クルマで行きます

クルマが好きなことにかけては人後に落ちない。
東北のABARTH PUNTO EVO乗りが綴る、クルマについてのあれこれ。
<< プントエヴォで行く!宮城県北徘徊記2018 | main | DS3・イグニションコイル死亡 >>
DS3・冬のスタッドレスタイヤまつり2018・その1
| CITROEN DS3 | 20:16 | comments(2) | trackbacks(0) |
家人のシトロエン DS3のタイヤを急きょスタッドレスタイヤへ交換した。5年オチのNOKIAN Hakkaperittaである。なぜこんなに早く?一悶着あったのだ。経緯を書いてみよう。

今回の1件、最初の騒動は2018年11月23日に発生した。この日筆者は仙台の山奥・定義山でライヴを行うことになっていたのだが、よりにもよってこの日の朝、定義山では積雪があったのだ。スタッドレスタイヤについて「減るし高いしつまんない©️てるてるコヤジさん」を奉じる筆者は、本当に平野に積雪するギリギリまでノーマルタイヤで押し通す。もちろん11月下旬にスタッドレスタイヤを履かせているわけもない。それはプン太郎然り、DS3然りである。

当日惰眠を貪っていた筆者は、定義山積雪!の報を昼頃に知って仰天した。自宅周辺は雪の「ゆの字」も無いが、恐るべし定義山!ノーマルタイヤのプン太郎で強引に定義入りすることも考えたが、仮に朝の雪が昼の今溶けていたとしても、ライブ終演後の帰路で再び積もったりしたら洒落にならん。それでなくても定義山である。MiToをぶっ壊した因縁の土地だ。念には念を入れた方がいい…。

加えてこの日のライブには家人と息子が来店することになっており、ライヴ会場に16時には入りたい演者たる筆者とは別行動の予定だった。となると

・プン太郎もDS3もタイヤ交換する
・演奏のためにウォーミングアップをする
・演奏する機材をパッキングして出発する

つまりこれらを15時までに済ませなければならない。で、今12時だ。


無理じゃね??


そもそもタイヤ交換だって2台同時にやったら疲れてしまうから日程分散する案件である。それにどうせ半年寝かせていたスタッドレスタイヤなど空気圧が相当抜けているはずだから、交換したら空気圧を揃えてもらうために馴染みのガススタンドに行かねばならぬ。祝日午後のガススタンドなんて大混雑だろう。そうやって体力を消耗しているところにさらに楽器のバラシと積み込みだ。もちろんその後演奏しなきゃならないわけで、「そんなに疲れた状態で、オレ、弾けるのか?」と固まってしまった。

折衷案としてこの日はプン太郎は出動せず、DS3のタイヤだけ交換し、人も楽器も1台で移動することにした。DS3なら後部座席背面を6:4分割できるからだ。プン太郎(MiToもだけど)の後部座席背面は1枚作りである。

そうと決めればさっさと作業せねば。自宅前の路上で交換作業を終えてみたら、左フロントに履かせた1本がパンクしとるやないけ!なんと厄介な…。まぁパンクではなく単なる「極端な圧抜け」だろうから、その1本だけ一旦ノーマルに戻して空気の抜けた1本を積み込んで、家人は馴染みのガススタンドに空気を入れてもらいに。筆者はこの日使う楽器のパッキング作業。無事に空気を入れてもらってきた家人が帰宅。訊くとガススタンドの店員さんから「こりゃータイヤもダメだし、ホイールももう限界じゃないですか」と言われたという。思い返せばDS3に履かせていたNOKIANは2013年に導入、5年オチだから寿命は当然として、BWAのホイールは筆者の先々代の愛車プジョー 307SWに履かせていたもの。えーっと。2002年の冬からだから…

数えて16年目である。

経過年数はともかく、酷使してきたことは間違いない。もはや真円を保てず、タイヤとの接触面から微細な空気抜けがあっても不思議ではない。ということで家人は急きょスタッドレスタイヤ+ホイール4本セットを購入することになった!結末や如何に。刮目して待て。

つづく

※ちなみに無事に家族3人で定義山に辿り着き、恙なくライブを終えることができた。雪はその後一切降ることはなく、完全ドライの帰り道であった。ま、そんなもんですな、世の中。
 

JUGEMテーマ:CITROEN

生活自体がネタ満載で、楽しそうですね(^-^;。
でも、いいじゃないですか。消費税増税前(注:増税後は
キャッシュレス決済なら、増税前よりもお得という何とも
意味不明で、姑息な手段を政府は取るらしいけど)にスタ
ッドレスタイヤを新調出来たし。

で、どこの銘柄を購入したのか、すごい気になります。

ワレゾクホウキタイス!。
| あお | 2018/12/04 6:13 AM |

◇あお様
そんなつもりはないのですが、この冬、プン太郎にもDS3にもいろいろありすぎてエントリーが追いつきません!

結果はまた別途エントリーしますが、当のacatsuki-studio自身が「え!ナニソレ!羨ましい!」という銘柄になっちまったので、お楽しみに。
| acatsuki-studio | 2018/12/04 12:51 PM |










http://withcar.jugem.jp/trackback/1592
+ PROFILE
+ accesses since Dec.2009
+ RECENT COMMENTS
+ 「クルマで行きます」用語集
■プン太郎■
筆者の愛車ABARTH PUNTO EVOのこと。
ブログ本文に「プントエヴォ」と
フルネームで書くと煩わしいので命名。

■R、K■
R=国道(Route **)
K=県道(Kendo **)
のこと

■S店長■
筆者のMiTo購入時の担当営業さん。
現在VOLVO仙台泉店の店長。
筆者のクルマ人生を変えた人。
一言で言えばカーガイ。

■K店長■
クライスラー・ジープ・ダッジ仙台の店長。
TCT版リリースを機に滑り込みで
MiTo1.4TSportを購入したカーガイ。
カーオーディオ地獄サバイバー。

■顧問■
筆者の友人太郎君のこと。
エンスージアストにしてドラマー。
いろんな意味で筆者の指南役にして
このブログの技術顧問(と勝手に思っている)

■朝練&夜活■
早朝に走りに行くのが朝練。
夜に走りに行くのが夜活(やかつ)。
夜の走行活動の略。
どちらもひとりであてもなく走る。
つまりひたすらクルマとの対話を楽しむ。

■EDO■
Eat and Drink Organizationの略。
親友2名と行うツーリング企画の名。
「移動に有料道路は使わない」
「同乗者無しでひとり1台」
「うまいものを食べ、飲む」が掟。
+ CATEGORIES
+ LINKS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ