クルマで行きます

クルマが好きなことにかけては人後に落ちない。
東北のABARTH PUNTO EVO乗りが綴る、クルマについてのあれこれ。
<< 【再告知】クルマで行きますOFF会#17・タイムスケジュールなど | main | プントエヴォで行く!OFF会下見と3人のG >>
プントエヴォで行く!田舎道オブ・ザ・イヤー2018
| その他のツーリング・夜活など | 20:29 | comments(4) | trackbacks(0) |
またもや下道だけで岩手県は一関市と盛岡市に行ってきた。それには理由があるのだが、その理由の詳細はこのクルマブログにはあまり関係がない。このエントリーで声を大にして言いたいのは、奥州市でK14から分離するR456と土沢から乗るK43は田舎道オブ・ザ・イヤー2018だ、ということだ。

少し思い返してみても、2017-2018年は岩手県に行く機会が多かった。特に2018年に入ってからは初めて下道だけで盛岡に行けた。東北自動車道で盛岡へ向かうとあんなに退屈なのに、下道で行くと美麗な景色や意外やストレスの少ないトラフィックで楽しく走れるというオマケもあった(花巻-盛岡間のK13は除く)。この日も当然下道で盛岡に向かった。一関、花巻、盛岡へ向かう際の宮城県内の田舎道コースを図示してみよう。筆者の中ではすっかり定着した感のある、宮城県大衡村から築館まで、田んぼ恐怖症の人がいたら発狂間違いなしの田園三昧コースだ。
 




残念ながら曇天(築館付近では雨)だったがペースが良いので苦にならない。築館からは工夫もなくR4を北上し、K48で花泉町内へ。ここまでマニアックなコースだとGoogleMapも時間計測データが乏しいらしく、予想時間よりも大幅に巻いて(早く)目的地付近まで来てしまう。JR東北本線・清水原駅で時間調整=仮眠。
 

一関に来た目的は、名うてのギターアンプビルダーが作るBluetoothスピーカーの試聴という、ゴキゲンすぎる用事だった。以下に詳しい。

ordinary/extraordinary
銘木スピーカーを買う


近江銘木(株)の従業員Hさんは
キャデラックCTSセダンに乗る
違うベクトルのエンスーさん。
もっとお話を伺いたかった

近江さんと赤木さんが侃々諤々の議論の上連れていってくれたおそば屋さん「清庵そば処総本家(岩手県一関市滝沢矢ノ目沢73-94)」の天重そばが美味。
 

木の専門家である近江さんが、すぐ近くにある「一関木材流通センター(岩手県一関市滝沢水口105-18)」にも連れていってくれた。これは俗に言う原木市場。材木屋さんや建築関係の職人さんなどが原木を買い付ける市場である。
 

競りの直後だったらしくがらんとしているが、普段はこの10倍の原木が並ぶという。圧巻。アンプビルダーの赤木さんはキャビネットも自分で組み立てる。あれこれ原木をみて音を想像するも楽し。

その後赤木さんの工房で夢のような数時間を過ごし、いよいよ盛岡市へ向かう。幸い岩手県に入ってからは天気は完全に回復し、西日がまぶしい。前回の下道盛岡行は花巻市から東北自動車道・R4の西側を走るK13に乗った。K13にさえ乗ればひたすらまっすぐ走るだけで盛岡に着いちゃうからいいよね!と思ってのチョイスだったのだが、思った以上に整備されていて、物流系トラックの天国となっていた。大失敗だった。しかしでは別の選択肢があるだろうか。一関からはK14での北上がデフォルトだから花巻近辺まではそれで良いとして、問題はその先だ。ざっと地図を見る限りR456などの三桁国道しかないようだ。いや、あるのかもしれないけど初心者にはハードルが高い。なぜなら盛岡にはコンサートを聴きに行くからだ。細い農道に迷い込んだ揚げ句開演時間に遅れるようなヘマはしたくない。しかし岩手県内の三桁国道…。もしかするともみじマークの軽自動車が30km/hで列を成しているのでは…。でもK13を北上するのはどうしてもイヤだ!という消極的な理由で選んだR456とK43だったのだが、あにはからんや、冒頭に書いたとおり素晴らしい景観の田舎道だったのだ。
 





これらはまだK14

最近はあまり書いていないが、とうとう筆者はプン太郎と正しく付きあえる運転姿勢を体得した。ヒントは肩だった。ま、それはともかく、リラックスしていながら高負荷旋回でも身体をきちんとホールドできる体制で運転できるようになったので、このR456以降の道のりは極楽だった。一関を出発したのが15:30過ぎ。10月も半ばとなれば日も暮れるのは早い。暮れてゆく田園風景の中をひたすらマイペースでプン太郎を走らせる。久々に「ドライバーズハイ」を体験。なーんも考えられませーん。ただただプン太郎の操作と視覚情報処理だけに脳みそが占拠される。最高。

ただそういうわけでその美麗な田園風景の写真はぜんぜん無い(笑)。読者諸姉諸兄に申し訳ないと思うとともに、自分自身も残念である。本当に美しい景色だった。しかし花巻市土沢付近でK43に乗る頃には完全に日は没し夜になってしまった。ちょうどこのあたりから盛岡市内へ帰るクルマも増えてくる。R396では明らかにペースが落ちたがイライラするほどではない。盛岡郊外までは順調だった。だがしかしっ!盛岡市内の渋滞がものすごい。R396とR4が交わる南大橋交差点では3回青信号を見送ってもまだ渡れぬ。盛岡に着いたらまず晩ご飯を食べようと思っていたがそれどころではなく、結局目標時間から30分ほど遅れて到着。
 

ローソン花巻東和町店
(岩手県花巻市東和町土沢6区125-1)の
駐車場にて、日暮れ

今回の盛岡の訪問理由は、北田了一さんのコンサート拝聴である。幸い開演時間には間に合った。
 

会場となった「紅茶のみせ しゅん」
(岩手県盛岡市中ノ橋通1-3-15)

ordinary/extraordinary
北田了一・「小唄の会」其の参を聴く

芳醇な2時間を過ごして盛岡を後にする。本当は1泊して北田さんと打ち上がりたかったのだが、「打ち上げ?ないない!サクッと帰るよ」と北田さんは言うし、翌日は朝から現場仕事ということもあり無理せず帰ることにした。こうなると東北自動車道である。ツマラナイ。
 

復路に高速道路を使っているので参考値。
16時間半/394km

年内にもう1度くらい、通常営業中の「紅茶の店しゅん」を訪れたいと思っているが、北田さんに訊くと盛岡は11月23日頃にまずはドカッと積雪する…年があるらしい。やはり仙台よりはかなり早い。仙台在住の筆者の感覚では、ツーリングシーズンはだいたい10月いっぱいで終了。11月はアンコール期間、おまけと考えておく方が無難だ。スタッドレスタイヤも新調せねばならない。さて…。
うぉ、いいドライブですね〜!拙いブログと比べて恐縮ですが、先日の私のドライブ日記と正反対に見えながらも、実は満足度、方向性がなんだか一致していて、とっても嬉しいのです。走行距離も同じくらいですし、ドライバーのアドレナリン濃度も近しい気がしてしまうのですが、気のせいでしょうか。いやいや、何はともあれプン太郎とのデート、いいですね!
| Profumo | 2018/10/16 11:46 PM |

◇Profumo様
満足度、方向性云々よりもですね、わたしゃProfumoさんのブログの文体、話の立ち上がりやオチみたいなもの、なんちゅうか、文章の肌触り的なものがすごーく近しいように思うんです。だからするする読めちゃう。こういうことってあるんですねぇ。

今後も色々なクルマに乗りたいと思いますが、プン太郎を手放して新しいクルマを迎えるのではなく、増車する方向でなんとかならないか…と思っちょります。どんどん肌に馴染んできてます。
| acatsuki-studio | 2018/10/17 10:47 PM |

おぉ、うれしいお言葉ありがとうございます。
増車、がんばれ!応援してます!気持ちだけですけど(笑)。
私は代えてしまうかも、な方向になりつつあります…
| Profumo | 2018/10/18 6:55 PM |

◇Profumo様
代え????????????

目が離せない!!
| acatsuki-studio | 2018/10/18 11:14 PM |










http://withcar.jugem.jp/trackback/1578
+ PROFILE
+ accesses since Dec.2009
+ RECENT COMMENTS
+ 「クルマで行きます」用語集
■プン太郎■
筆者の愛車ABARTH PUNTO EVOのこと。
ブログ本文に「プントエヴォ」と
フルネームで書くと煩わしいので命名。

■顧問■
筆者の友人太郎君のこと。
エンスージアストにしてドラマー。
いろんな意味で筆者の指南役にして
このブログの技術顧問(と勝手に思っている)

■朝練&夜活■
早朝に走りに行くのが朝練。
夜に走りに行くのが夜活(やかつ)。
夜の走行活動の略。
どちらもひとりであてもなく走る。
つまりひたすらクルマとの対話を楽しむ。

■S店長■
筆者のMiTo購入時の担当営業さん。
現在VOLVO仙台泉店の店長。
筆者のクルマ人生を変えた人。
一言で言えばカーガイ。

■EDO■
Eat and Drink Organizationの略。
親友2名と行うツーリング企画の名。
「移動に有料道路は使わない」
「同乗者無しでひとり1台」
「うまいものを食べ、飲む」が掟。

■K店長■
クライスラー・ジープ・ダッジ仙台の店長。
TCT版リリースを機に滑り込みで
MiTo1.4TSportを購入したカーガイ。
カーオーディオ地獄サバイバー。
+ CATEGORIES
+ LINKS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ