クルマで行きます

クルマが好きなことにかけては人後に落ちない。
東北のABARTH PUNTO EVO乗りが綴る、クルマについてのあれこれ。
<< プン太郎・ギクシャクする時は危ない | main | プン太郎・幻のバッテリー異常アラート >>
なんか違う感・プン太郎カーオーディオ改造後の話
| 車載オーディオを考える | 06:49 | comments(2) | trackbacks(0) |


改造したプン太郎のカーオーディオ環境。早くも「なんか違う感」が。低音域と中音域・高音域を別々のスピーカーで鳴らすことにフォーカスした改造だったのだが、分けた音域がシームレスに繋がっていない感じが拭えない…。



純正ウーファーは
トランク内右側に付いてます


MiTo時代と同じ機材を使って、プン太郎に初めから付いていたFIAT純正ウーファーを有効活用することを優先的に考えた改造だった。自動車内の音響特性は、そもそも音楽鑑賞に不向きだ。エンジン音やロードノイズなどノイズまみれな上に吸音材まみれという環境なのだから。そんな環境でコンテンポラリー音楽を聴こうと思ったら、在る程度は低音域と高音域のブーストはやむを得ない。必要以上にロー(低音域)が強い鳴り方は好きではないが、だからウーファー万歳だったのだが。

ウーファー重視プランのもうひとつの理由は、ドアスピーカーFocal 165CVXの負担軽減だった。このユニット、音質は筆者の好みにドンピシャなのに低音ユニットのヘタりが早い(数年でビビりが発生する)。それはガンガン低音を鳴らしているからではないか…と疑っていた。低音負担を減らして165CVXの延命を図る。それもやはりウーファーありきのプランなのだ。
 


FIAT HIFI SYSTEM!!


改造後、いろいろと調整していたら「ウーファーの出力が小さい」ことがわかった。それもちょっと足りないレベルではなく、「鳴ってる?これ」というレベルで小さかった。そこでまずウーファーに必要充分な音量を出させて、それに合わせてフロント側の音量を絞るようにした。すると当然のことながら、全体の音量は下がる。別に「里美洋と一番星」のショッキング演歌を道行く他人に聞かせたいわけではないが、自分のアドレナリンが出るくらいには音量を稼ぎたいではないか。DEH-970のボリュームはどんどん上がっていったが、なんとか「これ以上の音量はいらん」レベルにはなった。

そこまで追い込んで、冒頭の「なんか違う感」である。低音域はエネルギーは大きいものの波長が長く、高音域に比べれば耳に到達するまでに時間がかかる。増してウーファーはトランクスペースに設置されていて、トランクカバーもかかっている。耳に届くまでのハンデが大きい。その結果音楽から一体感が薄れ、曲によってはグルーブそのものが変わってしまったように聞こえるのだ。
 


以前友人のレコーディングにエンジニアとして参加した際、ドラマーから「必要以上に高音域を強調しないように」とリクエストされたことがある。ライドシンバルやハイハットなどの金物系が強調され過ぎてしまうのが困るという。高音域は低音域に比べて耳に届くのが速い。結果的にドラマーだけが先走っているように聴こえるのがイヤだという。なるほど、高音域を極端に強調したミックスとそうでないミックスをA/Bテストで聴き比べると、音楽のノリが違って聴こえるのだ。

改造後のプン太郎のカーオーディオ環境にも似たようなことが言えるだろう。プン太郎の場合低音域が脚を引っ張っている…と言えばいいのか。そんなわけで、せっかくカットしていた165CVXの低音域を徐々に復活させている。やはり純正ウーファーはほんのちょっとの薬味程度に考える方が良いのかもしれない。

初めまして。
こんばんは。DS3購入検討中のものです。
acatsuki-studioさんのブログは大変わかりやすく参考にさせてもらっています。

香川県在住なので地元にシトロエンがなく、DS3 パルテノンの展示車を見に神戸まで行きました。流石にメンテナンスに通うには長距離なので、翌週岡山シトロエン に行ったところ神戸より見積もり金額が高く予算オーバーとなってしまいました。
その際置いてあった、中古のシック ウルトラ プレステージの色、デザインが気になり、予算内で購入できることもあり、どちらを買うものか悩み中です。
年式は2012年 40000kmのものです。
現在14年目のトヨタ車に乗っていて輸入車購入は初めてです。
DS3、10年くらいは乗れるもの何でしょうか?

もしよろしければご意見お聞かせ願えないでしょうか?
よろしくお願い致します。
| くう | 2018/07/19 11:08 PM |

◇くう様
ようこそようこそ。初めてのコメント大変嬉しく思います。返信を書き始めたらものすごい長文になってしまったので、独立したエントリーにしてみました。どうかこちらをお読みください。

「DS3を購入するならば…・くうさんコメントへの返答」
http://withcar.jugem.jp/?eid=1554
| acatsuki-studio | 2018/07/21 12:58 AM |










http://withcar.jugem.jp/trackback/1552
+ PROFILE
+ accesses since Dec.2009
+ RECENT COMMENTS
+ 「クルマで行きます」用語集
■プン太郎■
筆者の愛車ABARTH PUNTO EVOのこと。
ブログ本文に「プントエヴォ」と
フルネームで書くと煩わしいので命名。

■顧問■
筆者の友人太郎君のこと。
エンスージアストにしてドラマー。
いろんな意味で筆者の指南役にして
このブログの技術顧問(と勝手に思っている)

■朝練&夜活■
早朝に走りに行くのが朝練。
夜に走りに行くのが夜活(やかつ)。
夜の走行活動の略。
どちらもひとりであてもなく走る。
つまりひたすらクルマとの対話を楽しむ。

■S店長■
筆者のMiTo購入時の担当営業さん。
現在VOLVO仙台泉店の店長。
筆者のクルマ人生を変えた人。
一言で言えばカーガイ。

■EDO■
Eat and Drink Organizationの略。
親友2名と行うツーリング企画の名。
「移動に有料道路は使わない」
「同乗者無しでひとり1台」
「うまいものを食べ、飲む」が掟。

■K店長■
クライスラー・ジープ・ダッジ仙台の店長。
TCT版リリースを機に滑り込みで
MiTo1.4TSportを購入したカーガイ。
カーオーディオ地獄サバイバー。
+ CATEGORIES
+ LINKS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ