クルマで行きます

クルマが好きなことにかけては人後に落ちない。
東北のABARTH PUNTO EVO乗りが綴る、クルマについてのあれこれ。
<< プン太郎定期レポート#1 | main | プントエヴォで行く!山形探訪前哨戦 >>
免許取ったら3年アバルト 595を運転しろ論
| クルマにまつわる四方山話 | 22:45 | comments(12) | trackbacks(0) |

自動車という工業製品に何の思い入れもない当家の老母ですら、昨今の自動車が搭載する数々の安全装置については漠然と名前や機能を知っている。それが2018年。21世紀である。

母は巷でニュースになることが増えてきた高齢者の運転ミスによる事故を気にしているようだ。本人ならず家族も心配している。母にとって自動車の運転ができることは、生活の便利である以上に、「まだまだ現役」という自尊心を維持する意味の方が大きいのかもしれない。そんな母は、数々の安全デバイスを積んだクルマなら、高齢者でも事故の確率を減らせるのではないかと期待しているようだ。確かに命拾いする場面はあろう。しかしそれらデバイスがあらゆる交通事故を根絶できるとはとうてい思えない。

自動車を安全に運転することは本来とても難しい。製造技術は向上したので、かつてのノンアシストステアリングやすぐフェードするブレーキなどを的確に操作するような難しさはなくなったが、反面「自分だけは事故らないから大丈夫」という運転手の慢心は、昔も今も変わりがない。車両製造技術が向上したことで「運転手の慢心」がむしろクローズアップされるのかもしれない。

運転中にルームミラーで背後の自動車の運転席を見てギョッとすることが時々ある。

ギョッ
ひたすらスマホを凝視して指を動かしている。明らかに閲覧ではなく文字入力。

ギョッ
新聞や雑誌を読んでいる。

ギョッ
ひたすら頭髪の枝毛を気にしている。

ギョッ
孫の手で背中を掻いている。

全て筆者がこの目で見た事例である。渋滞中の車列でこういうのに遭遇すると怖いねぇ。いつ追突されるかわかったものじゃない。ペダルの踏み間違いでコンビニに突っ込んだ自動車を見ることはまずないが(筆者はつっこみたてホヤホヤの現場を見たことが1度ある)、車内でアニメ上映中とか運転しながらスマホ凝視なんてケースは毎日のように遭遇する。

運転手個人の安全意識の低さが問題であることは言を待たないが、スマホでテキスト入力してても前に進めてしまうクルマの設計思想だって問題ではないか。人間の集中力不足に電子制御によるセーフティネットを張るという構図は、結局のところ「破れ鍋にとじ蓋」に過ぎないのだから。

自動ブレーキの有効性は疑いの余地がない。しかし自動車の作り手が最初に行うべきなのは、自動ブレーキの出る幕を必要としない操作性の実現であろう。そもそもの話。そのためには電子制御領域を増やすのではなく、自動車運転に関わるユーザーインターフェイスそのものを、もっともっとプリミティブにすることはひとつの方策だと思う。軽トラックの暴走ニュースを滅多に聞かないことは、この件に関しての大いなるヒントだ。自動車の電子制御パワーステアリング、フライバイワイヤのペダル類のレスポンスは、新しいものだからといって人間の生理に沿っているとも思えない。よそんちの技術要素を分析体得することには長けているが、同じ技術要素を積み上げることで実現したフィール、タッチなど、数値化しにくい領域を製品に落とし込むのは下手だなぁと思う。え?なんの話かって??察してくださいよ、お客さん。

例えばの話、プントエヴォを構成している技術要素なんてきっと大した事ない。それなのに走る・曲がる・止まるの達成レベルの高さは特筆に価する。筆者のプン太郎が2011年製ということを差し引いても、当時ですらエポックメイキングな技術要素が搭載されているわけではない(マルチエアエンジンはそれなりにトピックだったが)にも関わらず、だ。

極端な話、自動車運転免許証取得後の最初の3年間は全員がアバルト 595に乗ることを義務づければ、みんな相当運転がうまくなると思う。別に595じゃなくてもいい。操作とその結果がきれいに一致するクルマで運転を身に付ければ良いと思うのだ。595を運転しながら枝毛をむしったりワイドショーを見たりはできまい。加えて「自動車が前に進むということは、運転手の能動的な操作の結果である」ことも骨の髄までわかるはず。もちろん戯れ言であることは承知している。そうではあるが、トヨタや日産やホンダが「操作とその結果がきれいに一致するクルマ」だけを作るようになるとは、今のままでは到底思えない。何よりユーザーが声を上げることもない(上げているのはごく一部のヘンタイのみ。ヘンタイだから相手にされない)。初回登録から13年を超えると自動車税を優遇するどころか、増税を行う政治屋がそんなことに時間を割くとも思えない。クルマで家から出かけ、何事もなく帰ってくることができるということは、実はものすごい奇跡なのかもしれない。

賛成!ホント、普通の日本車乗ると、運転中暇なんだもの。だからスマホ見たり枝毛探したりしちゃうのさ。もっとシフト変えたり、エンジンの音聞いて回転数気にしたり、普通じゃない音がしないか注意したり、突然エラーコードが出たり、そういうクルマに乗るべき。自分の思い通りにクルマが走ってくれるよう、誘導するようなクルマが必要。暇じゃないから。そして楽しいから。運転が変わると思う、うん。
しかし、お年寄り対策にはならないですね。一定年齢(40歳とか)を超えたら、免許更新時に実技試験を入れ、試験結果で購入できるクルマを限定するのはどうでしょう。そして、ラクラクフォンならぬラクラククルマは通れる道も限定する。みんなの安全と生活維持のために、もっと本気になるべき。うん。
| Profumo | 2018/10/22 11:49 PM |

◇Profumo様
そうそう!ヒマですよ、最近の国産車。あれですよ、宿泊施設で言えば上げ膳据膳の老舗日本旅館。最近の国産車は方向性としてはあれに似てる。提供されるサービスの質は違うけど。となると595はなんですかねぇ。自炊宿ですかね(笑)。「ランプの宿」とか(笑)。なんか例えとして全然的外れだな(笑)。

お年寄り対策は本腰を入れないといけない時期をもはや過ぎてしまって、後手後手になっていると思います。技術面からのサポートは絶対に必要だから、そのためのEPS(電制パワステ)もFBW(フライバイワイア)も、やむなしとするしかない。けど人間の生理や精神・情緒面からの研究がされてないっちゅーか、反映されてないっちゅーか。詳しくは知りませんけど、建設・工事の「操作ミス=人の死亡」って現場の「ミスする心理」への対応って徹底してるじゃないですか。あれと同じレベルだと思うんですよ。1t越えの鉄の固まりが60km/hで移動してるんですよ、お年寄りや子どもの脇を。そりゃアメーバによる感染症よりも交通事故で死ぬ確立の方が高いわなぁ。
| acatsuki-studio | 2018/10/23 7:21 AM |

賛成!(^_^)ノシ

実は自動運転普及のための土壌づくりで、みんなクルマが嫌いになっても交通手段は必要だから売れなくはならないって高をくくってるんじゃないかと勘ぐっちゃうレベルでヒマですよね。

私らはアレが劣化版だって考えているからアレでもなんとか楽しめるケド、初心者からアレじゃあクルマ=楽しくない→出来れば運転したくないって思うのも不思議ではないかと。
交通事故は減って、安楽に移動できるようになるんだろうけど、過渡期にはイロイロありそうですよね、、、
| alfa_manbow | 2018/10/23 7:42 AM |

alfa_manbowさま
昨今のAI技術と同じく、人間をバカにしてしまう方向になっている気がします。もちろんミスを減らし、無駄を省くのはいいと思うのですが、本質がなくなってしまっては本末転倒ですよね。

アレ&劣化版、って!笑っちゃいました。
大人達が楽しそうにクルマに乗っていないから若者のクルマ離れも止まらないんだと思います。もっとおっさん達が楽しそうに夢中になって運転してれば自ずと若者も憧れるはず。日本のクルマ事情の将来を考えるのであれば、ケアすべきは爺さんではないと思います。であれば、アレなんて作ってんなよ!ですよね。
| Profumo | 2018/10/23 5:01 PM |

◇alfa_manbow様
そう!高を括ってますよね、どうせ買うんだろと。まぁしのぎを削ってる立場の人としては「ウチの製品買ってもらわないと意味ない」ってところはあるんでしょうけど。でも自分で自分の首を絞めてるとしか思えないんだなぁ。つまんねーんだもん。

ひとつ不思議なのは「劣化版」と性能的には変わらない「原初版」ってのがあるじゃないですか。現代の多くの自動車は劣化版に対して、ヌオーバ・チンクエチェントとかオリジナルミニとかの原初版だとなんで嬉しいんですかね。あれらってほとんどの現代人が「乗ってらんねー!」ってなると思うんです。オレだってどうだかわからない。でもウチのトヨタ パッソとBMCミニのどっちかに乗れって言われたら間違いなくミニですね。性能は同じようなものなのに、なぜかなー。

ミニでもチンクでも初代パンダでも、「とにかく廉く」はパッソと同じだと思うのに、どうしてあれらは魅力的なのかというと、やっぱり「こういう機械を走らせるにはここは削っちゃダメ」という分水嶺の見極めがうまかったからなんだろうなぁと想像します。現代の大多数の自動車はそこがあいまいってことなんでしょう。

◇Profumo様
基本的にメルセデスベンツは人間を信用してないですよね。「どーせ人間、絶対ミスを犯すんだから」って思想で設計されてる。そこにディーゼルゲートで羅針盤が思いっきり狂って、完全に電気&自動制御に振り切ってますもん。特にトヨタはドイツ病ですから「やっぱり未来はこっちだ!」ってなって「読みは当たった!」とか言ってるんでしょうね、今ごろ。

と思ったら重篤な罹患者はHONDAだった(笑)!エンジン屋がエンジン捨てるなんて(笑)。
| acatsuki-studio | 2018/10/23 6:40 PM |

acatsuki様

楽しく拝読しました。
「ギョッ」は私もよく遭遇します。
・髭剃りに夢中なおじさん
・メイクに夢中なお姉さん
はまだよいほうで、カップラーメンを食べてる人を見たことがあります。信号待ちのタイミングではありましたが…。

ゆるーい教習所で免許をとっても、595の楽しさは分からないでしょう。
ここはacatsuki校長・あお理事長で、新しい教習所を立ち上げましょう。(^^)
・教習車はすべてabarth595(MT)
・教官は皆ヘンタイ
・校歌は、校長自ら作詞作曲
・教習所の食堂では、おいしいトンカツが食べられる!
とか...生徒、たくさん集まるといいなぁ。(笑)
| Tazza | 2018/10/25 11:13 PM |

◇Tazza様
その学校は素晴らしい!!通常のカリキュラムに加え、

・全ての授業の冒頭には10分間の定常円旋回が義務づけられている
・高速旋回、急加速、急停止の追加授業がある
・ワインディングロード実習が必須
・さらに希望者オプションとして簡単な整備実習が8コマ
・優良ストアとの提携でパーツ類の割引販売
・とんかつ食堂はカフェを併設していて、教官も生徒もドリンクフリー

などもいいですね!教官の採用試験がものすごく大変そう(笑)。
| acatsuki-studio | 2018/10/26 12:31 PM |

acatsuki様

高速教習よりも、ワインディングロード実習...素晴らしい!
なんかもう、ある意味、エリート養成校ですね。
入学したいけど、落とされそう。(^^;
せめて、オープンキャンパスには行かせてください。(笑)

運転の楽しさを教える(伝える)場所が増えますように…。
| Tazza | 2018/10/26 11:27 PM |


赤信号無視ノーブレーキの車に側面から突っ込まれた経験のある身からすると(不本意ながら)自動ブレーキは標準装備にしていって欲しいです。もし子供が乗ってたら...ぞっとします。

救急のベッドから起き上がり、かろうじて歩いていた私に対し、突っ込んだ相手が、謝罪に継いで言ったのは「人身にしないでください」でした。
へっ?頭の回っていない私がかろうじて言えたのは「次は自動ブレーキのついた車に乗ってください」でした。
私どうかしてますよね。ええ、頭回らなかったんです。

そういう現実がある以上、極端な意見ですが、重いクルマに甘い基準はやめて、車重に関わらず、追突寸前に一定の運動エネルギー以下(限りなくゼロ)或いは自らがクラッシュしてエネルギーを吸収する制動・車体設計を義務付けてほしいかな。
1t超え60/hの物体がどれほど危険なことかがわからないなら、そうするしか...。自動運転より先に、漫然と運転できない車と教習が大切なのは、皆様のおっしゃる通りかと思います!

| 4832i | 2018/10/26 11:28 PM |

◇Tazza様
そうですね、自動車学校的な、ある意味水際作戦のようのタイミングではなく、もっと若年時から自動車運転の難しさと楽しさを感じる場所があればいいですね…。

夏休み野球教室みたいな態でカート教室やるとか。小学校の「交通安全教室」って歩行と自転車運転のマナー教室じゃないですか。仕方ないしそれも重要なことなんだけど。でも地方都市で自動車無しの生活はある程度不便なので、ヘンタイにならないまでも「自動車運転の機会は今後きっとみなさんありますよねー」の心で、最低限の安全運転マナーと技術は教えてもいいんじゃないでしょうか。中高生とかに。

◇4832i様
コメントを読んでエントリー本文を書いていた時と考えを改めました。ゼロ/100の過失事故ってのは確かに存在しますね。考えてみればalfa_manbowさんのMiToも居眠り運転自動車のカマホリもらい事故での全損でした。私が愛読するあるブログオーナーさんももらい事故で重傷を負われた方です。

それにしてもなー。加害者の一言は想像を絶してます。謝罪することも責任をとることも私は「世の中の仕組み」だと思ってます。それができなければ集団社会で生きていけない最低限の掟。でも4832iさんが遭遇したようなダメ人間が実際にはいるわけですよね、社会には。頭に来るけど何か一定の基準を根拠に人を排除することはできないですから、結論としては確かに自動ブレーキは必要だということになりますね。ユーザーインターフェイス改善である程度リスク軽減はできると漠然と信じてきましたが、その考えを改めます。

クラッシュセイフティというジャンルは、もっともっと研究されてしかるべき分野だということがよくわかりました。ありがとうございます。どうかご安全に。
| acatsuki-studio | 2018/10/27 9:06 AM |

確かに、一瞬の油断が取り返しの付かないことになるということを、もう一度肝に銘じておくべきですね。

以下、遅レスですが

>>Profumoさま
>人間をバカにしてしまう方向
機械で対処するためにはすべてが想定内でなければいけないから、バカジャネーノ?ってことまで想定して手取り足取り介入せざるを得ないって面はあると思います。
それでも想定外が完全になくなることは無いから、機械に全てを委ねるのはどうかと私は思います。でも各個人に任せている現状よりも事故は減るんでしょうから、調度良いバランスを探していかねばならないのでしょうね。

>>acatsuki-studioさま
>「劣化版」と性能的には変わらない「原初版」
私としては性能的な劣化よりも入出力の劣化が問題なのではないかと考えています。
当初は操作もフィードバックも全て人とダイレクトにつながっていましたが、今は機械のサポートの介入のために間にイロイロ挟まってしまっています。それによる恩恵もモチロンたくさんありますが、その介入の仕方が上手くないと途端に運転がつまらないものになってしまうのではないかと。
パワステもABSもギヤのシンクロも何も無い、素の機械を操ってみたいという憧れもあります。……多分三日もたないで「乗ってらんねー!」ってなるでしょうけど(^^ゞ
| alfa_manbow | 2018/10/27 6:38 PM |

◇alfa_manbow様
改めて「素の機械」状態のクルマってものを操作してみて、それでEPSやFBWの恩恵を味わってみたいものであります!!
| acatsuki-studio | 2018/10/27 10:45 PM |










http://withcar.jugem.jp/trackback/1581
+ PROFILE
+ accesses since Dec.2009
+ RECENT COMMENTS
+ 「クルマで行きます」用語集
■プン太郎■
筆者の愛車ABARTH PUNTO EVOのこと。
ブログ本文に「プントエヴォ」と
フルネームで書くと煩わしいので命名。

■顧問■
筆者の友人太郎君のこと。
エンスージアストにしてドラマー。
いろんな意味で筆者の指南役にして
このブログの技術顧問(と勝手に思っている)

■朝練&夜活■
早朝に走りに行くのが朝練。
夜に走りに行くのが夜活(やかつ)。
夜の走行活動の略。
どちらもひとりであてもなく走る。
つまりひたすらクルマとの対話を楽しむ。

■S店長■
筆者のMiTo購入時の担当営業さん。
現在VOLVO仙台泉店の店長。
筆者のクルマ人生を変えた人。
一言で言えばカーガイ。

■EDO■
Eat and Drink Organizationの略。
親友2名と行うツーリング企画の名。
「移動に有料道路は使わない」
「同乗者無しでひとり1台」
「うまいものを食べ、飲む」が掟。

■K店長■
クライスラー・ジープ・ダッジ仙台の店長。
TCT版リリースを機に滑り込みで
MiTo1.4TSportを購入したカーガイ。
カーオーディオ地獄サバイバー。
+ CATEGORIES
+ LINKS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ