クルマで行きます

クルマが好きなことにかけては人後に落ちない。
東北のABARTH PUNTO EVO乗りが綴る、クルマについてのあれこれ。
<< 今さらAL4の話 | main | 40,000km >>
プントエヴォ・たかが1ノッチ、されど1ノッチ
| ABARTH PUNTO EVO | 21:56 | comments(5) | trackbacks(0) |

プン太郎のドライバーズシートを1ノッチ前に出してみた。Cペダルの踏み込みに違和感があったからだ。その結果旋回操作とシフト操作が激変した。より一体感が増した。
 


プン太郎に限った話ではなく、筆者がまだMiToに乗っている頃から、当ブログでは運転姿勢についてエントリーをあげてきた。たかが運転姿勢、されど運転姿勢。ただしその実態は「筆者が運転姿勢を見極めるのが下手」ということに他ならない。そんな姿勢作り下手な筆者ではあるが、その車種固有のベスト姿勢を見つけなければ、クルマ本来の挙動を堪能することは難しいと考えている。プン太郎に乗り始めてまもなく7ヶ月、何を今さら左足の踏み込みの違和感も何もないのだが、気付いた経緯はそれなりに自分で納得できるものだった。

|綺損に腰の固定が甘くて困る
▲キんちょチンクさんからシートパッドを頂戴し,解決
その結果アップライト姿勢が強まり尻の位置がより奥まる
きの結果Cペダルとの距離が心持ち遠くなる
ゥ掘璽醗銘屬1ノッチ前出しした

シートパッドを導入してから、腰が安定するのが嬉しくてより深く座るようになった。腰が安定するから肩甲骨付近の安定にも気を配ることができるようになった。それなのにシートの前後位置は未調整だった。着座するたびに「…ん?Cペダルが遠い??んーでもハンドルとの距離はベストだもんなー」と思っていたのだが、結局それは腰の位置が「奥すぎるから」と考えて尻を少しずらしたりして「なんとなく無かったこと」にしてきたのだった。しかしそのために腰の安定が薄まっていたのだと今なら言える。

シートをたった1ノッチとは言え前に出した事でここまで変わるか!と驚いているのだが、残念ながらハンドルとの距離はベストではなくなった。近い。しかしシートバックを再び寝かせる方向に戻すと、肩甲骨付近の安定が薄れてしまう。テレスコピック調整は最深位置なので、もうこれは仕方ないと割り切った。

で、だ。アップライト姿勢で背中全体と腰が安定すると、旋回時の車両情報がより濃密になる。感じる面積が増えるのだから当然だ。その結果ターンインのタイミングが読み取りやすくなった。脱出時の加速のタイミングも同様。計時したわけではないので数字の差異で語れないが、運転手としては「コーナリング時のキビキビ感が増した」と思う。またシフトノブと身体の距離がさらに近づいたので、シフトダウンがますます楽になった。特に5→4速、3→2速での違いが顕著だ。
 


もっとも前述のとおりテレスコ量が足りずハンドルが心持ち身体に近いことと、シフトノブの動きが滑らかでないことが浮き彫りにもなった。十分に熱が入っても場合によってはシフトダウンにギヤ泣きが発生することがある。結果的に慎重に操作する必要がある。ただ現在の姿勢になったことで、シフトチェンジ動作に余裕が生まれた。早いのもゆっくり目も自在になったように思う。
 


結局これもプン太郎を楽しく操れる「スイートスポット」の範囲なのだろうか。ここに至るまでにずいぶん時間がかかったことであるなぁ。
 

JUGEMテーマ:ABARTH


※これまでアバルト プントエヴォカテゴリーのタイトル頭には「プン太郎」と表記していたが、それじゃプントの情報収集でネット徘徊している人に見つかりにくいんじゃないかと考え直し、今後は「プントエヴォ」と表記していく。ちゃんちゃん。

私もシートポジションは迷走してます(^_^;)
最近はポジションじゃなく、自分の姿勢のほうを疑ってます。
猫背なんで前かがみになりがちで(^^ゞ
背中の中心、心臓をクルマに預けるように意識して乗ると安定するような……
| alfa_manbow | 2018/08/16 11:31 PM |

わかります。わたしはMiToの乗り降りのたびに動かしているので、毎回正解がわからなくて、走り出してからも調整することがままあります。大抵は1ノッチの調整なんですよね。でもそれで大きく変わる。Cべダルを踏んで、膝の伸び具合で判断するのですが、なかなか難しい。しかも、朝は身長が伸びてますよね。なのでなお、微妙に違う気がしてちょこちょこいじります。
悩んだら、前寄りをチョイスしています。そのほうが反応良く運転できてる気がするから。ハンドルは近くなっちゃうのですが、Cペダルもシフトも遠いほうが問題アリだと感じています。サーキットで習ったときは、今運転しているポジションよりさらに前でしたもの。
| Profumo | 2018/08/17 6:37 PM |

◇alfa_manbow様
manbowさんも迷走??猫背は私も同じでして…。だからこそ肩甲骨付近をばしっと支えてくれるととても嬉しい(笑)。

◇Profumo様
そう!そうなんですよ!朝は身長延びてますもんね。だから極端な話、朝と夕方で合わせ直す必要がある…と思っていればちょっとくらい違和感があっても仕方ないか、と割り切れるかなぁと。

>>サーキットで習ったときは、今運転しているポジションよりさらに前でしたもの。

それ重要!!そうなんだ!ちょっと走るくらいの時ちょうど良い前後位置よりももっと前なんだ!!

ちなみに某SNSでペダルパッド、スペーサー的なものを被せるという手もあるよ、とアドバイスいただきました。ペダルそのものを換えちゃうという手もあるし、今のペダルに被せるタイプのものもありますもんね。
| acatsuki-studio | 2018/08/18 12:10 AM |

ドラポジって永遠のテーマかも知れませんね。

テレスコピック、羨ましい〜、流石に我がチンクにはそんな装備無いです。
私の場合、ステアリングホイールをもう少し近くにしたいのですけど、純正じゃスペーサーをかませる訳には行かないですし
かと言って、そのためにアフターのステアリングホイールに替えるのも気が引けます。

今日、近所のABに別な用で行ったのですが、ついでにレカロが展示してあるので、座ってみました。
流石だな〜って思いましたけど、このシートが我がチンクに装着された状態をイメージしましたが、肩のあたりが干渉しそうです。
で、帰る時に改めてABARTH595純正のセミバケットに座って、これはこれでいいじゃん!て納得させました。
| ガキんちょチンク | 2018/08/18 9:48 PM |

◇ガキんちょチンク様
本当に難しいですねぇ。決まったと思うとあとから「やっぱり違う…」となりますし。

ステアリングホイールとの距離も大事ですけど、角度も同じくらい大事ですよね。リム形状から想定するに握る角度はこうじゃないか?と作っていっても、チルト機構の調整幅がそこまで無いとか。残念ですよね。これは設計者が想定する体型とズレてると言う意味だろうから、まぁそこそこ追い込めればあきらめてもしょうがないとも思います。

レカロとかサベルトとかスパルコとかブライドとか(笑)。とにかく社外品にも憧れますが、最近はようやく「純正すげえ!」という視点も持てるようになってきたので、そこは大事にしていきたいですね(笑)。お財布に優しいし(笑)。
| acatsuki-studio | 2018/08/18 11:19 PM |










http://withcar.jugem.jp/trackback/1562
+ PROFILE
+ accesses since Dec.2009
+ RECENT COMMENTS
+ 「クルマで行きます」用語集
■プン太郎■
筆者の愛車ABARTH PUNTO EVOのこと。
ブログ本文に「プントエヴォ」と
フルネームで書くと煩わしいので命名。

■顧問■
筆者の友人太郎君のこと。
エンスージアストにしてドラマー。
いろんな意味で筆者の指南役にして
このブログの技術顧問(と勝手に思っている)

■朝練&夜活■
早朝に走りに行くのが朝練。
夜に走りに行くのが夜活(やかつ)。
夜の走行活動の略。
どちらもひとりであてもなく走る。
つまりひたすらクルマとの対話を楽しむ。

■S店長■
筆者のMiTo購入時の担当営業さん。
現在VOLVO仙台泉店の店長。
筆者のクルマ人生を変えた人。
一言で言えばカーガイ。

■EDO■
Eat and Drink Organizationの略。
親友2名と行うツーリング企画の名。
「移動に有料道路は使わない」
「同乗者無しでひとり1台」
「うまいものを食べ、飲む」が掟。

■K店長■
クライスラー・ジープ・ダッジ仙台の店長。
TCT版リリースを機に滑り込みで
MiTo1.4TSportを購入したカーガイ。
カーオーディオ地獄サバイバー。
+ CATEGORIES
+ LINKS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ