■プン太郎■
筆者の愛車ABARTH PUNTO EVOのこと。
ブログ本文に「プントエヴォ」と
フルネームで書くと煩わしいので命名。

■顧問■
筆者の友人太郎君のこと。
エンスージアストにしてドラマー。
いろんな意味で筆者の指南役にして
このブログの技術顧問(と勝手に思っている)

■朝練&夜活■
早朝に走りに行くのが朝練。
夜に走りに行くのが夜活(やかつ)。
夜の走行活動の略。
どちらもひとりであてもなく走る。
つまりひたすらクルマとの対話を楽しむ。

■S店長■
筆者のMiTo購入時の担当営業さん。
現在VOLVO仙台泉店の店長。
筆者のクルマ人生を変えた人。
一言で言えばカーガイ。

■EDO■
Eat and Drink Organizationの略。
親友2名と行うツーリング企画の名。
「移動に有料道路は使わない」
「同乗者無しでひとり1台」
「うまいものを食べ、飲む」が掟。

■K店長■
クライスラー・ジープ・ダッジ仙台の店長。
TCT版リリースを機に滑り込みで
MiTo1.4TSportを購入したカーガイ。
カーオーディオ地獄サバイバー。
+ CATEGORIES
+ LINKS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ