クルマで行きます

クルマが好きなことにかけては人後に落ちない。
東北のABARTH PUNTO EVO乗りが綴る、クルマについてのあれこれ。
<< プントエヴォで行く!冬枯れの宮城県・大崎地方 | main | ホイールとタイヤを売ってみた >>
プントエヴォ・スタッドレスタイヤ購入記2018
| パーツ/グッズ | 21:20 | comments(14) | trackbacks(0) |

プン太郎の前オーナーは東北地方在住の方だったようで、2018年1月26日の購入時にはスタッドレスタイヤが付属していた。が、2012年製のYOKOHAMA ice Guard iG50はすでに正常な能力を発揮できず、2018年冒頭の数ヶ月を危うい足元のまま過ごしたのだった。もはや猶予はない。迫り来る2018-19の冬シーズンを乗り切るために筆者はスタッドレスタイヤを新調する必要があった。
 


プン太郎にはMiTo時代と違ってあれこれ手を入れない方針なので、タイヤくらいはちょっと奮発してもいいかなと思っていた。その上でこれまでの経験からスタッドレスタイヤの新規購入ならミシュランを秘かに狙っていた。何が良いってドライ性能が高い。下手なノーマルタイヤよりも乗り心地が良い。ロードノイズはそれなりにあるけど、極端な話、人命に直結なのだから。せめてネットで安いところを探そう!どこかないか…。カチカチ、カチカチ、カチカチ…。























ミシュラン、サイズないやんけ。

プン太郎の正規タイヤサイズは 205/45/R17 である。215/40/R17でもいけんじゃね?という話もあるが、おそらく曲げ切った時にフェンダーライナーに干渉する可能性大。分不相応に幅広のタイヤは最高だが(バカ)、フェンダーライナー脱落のトラウマ保持者としてはやっぱりヤだな、と。

そうなるとゲンキンなもので、ミシュランじゃなきゃ32,860円/1本なんてやっぱり無理無理と宗旨替え。いったん4本合計で10万円未満という夢が一度でも脳裏をよぎってしまうともうダメだ。コンチネンタル?無理無理!ブリザック??そんなの無理無理!!と、数日前の自分が聞いたら「貴様、歯を食いしばれ!」案件である。
 


ま、とにかく高いのはヤメヤメ。もうちょっとランクを落とそうということで次に狙ってみたのがグッドイヤー。なんちゅうか、あのGoodyearというホワイトレターにめっちゃ憧れがある。なんなら塗ってあるヤツが欲しい!再びネットの海へ。

最近ネット通販が面倒くさい。色々ありすぎ。amazon、Yahoo!、楽天などのショッピングポータルもあれば単独の商店のオンラインショップもある。対応もまちまち。今回最初に見積りをお願いした店舗も見積りを取る段階からクレーム防護ネットが何重にも張り巡らされていて、やれ規約を読め、了承のチェックボックスをクリックしろ、届いたらチェックして異常があったら●日以内に必ず電話入れろ云々。いやこれ、販売側も購入側も当然クリアすべき項目ばかりなのだが、文章の端々に「これ確認してくれてなきゃウチなんにもしませんから」的な「売ってやる」ムードが溢れていてやんだくなる(仙台弁で「いやになる」)。トドメの「クレジット払いの見積りは電話でしか答えられない」に心が折れた。まぁ先方のやり方にこっちが付いていけなくなっただけのこと。最初のお店をあきらめてさらにさまよう。なんだかんだでGoodyearを探してるはずが結局購入したのはダンロップ ウィンターマックス01だった。購入先は日光商会

2018年製 ダンロップ 205/45R17 WINTER MAXX 01 WM01
スタッドレスタイヤ ウィンターマックス ゼロワン 
価格 14629(円) x 4(個) = 58516(円) (税別、送料別)


送付先件数   1(件)
合計商品数   4(個)
商品価格計   58516(円)
--------------------------------
小計         58516(円)
消費税       4680(円)
送料         4000(円)
----------------------------------------------------------------
合計         67196(円)
----------------------------------------------------------------

ダンロップ ウィンターマックスにも01と02があって、01=安い方である。ミシュラン購入に情熱の炎を燃やしていた冒頭を振り返ると堕ちるところまで堕ちたなという感じだが、ダンロップのスタッドレスタイヤを履かせるのは人生初めてなので、これはこれで楽しみだ。実際の積雪の中を走ってみるレポートは早くて12月の下旬であろうか。

 

JUGEMテーマ:ABARTH

 

おお、なんたる偶然、自分も先日アテンザ用にスタッドレス注文しました。
こちらは前回のそのままアップデートで、ヨコハマのiG6です。
スタッドレスは2インチダウンの225/55R17で、4本で97,008円(税・送料込み)でした。
これに工賃(タイヤ交換、ホイール交換、ホイールバランス、バルブ交換、旧タイヤ廃棄)10,800円なので、残念ながら10万切ることができませんでした…
が、値上がりしたとはいえ相変わらずMAZDAの工賃安いですw
でもできれば冬タイヤは履きたくないですね…
| しげ | 2018/11/14 11:00 PM |

◇しげ様
おお!何たる偶然。2インチダウンですか(笑)。でも10万円切れないもんなぁ。山形市内の雪は一度だけ体験したことがあるんですけど、仙台よりも平滑度が高かったです。やっぱり仙台市内の除雪はもうちょっと本気でやってほしい。ただ山形市内、路肩に寄せた雪の量が半端ないんで、対面通行に気を使いますね。
| acatsuki-studio | 2018/11/14 11:30 PM |

以前アバプンを買う気でいた時、タイヤサイズはMitoと同じ215/45R17だと思っていたのですが、205/45R17なんですか?
気になったので調べて見ると、
https://www.goo-net.com/catalog/ABARTH/ABARTH_PUNTO_EVO/10065361/
https://www.alfaromeo-hakko.co.jp/abarth/line_up/abarth_grande_punto.html
↑では215/45R17
https://www.abarth.jp/soldout/puntoevo/
↑では205/40R17、流石にこのサイズでは荷重係数が足りないと思うけど、混乱してしまいますね。
215/45R17なら選択肢は多いのですけど・・・
| ガキんちょチンク | 2018/11/15 8:55 PM |

うちの弟はブリジストンに新調しました。
500ならサイズが小さい分安価いからって奮発したそうです。

ダンロップとヨコハマとブリジストンと、国産3社が揃いましたね。
乗り比べ、てもクルマのサイズが違いすぎてタイヤの違いはわかんないか(^^ゞ
| alfa_manbow | 2018/11/15 8:58 PM |

◇ガキんちょチンク様
取り扱い説明書には205/45/R17と表記されてるんです。がしかし!購入時に付いてきたスタッドレスタイヤが215/45/R17!!いったいどういうこった!とにかく取説に書いてあるんだから…と思ってまずは205…で買ってみましたけど。ひとまず取説と公式サイトの表記が統一されてて安心しました(笑)。

◇alfa_manbow様
やっぱり17インチからグッとお高くなりますよね…。今年はホントにがんばってやってみますか、スタッドレスタイヤ評価OFF「クルマで行きますワークショップ#2」。
| acatsuki-studio | 2018/11/15 9:58 PM |

何ですって!
ダンロップの01で純正サイズとは!
ウチの124とお揃いじゃないですかヽ(´▽`)/

せっかく同銘柄で同サイズのタイヤなので
FF とFR の比較やってみたいですね。
| denzou | 2018/11/16 6:32 AM |

◇denzou様
おおおおおおっ!ではマジで比較するOFF会やりますか!すごい貴重な機会ですよね。
| acatsuki-studio | 2018/11/16 8:40 PM |

ちょっぴりATRも期待してたんですが。。。(爆)

ミシュランは他メーカーの同サイズと比べると例えば同じ215・45・17でも10ミリ程トレッドが太く、また厚みのある特徴があります。

MiToにノーマルと同じサイズ履かせてるのにステアリングを切ると雨で濡れた日はキュルキュルとw。

仙南の沿岸部なんかは雪がほとんど降らない積もらない、なのでベストマッチなんですが、いかんせん仰るように価格がネックなんですよねー。

と冷房がかかってるブルーシールでアイス食いながらコメントしてるのも変な感じなんですけど。
| じゃる@パレットくもじ | 2018/11/18 3:28 PM |

◇じゃる様
確かにネットをさ迷うとATRがオススメされてしまうのですが(笑)。強い根拠があるわけではないですが、どうもスタッドレスタイヤは国内産が良いような(除ミシュラン)。だからS店長から半ば本気ですすめられていたNOKIANも除外しました。

冷房…。冷房かよ!
| acatsuki-studio | 2018/11/19 9:47 AM |

→どうもスタッドレスタイヤは国内産が良いような(除ミシュラン)

それは言えますね!
ATRも最初の年はいいんですが、2シーズン目からずいぶんと硬化したようであんまり信頼性に期待はできなかったです。。。w

冷房…
はい、日中はやっぱり25度超えるのと常に湿気がすごいんでカビ対策なんです。
自宅もエアコンのドライは内地に戻るとき以外は通年つけっぱなしです(省エネモードでw)。

冬の仙台のドライ感が羨ましいです。寒いのと雪の日はヤだけど(笑)
| じゃる | 2018/11/19 5:55 PM |

◇じゃる様
結局安いタイヤは「買った年だけ」ってことでしょうかねぇ。湿気のことは考えたことがなかったなぁ。なるほどねぇ。
| acatsuki-studio | 2018/11/19 10:58 PM |

124のタイヤ交換完了しました!
コレで雪があれば比較できますね(;^ω^)
| denzou | 2018/11/23 6:39 PM |

ミシュランのX-ICEは日本で開発されて製造は中国かタイです、昔は日本にもミシュランの工場があったのですけど、今は無いです。

ピレリの日本で正規に売られているスタッドレスは、日本で開発されてファルケンの工場で造られているはず。

日本グッドイヤーのスタッドレスも日本で開発されて、住友ゴムの工場で造られています。

日本ダンロップもその実態は住友ゴムですしね。

私はスタッドレスタイヤに関わる仕事をしていますが、自分のクルマに履かせたことが無いので、性能に関しては全く分かりません〜
| ガキんちょチンク | 2018/11/23 7:49 PM |

◇denzou様
お!早い!!皮むきツーリングですね(笑)。同一銘柄FF vs. FR比較ワークショップ実施の際は連絡させていただきます(笑)。

◇ガキんちょチンク様
今回いただいたコメントはかなり貴重な情報じゃないでしょうか。単なるウンチクではなく、真剣にタイヤを選ぶ時の判断材料としてすっごく有効ですね。いつもありがとうございます。ダンロップが住友ゴム=国産と聞いてちょっと安心しました(笑)。
| acatsuki-studio | 2018/11/23 10:24 PM |










http://withcar.jugem.jp/trackback/1588
+ PROFILE
+ accesses since Dec.2009
+ RECENT COMMENTS
+ 「クルマで行きます」用語集
■プン太郎■
筆者の愛車ABARTH PUNTO EVOのこと。
ブログ本文に「プントエヴォ」と
フルネームで書くと煩わしいので命名。

■顧問■
筆者の友人太郎君のこと。
エンスージアストにしてドラマー。
いろんな意味で筆者の指南役にして
このブログの技術顧問(と勝手に思っている)

■朝練&夜活■
早朝に走りに行くのが朝練。
夜に走りに行くのが夜活(やかつ)。
夜の走行活動の略。
どちらもひとりであてもなく走る。
つまりひたすらクルマとの対話を楽しむ。

■S店長■
筆者のMiTo購入時の担当営業さん。
現在VOLVO仙台泉店の店長。
筆者のクルマ人生を変えた人。
一言で言えばカーガイ。

■EDO■
Eat and Drink Organizationの略。
親友2名と行うツーリング企画の名。
「移動に有料道路は使わない」
「同乗者無しでひとり1台」
「うまいものを食べ、飲む」が掟。

■K店長■
クライスラー・ジープ・ダッジ仙台の店長。
TCT版リリースを機に滑り込みで
MiTo1.4TSportを購入したカーガイ。
カーオーディオ地獄サバイバー。
+ CATEGORIES
+ LINKS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ