クルマで行きます

クルマが好きなことにかけては人後に落ちない。
東北のABARTH PUNTO EVO乗りが綴る、クルマについてのあれこれ。
<< 最終告知・クルマで行きますOFF会#17 | main | 総額100万円未満という恐ろしい事実 >>
無事終了!クルマで行きますOFF会#17〜宮城・山形横断特急〜
| レポート・クルマで行きますOFF会 | 22:10 | comments(18) | trackbacks(0) |
「クルマで行きますOFF会#17〜宮城・山形横断特急〜」が無事終了した。晴天に恵まれ、結果的には13台16名にご参加いただくことになった。これは個人の零細ブログ主催のOFF会としては大盛況だと思っている。ご参加各位に感謝申し上げる。

クルマで行きますOFF会#17〜宮城・山形横断特急〜
2018年10月28日(日)
集合時間:8:00
出発時間:8:30
解散時間:16:30(予定)
参加費:無料

※荒天中止

<集合・参加メンバー>
集合は8時だったが主催者の自覚を以て7時40分頃に到着。だーれも来ていな…ん?あのエーゲブルーのプジョー 307SWは…??この時は車内で爆睡されていたが、一番乗りは神奈川からのえすぷれそさんだった!やがてしげさんとゆきのってぃさんが到着。以後続々と参加者が到着。
 

釜房湖畔は素晴らしい天気

えすぷれそさん:プジョー 307SW
神奈川から奇跡の初参加。美麗な写真満載のブログは必見。307SW仲間として勝手にフォローしていたのだが、聞けば筆者の307SW記事(実は307SWに特化したサイトを開設している。放置しているけど)を読んで購入に踏み切ったらしい。もうひとりやはり神奈川で乗り換えたい車種がないとて307SWに乗り続けるオーナーさんがいる。307SW恐るべし。

しげさんとゆきのってぃさん:フィアット 500TwinAir
当ブログ公認晴れ男しげさんは博識の人。特に欧州のクルマ事情は立板に水。MAZDAクレイジーでアテンザ乗り。じゃあなんでTwinAir?これは奥様の通勤用グルマなのだった。アテンザと500の8輪体制って理想的じゃないか?ええ?おい。ゆきのってぃさんはご令嬢。聞けば小学3年生という。時の流れの速さに翻弄されるばかりなり。

Queiko姐さん:アルファロメオ ジュリエッタ
筆者のご近所さん。クルマではなく人物が「羊の皮をかぶった狼」。詳細は終章で述べる。

あお師匠:プジョー 208GTi
筆者のイタフラ車道のお師匠さんにして当ブログ公認晴れ男。ブログ主催のOFF会開催をそそのかした張本人。この日は種々の予定をやりくりしてご参加いただいた。208GTiの他にアルファロメオ 147 2.0TSを所有。豊富な経験をもとにヒトクセもフタクセもある車種を理知的に管理する達人。

alfa_manbowさん:アルファロメオ 156 2.5V6 24V
今回OFFの参謀。数ヶ月前からコース展開について筆者の相談に乗ってくださった。それだけではなく下見もしてくださっている。ありがたや。そして今回の参加車種156は核爆弾。この日がお披露目となった。だが核爆弾だけでは済まなかったのだ…。

Fさん:アルファロメオ 155 TS2.0 ファイナルエディション
alfa_manbowさんのお友達で運転手として駆り出されたという。なぜならFさんがドライブするこの155、これもmanbowさんのものなのだった(譲渡証まで搭載されていた。しかしFさんの愛車ななんなのだろう…)。こうなるともはや核爆弾をしのぐ中性子爆弾レベルのネタ投下である。なんでもFさんの甥っ子さんが所有していた155で、知人価格=格安で譲ってもらうことになったのだという。この2台、本気でうらやましい。

denzouさん:アバルト 124Spider
いつしか本ブログOFF会の顔になりつつある。渋い仕様のフィアット 500を駆っていたのだが、いつの間にか124に。魔改造のS2000を駆るご友人たちと蔵王エコーラインのアスファルトを削っているらしい。

A.Sudさん:ルノー ルーテシア
2016年夏に七ヶ宿で運命の出会い。DCT物件ではなくわざわざ下位グレードの5MTをチョイスする通人。エンジンについてなら永遠にしゃべり続けられる。機械全般に詳しい。筆者にオーディオの諸知識を与えてくださる。

marutaさん:アルファロメオ 159SW
毎度予告無しで当日登場されるmarutaさん from 新庄。今回も当日颯爽と現れた。ええ、ええ。きっとご参加くださると思ってました(笑)。昨年156SWから159SWにお乗り換え。実は山口百恵が歌っていた真っ赤なクルマも所有するエンスージアスト。

little red sherbetさん:プジョー 208XY
ごく短い期間だけ販売されたXYという渋い仕様に乗るlrsさんは from 茨城県!208GTiとXYが並ぶ絵面など、フレンチブルーミーティングくらい大規模な集会じゃないと実現しないのではないか。クルマ遍歴を伺うと立派なヘンタイであることがわかる(ここには書かないけど)。道中のすばらしい画像を頂戴したので掲載させていただく。贅沢な話だ。

これに筆者のプン太郎を加えて総勢11台12名。ブリーフィング(という名の自己紹介)を行い時間通りにみちのく公園を出発した。
 



<みちのく公園から瓜割石庭公園まで>
時折隊列を分断されつつ前半の目玉ルート「広域農道コスモスライン」を堪能。307SWのえすぷれそさんにはちとペースが速かったかもしれない。しかしみんなでコスモスラインを走るというこの状況こそ今回のOFF会開催の最大のモチベーション。本懐を遂げられて筆者は満足である。その後七ヶ宿町内で調整して無事11台隊列を形成できたのだが、1点不満なことがあるとすれば、先導する筆者には隊列の全容が見えないということだ。つまらないねぇ(笑)。思ったよりも早いペースで最初の休憩地点「瓜割石庭公園」に無事到着。駐車スペースですべての参加者が停車するのを待っていると(11台もいるとけっこう時間がかかる)、下品な野太いエグゾーストノイズの白いアルファロメオ MiToが現れた。なんとじゃるさんである。これで合計12台13名。
 





<瓜割石庭公園>
この公園が面するブドウマツタケラインは何度も走ったことがあるし、なんならalfa_manbowさんとじゃるさんと3人でMiTo乗り比べをしてこの前を何度も走り抜けたのだが、存在にはまったく気がつかなかった。確かに奥まってはいる。実際に足を踏み込んでみると、断崖絶壁が幾筋も立ち上がる威容に圧倒される。
 



©little red sherbetさん


天気は快晴だが暑くも寒くもない。駐車場で三々五々トークを繰り広げる。この時間も本当に楽しい。筆者としてはえすぷれそさんの307SWがひたすら懐かしい。実は集合場所で「どうぞ運転してみてください」とえすぷれそさんに優しいお言葉をかけていただき、欣喜雀躍してパーキング内をぐるっと一周させていただいた。筆者の記憶にある307SWは「旋回挙動はシェアだが加速は鈍重」だったのだが、久しぶりに動かしてみるとこれが良い意味で裏切られ、ローギアードのAL4がそれなりの加速動作を作っているように思えた。「もっとキビキビ走る小さなクルマが欲しい」とMiToに乗り換えたくせに、こうなると良い思い出しか浮かんでこないものだ(笑)。瓜割石庭公園の駐車場ではリアゲートを開けてベンチのように腰掛けてゴキゲン。えすぷれそさんもオススメの307SWユーティリティのひとつである。「こういう運転していてどこにも癪に障らない蒸留水のようなクルマもいいなぁ」などと脳内よだれが…。「別れた女には会わない方がいい」と言う。以前所有していたクルマをもう一度所有しても当時の情熱は取り戻せないという例え話だ。だが307SWならもう一度所有してもいいと本気で思う。でもその時は後期モデルにするだろう(爆笑)。だって初期型、くだらないトラブルの宝庫なんだもの。いや、だからこそ中古車市場では安値か…??悩むぜ…。←アホ
 

©little red sherbetさん


©little red sherbetさん


©little red sherbetさん


なんとS店長から電話が…!
スタッドレスタイヤ、おいくらになります?

©little red sherbetさん




307SWのリアゲートに座ると和むんです。
ゆきのってぃさんと

<瓜割石庭公園から道の駅いいでまで>
このまま根を張ってしゃべり続けてしまいそうなので、少し早めだったが昼食休憩をとる「道の駅いいで」へ出発することにした。ここからは先導はalfa_manbowさんに交替だ。早速ルート会議。というのも道の駅いいでにはR113をひたすらまっすぐ行けば恙なく到着するのだが、もちろんそれでは面白くない。ここ高畠はmanbowさんおお膝元。当然ヘンな県道三昧コースも検討されていた。どうする?R113チームとヘンなコースチームに分かれる??「manbowさん先導のヘンなコースで行きたいひとー?」と挙手を求めたら全員がヘンなコースを希望。決を採った筆者がアホだった。徹底的に宮城・山形の野山を駆け巡ることに決定。

しかしここでじゃるさんが離脱。最近は南国の島と東北の二重生活を送られており、この日も午後から機上の人になるので離脱はやむを得ない。あがっていたバッテリーを復活させてまで駆けつけてくださった(だから遅刻した)じゃるさんだが参加は実質1時間弱(笑)。古参コメンテーターの意地を見る思いである。ありがたや。

じゃるさんを見送って出発。この高畠から道の駅いいでまでの県道三昧コースがこれまた素敵だった。ログを録っておいた。
 

このコースも復習必須だ。K102、K8、K250を美麗眺望とともに駆け抜けるナイス県道。







<道の駅いいで>
到着した道の駅いいでは大混雑。地場産の野菜やくだものが大売り出し中。食べ物もたくさんある。かなり大きな道の駅だ。昼食は各自自由に…というプランだったが、alfa_manbowさんとFさんは事前にこの近所のイタリア料理店を下見してくださっていた。飲食店が混み合う休日であることを鑑み、こちらに行きたい人はえすぷれそさん運転の307SW1台で別行動と相成った。筆者はmarutaさん、little red sherberさん、A.Sudさんと4人で道の駅グルメと洒落込んだ。
 

めざみセット 1,080円
ざるそばと山形芋煮のセット



個人的にグッと来るツーショット

実は筆者のこの日の朝食も芋煮だったのだが、山形のしょうゆベースの芋煮も筆者は大好きだ。A.Sudさんの武勇伝を拝聴しつつ完食。もちろんそばと芋煮なんて軽めのメニューにしたのには理由がある。レストランを出て屋台メニューを堪能。飯豊町は牛肉の産地らしく、牛肉メニューが多い印象。牛肉サンドや焼き芋を堪能。なんと焼き芋屋さん「ムーラン」は七ケ宿町から出張販売に来ているのだった。少しおしゃべり。芋、とてもおいしかった。

<置賜広域農道>
関東圏から参加のlittle red sherbetさんとえすぷれそさんとはここでお別れ。5-6時間の道のりだろう。ご無事を祈らずにいられない。一方我々は後半のメインステージ置賜広域農道を目指す。この農道を北上するのは初めての体験なのだが、わずかに西に傾いた太陽が紅葉に染まった連峰を照らし、その山々目がけて爆走する参加者の隊列。筆者はこの区間は最後尾を務めており、フロントガラス越しのこの美しい風景に口あんぐり。
 



多少バンピーな箇所もあるにはあったが置賜広域農道を無事走破、R287をわずかな区間走りあゆ茶屋へ到着。




やな場、というらしい

<道の駅白鷹ヤナ公園あゆ茶屋>
その名のとおり鮎料理がずらり。しかし筆者は満腹につきソフトクリーム。
 

バニラとマロンのミックス 300円

ここでしげさんとゆきのってぃさんが離脱。ご家族を半分残して来ているので仕方なし。そして雨がパラついてきた。これから向かう寒河江方面の空には禍々しい色の厚い雲が広がる。denzouさんが止むなく124Spiderの幌をかける。最後の最後に雨なのだろうか…。
 

行く手には不穏な雲が…

<道の駅寒河江チェリーランド>
とうとう道の駅さがえチェリーランドに到着。いやー、着いたね!走った走った。空は暗くなってきたがかろうじて西の空から夕陽が差し込む。さてあとは解散するだけ…というタイミングに白いアルファロメオ MiToが滑り込んできた。なんと5月のOFF会に初参加してくださったIさんと奥様とご子息である!午前中に仕事をやっつけて午後から参戦すべく、あゆ茶屋でも時間を前倒しで出発してしまった我々を追いかけてくださっていたらしい。「やっぱ、時間発表してるんだから、ちゃんとそれを守らなきゃダメよ」と誰かが言う。ごもっとも。Iさんには悪いことをしてしまった。IさんのMiToは大バカ野郎に右リアをがっつりぶつけられてしまい、大手術の末復活したばかりとのこと。災難でしたなぁ…。
 





お天気雨恒例、虹。
でもふたつも…

道の駅いいででマツタケを購入したmarutaさんが「早くビール呑みたい」と我慢できなくなり離脱。ここに於て今回のOFF会は幕を閉じることと相成った。最後の最後にIさん一家の参加で参加者は全13台16名となった。どうも、だいたいこんな台数/人数になるようだ。くり返しになるが個人の零細ブログのOFF会としては上々の出来だと思う。幸い事故けが人病人も出なかった。晩秋の1日としてはけっこう充実していたのではないかと自負している。ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました。次回は2019年5月のおしゃべりOFF会の予定だ。

<おまけ・帰路>
ということでOFF会のレポートは終わるのだが問題は帰路にあった。寒河江から仙台への最短下道としての選択肢はR48しかない。この帰り道は終始Queiko姐さんとのランデブーだったのだが、自宅方面へのショートカットとして熊ケ根・大倉から根白石へ抜けるワインディングロードへ舵を切ったのが大問題だったのだ!街灯とてない漆黒のワインディングロードを、振り切ろう振り切ろうとしても姐さんは完全にテールトゥノーズで追い立てる。マジかよ…。グリップの甘くなったポテンザに落ち葉や荒れた舗装のあの道は酷過ぎる。いや、すんません。タイヤのせいでも道路のせいでもありまっせん!みんな自分の腕が未熟なせいでありますっ!翌日某SNSに「運転巧くなったね!豆腐を運んで練習したのかな?」という超絶余裕のコメントを頂戴しました。精進します。みんな!Queiko姐さんを振りきろうなんて思っちゃダメだぜ!!
 

寒河江市内から…


山形空港の脇を通り抜け…


約11時間/270km
まいど!。
先日はお疲れ様でした。お天気もまずまずで、最高のオフ会でした。思うんですけど、姐さんのドラテクはフェラーリの女豹(悪質なブロックで死んじゃうけど…)並みに凄いと思いました。でも、イタフラ車に乗ると、大抵の方は間違いなく運転上手になると思います。日々是精進であります。
| あお@携帯端末 | 2018/11/03 9:44 AM |

いいな いいな いいなぁ。400km走った後に200kmツーリングして、また400km帰ってくるのは流石にキツイだろう、と思ってましたが、そうか、途中参加途中退場の道がありましたね。来年5月のおしゃべりオフをターゲットとすることにします!その頃には何に乗ってるかなぁ〜。
| Profumo | 2018/11/03 10:01 AM |

先日はありがとうございました。
とても楽しいドライブ&トークの時間をいただきました。acatsuki-studio様、alfa_manbow様はじめご参加いただいた皆様に感謝申し上げます。
一点だけ訂正ですが、「武勇伝」ではなく「惨敗の歴史」ですww
| A.Sud | 2018/11/03 12:25 PM |

◇あお師匠
お忙しい中ご参加いただき本当にありがとうございました。姐さんが女豹か狼かは判然としませんが、真っ暗な峠道を●0km/hで追い回されるのはカンベンして欲しいと思いました(笑)。楽しかったOFF会の最後の最後に事故りたくないですもん!しっかし速い。姐さんどうやって腕を磨いたのか今度訊いてみよう!

◇Profumo様
1,000km/1日はそりゃーツライですよねぇ。改めて関東組には大感謝です。5月にはお待ちしておりまーす。

◇A.Sud様
こちらこそ楽しい、いや、楽しすぎる1日をありがとうございました。A.Sudさんの穏やかな外見からは想像もできないほどのバトル体質が判明しただけでも収穫でした(笑)。どうかご安全に。
| acatsuki-studio | 2018/11/03 1:12 PM |

楽しそう〜
この時期仕事が忙しいので参加出来ませんでしたが、5月は余裕がありますので、その時に参加しますね。
| ガキんちょチンク | 2018/11/03 8:06 PM |

お疲れ様でした〜
155&156に手を出しちゃったおバカさんです(^^ゞ
皆様、大変楽しい一日をありがとうございました〜(*´ω`*)
| alfa_manbow | 2018/11/03 9:22 PM |

先日はお疲れ様でした。飯豊からR121、R4経由で岩槻から高速に乗り、22時ごろ無事に帰宅しました。
307は見た目よりちゃんと曲がるので、山道のペースはまだ大丈夫です。気を遣わせてしまいすみません。「走るオフ」なら小さい日本車で行くのもいいのかな、と思ったりします。

頻繁に参加できる距離ではないので、今回参加できて本当に良かったです。acatsuki-studioさん、皆さん、ありがとうございました!
| えすぷれそ | 2018/11/04 2:28 AM |

◇ガキんちょチンク様
わかります。私も生業がもうちょっとどうにかなってれば、10月末じゃなくもう少し早い時期に開催したかったです。5月、お待ちしております。

◇alfa_manbow様
今回は多大なるご協力をいただきありがとうございました。ヘンタイ爆弾の投下タイミングとして最適な機会をご提供できたと自負しております(笑)。それにしてもマジで155はうらやましい。いや、156もですが。

あれから2199をずぅっと見続けてようやく昨夜終了。番外編を観たらようやく2202ですわ。

◇えすぷれそ様
無事の帰着、安心しました。このたびはご参加いただき本当に嬉しかったです。それにあの307SWの安寧さ、滋味深さ。確かに旧308SWでは補えない味わいですね。乗り換え難民になるのは頷けます。私の場合は真逆のキャラのクルマを欲したのでその苦しみはありませんでしたけど、よくよく手放した時のことを思い出すと、「税金を払う余裕と置いておく土地の余裕があれば手放さないのに」って思ったのでした。えすぷれそさんの307SWをちょびっと運転させていただいて、記憶していた以上にしっかりしてることにちょっと驚いたんです。あの頃はそもそもクルマの評価能力自体も低かったんですね、自分。返す返すも残念。

次回もぜひ!と気軽に言える距離ではありませんが、何かの機会にまた一緒に走ったりお話しできたらとても嬉しいです。
| acatsuki-studio | 2018/11/04 8:02 AM |

まいどおおきに。

一撃離脱で下品に好き勝手やってごめんなさい。
大人数化してからのオフは初めてでビビってましたけど、久々に走るオフもちょこっと楽しめてよかったです。

また機会と時間があれば。

ところで、呑む方のオフはどないなってはりますか?

| じゃる@Apple Kyoto | 2018/11/04 2:07 PM |

◇じゃる様
じゃるさんの下品なエグゾーストサウンドと勝手に交換したクラクションサウンドがないとウチのオフ会じゃありません!多忙な中ご参加いただきありがとうございました。

呑むOFFは#17打ち上げ+忘年会にしようかと思っております。manbowさんのお膝元でやってみようかと思っております。
| acatsuki-studio | 2018/11/04 6:20 PM |

>manbowさんのお膝元で
WELCOME!!

>155
この週末に2202の六章観に仙台に行く際にK51走って、ようやく右手シフトに慣れてきました。なんとかダブルクラッチも出来るようになってきた……。
でも左ハンドルだとコーナーの感覚とかも違ってきてなかなか手強いですね(^_^;)

>ようやく2202ですわ。
ではこれからが試練のときですね(笑
ツッコミだすとキリがないので、園児のお遊戯の演技を見るが如き広い心で楽しまれることをおすすめします(^_^;;)
| alfa_manbow | 2018/11/04 7:53 PM |

先日は、みなさまお世話になりました。そして楽しい機会をありがとうございました。
さすが、東北の道ですね。こういうルートが他にもあるようで羨ましい限りです。

立派なヘンタイ称号授かりまして、恐縮です(笑)
307SWは私も代車で経験がありますが、確かにハンドリングは気持ち良かったですね。

実は、この4日後に再び(少し手前ではありますが)会津若松まで所用で足を運びました。ほぼそちら方面への距離と時間的な目処(ただし下道に限る)はたちましたので、5月も期待できそうと他人事のように考えています。
| little red sherbet | 2018/11/04 8:54 PM |

◇alfa_manbow様
では今度はプン太郎を運転してみください。楽しいと思います。

◇little red sherbet様
ループで走り続けられる高速道路が逆にうらやましいですけどね(笑)。まぁプントエヴォなんてクルマには野山が似合っていると思います。5月のご参加、ご都合と体力が問題なければぜひ!
| acatsuki-studio | 2018/11/05 8:34 PM |

>>acatsuki-studioさま
>では今度はプン太郎を
おお、願ってもない。
ではそのうち155と左ハンドル同士で乗り比べと行きましょうか(^-^)
| alfa_manbow | 2018/11/05 8:54 PM |

◇alfa_manbow様
やったー!んではブドウマツタケラインで!

高畠での打ち上げ+忘年会にふさわしいお店と宿を探し始めてます。
| acatsuki-studio | 2018/11/05 9:56 PM |

あーたのしい、走りのオフ会でした!素晴らしい方々の素晴らしい走りに少しも眠気を覚えませんでした。ひとり走りだと眠気との闘い、クルマ乗ってることが苦痛でしょうがないのに…ね。次の日、ほとんど同じような道行を√48から天童、朝日町、上山、高畠、七が宿、遠刈田、川崎と走りましたが、真っ暗になってコスモスラインを通るルートを見失ったのが残念&#12336;&#65039;。明るいうちに帰って来たかったわ。ところでacatsuki-studioさんの人物紹介は本当に助かります。クルマと人物を思い出してかなり楽しめました。そして、最後になりましたがacatsuki-studioさんのダウンヒルはすばらしかったですよ!さすが、エンジンブレーキの効きのよさ、立ち上がりもきれっきれで美しかったです!
| Queiko | 2018/11/05 11:45 PM |

左ハンドルオフもたのしそうですねえ。
いちおー自分も左ハンドル車持ってます(笑)
黄色ナンバーですけど…w

楽しみなんですが、足手まといになったらごめんなさい。
| じゃる@四条河原町 | 2018/11/06 12:23 AM |

◇Queiko姐さん
>>クルマ乗ってることが苦痛でしょうがないのに
姐さんに峠で追い回された身としては、ナニヲイッテルノカワカラナイヨ!あんな運転する人が…。しかも翌日ほとんど同じコースを走ってんじゃん!!ナニヲイッテルノカワカラナイヨ!!!

いつ脱ぎ捨ててもいいくらい減っているポテンザを履いてるうちに、ダウンヒルの練習をしておきたいところです。しかしもうすぐ雪ですね。

◇じゃる様
参加する気満々じゃーーん!黄色ナンバーのLHD車、乗ってみたい!!まぁ来年ですね。5月末とか(笑)。
| acatsuki-studio | 2018/11/06 8:26 AM |










http://withcar.jugem.jp/trackback/1584
+ PROFILE
+ accesses since Dec.2009
+ RECENT COMMENTS
+ 「クルマで行きます」用語集
■プン太郎■
筆者の愛車ABARTH PUNTO EVOのこと。
ブログ本文に「プントエヴォ」と
フルネームで書くと煩わしいので命名。

■R、K■
R=国道(Route **)
K=県道(Kendo **)
のこと

■S店長■
筆者のMiTo購入時の担当営業さん。
現在VOLVO仙台泉店の店長。
筆者のクルマ人生を変えた人。
一言で言えばカーガイ。

■K店長■
クライスラー・ジープ・ダッジ仙台の店長。
TCT版リリースを機に滑り込みで
MiTo1.4TSportを購入したカーガイ。
カーオーディオ地獄サバイバー。

■顧問■
筆者の友人太郎君のこと。
エンスージアストにしてドラマー。
いろんな意味で筆者の指南役にして
このブログの技術顧問(と勝手に思っている)

■朝練&夜活■
早朝に走りに行くのが朝練。
夜に走りに行くのが夜活(やかつ)。
夜の走行活動の略。
どちらもひとりであてもなく走る。
つまりひたすらクルマとの対話を楽しむ。

■EDO■
Eat and Drink Organizationの略。
親友2名と行うツーリング企画の名。
「移動に有料道路は使わない」
「同乗者無しでひとり1台」
「うまいものを食べ、飲む」が掟。
+ CATEGORIES
+ LINKS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ