クルマで行きます

クルマが好きなことにかけては人後に落ちない。
東北のABARTH PUNTO EVO乗りが綴る、クルマについてのあれこれ。
<< プン太郎・エンジンオイル交換_37,339km | main | なんか違う感・プン太郎カーオーディオ改造後の話 >>
プン太郎・ギクシャクする時は危ない
| クルマにまつわる四方山話 | 07:48 | comments(8) | trackbacks(0) |

先に上げたエントリーで、10日代車に乗っただけでプン太郎の運転がギクシャクしてしまったことを書いた。どうギクシャクしたかというと、軽いオーバーステアだったり、旋回終了時にふらふらしたり、シフトダウンが決まらなかったりという、クルマを運転していれば当然何度も行う操作が決まらないとがっかりというか、オレやばいんじゃないかというか、とにかくすっきりしない。
 


先日友人にしてミュージシャンのK君が我が家にやってきた。彼はゴリゴリのインプレッサWRX乗りなのだが、プン太郎を見て「うわー!…いいなぁ」と。試乗を勧めたのだが「いや、そんな、こんなスーパーカーを…」と結局遠慮して乗らずに帰った。ゴリゴリの人にスーパーカーと言われれば悪い気はしない。

プン太郎は決してスーパーカーではないが、普通のクルマとは挙動が少々異なることもまた確か。代車のアテンザGG型を運転して改めて感じたのだが、むしろアテンザこそが一般的な乗用車として「普通」なのだ。プントエヴォ乗りの筆者が「やわやわじゃーん」とあげつらっても、一般人は「きょとん」とするばかり。それだけアバルトのチューンは「ちょっと変わってる」のだろう。

一般的にそうではあっても、MiToを経てアバルト プントエヴォに辿り着いた筆者にとって、プン太郎の挙動のひとつひとつが嬉しいものであることも間違いない。硬くて反応の良い足周りも、クイックな旋回性能も、MiToに乗っている時は「あとほんのちょっとだけ、◎◎なら良いのになぁ」と隔靴掻痒の思いをしていた部分だ。プン太郎のLHD環境に慣れ、あらためてプントエヴォというクルマの全容を把握できた時、「オレが欲しかったのはまさにこれだ!」と思ったものだ。それなのに冒頭に戻る。欲しかったものが欲しかった分だけ手中にあるというのに、このギクシャクっぷりはどうしたことか、自分。
 


ある日その理由が突然わかった。なんと、「疲れていた」のである。ある休日、なぜかどうしても遠乗りに出かける気になれず、スタジオにこもってレコーディングしていた。だが楽器に向かっていても調子が出ず、すっかり滅入ってしまった。気分を変えようと昼食にトンカツを食べたら急に元気になった。その時わかったのだ。「あ、オレ、疲れてたのか!!」と。ややピーキーな特性を持つプン太郎の運転がギクシャクするのもムベナルカナ、だったのだ。

筆者の健康状態は「プン太郎で出かけたい/出かけたくない」で測れるようになってしまった。体力が落ちれば気力も落ちる。気力が落ちれば集中力も落ちる。だから疲れを自覚している時は、運転のあらゆる動作をのんびりやっている。慌てないように心掛ける。「ギクシャク」とは脳みその命令と身体の動作が揃っていない状態だった。仕事帰りの道などが実は危ない。頭は冴えているのに身体の反応が付いていかないという状況は時折体感する。わかっていても冴えている頭の方に身体をあわせようとしてしまうのだ。こういう時は事故の確率も高まっていたはずで、ホントに危ない。若い時分とは違うのだ。
 

JUGEMテーマ:ABARTH

先日の豪雨で残念なことにうちのミトが水没し、泣く泣く買い替えることになったのですが、
次の愛車は色々考えた挙句、AT(DCT)車にすることにしました。
40を過ぎて如実に体力の衰えを感じ、そろそろ肩の力を抜いた車に乗るべきなのではないか、と。

幸いなことにもう一台、旧ジュリアがありますので、運転はそちらで楽しむことにして、普段使いは気楽に行こうかと思ってます。
とはいえ、おフランスのRRを選ぶのは変態のせめてもの意地です…笑
| かねおさ | 2018/07/17 9:25 PM |

◇かねおさ様
もう、なんと申し上げれば良いのか…。とうとうこのブログにコメントくださる方からもクルマ被害が…。んでもまずは命あってこそ。

しかし40代での体力の衰えは、まさに下方放物線!確かにATは楽ですもんね。加えてRRは実に楽しそうで興味深いです。仙台で試乗できるのかなぁ、あれ。とにかく、新しいクルマで新しい生活を楽しんでください!
| acatsuki-studio | 2018/07/17 11:06 PM |

今日まさにそれを体験してきました…
ハンドリングが何故かピシッと決まらないんですよ…
んー、ちゃんと気力体力回復させないとなぁ…

それはそうと、旧七ヶ宿街道から伊達市に出て、そこから国道349号線で阿武隈川沿いに行く路は鉄分も豊富に補給できて素晴らしいですね!

| しげ | 2018/07/17 11:58 PM |

◇しげさん
そうそう、そうなんです、「なぜか」って最初は不思議なんですけどね、ダメダメですよ、もう。こないだなんかクラッチペダル踏まずにギア抜こうとしたりしてがく然としました。

伊達市から丸森方面にR349ってコースですか?あそこは素晴らしいですよね。鉄分は、まぁオレは…(笑)。ただワインディングだから気力・体力が充実している時じゃないと危ないコースのひとつではありますね。そう言えばしばらく走ってない気がする…。丸森、今は超絶暑いですから、もっと涼しくなってから行きます。
| acatsuki-studio | 2018/07/18 6:55 AM |

あぁ、華麗、じゃない加齢による疲労のせいでしたか。しげさんも感じられているなら、こりゃ気をつけにゃあかん。
私も先日信号待ちの時にギアが入ったままでクラッチ離しました。エンストしました。愕然としました。大丈夫か、私?と思いましたが、そうか疲労かもしれない。気をつけるようにします。

むかーし昔、ごりごりの鉄オタの人と付き合ってました。その道もふかーいですよね。その深みにハマっている人を見るのはキライじゃないです。どうでもいいカミングアウトですが。
| Profumo | 2018/07/18 8:52 AM |

◇Profumo様
大丈夫じゃないんですよねー、これが。身体の疲労だけじゃなく脳みその糖分不足でも発生するような気がするんで、ホントに注意が必要ですわ。クルマに乗り込む前に、いったん立ち止まって、身体のあちこちに変に力が入っていないかとか怠くないかとか、意識した方がいいかもしれないです。

マラソンに夢中の親友がいて、東北各地のマラソン大会に週末ごとに出かけて行くわけですよ。奥さんに「おもろい?」と訊いてみたら、食べ物の屋台とかいっぱい出てるからそれほど退屈でもないらしいんですよね。でも鉄な人の彼女や奥さんってどうしてるのかな。乗り鉄なら単なるデートになるでしょうけど、録り鉄や撮り鉄の場合はどうなのか…。どうだったんですか?
| acatsuki-studio | 2018/07/18 12:56 PM |

お久しぶりです、ミトQVも無事10万&#13214;越えましたが元気に走っております。ドライバーの疲れがもろに操作ミスや挙動不審に表れる車と言えば、自分は断トツマツダ RX7(FD)です。やはりあらゆるセッティングが詰め詰めの車は仕方ないかと。近況ですがスティルビオ1stエディション試乗しました。好みではないですが大きさを感じさせない辺りは流石だなあと。また私事ですが年内に車の終活に相応しい壮大な無駄遣いをします。是非追ってお話させてください!ではまた!
| じゅんすか | 2018/07/18 10:13 PM |

◇じゅんすか様
ご無沙汰しておりますー!FDですか、確かにそうだろうなぁという気がします。友人の改造セリカもそうだったなぁ。

壮大な無駄遣い!!??そして終活???気になる単語満載です。続報お待ちしております。
| acatsuki-studio | 2018/07/19 10:09 PM |










http://withcar.jugem.jp/trackback/1551
+ PROFILE
+ accesses since Dec.2009
+ RECENT COMMENTS
+ 「クルマで行きます」用語集
■プン太郎■
筆者の愛車ABARTH PUNTO EVOのこと。
ブログ本文に「プントエヴォ」と
フルネームで書くと煩わしいので命名。

■顧問■
筆者の友人太郎君のこと。
エンスージアストにしてドラマー。
いろんな意味で筆者の指南役にして
このブログの技術顧問(と勝手に思っている)

■朝練&夜活■
早朝に走りに行くのが朝練。
夜に走りに行くのが夜活(やかつ)。
夜の走行活動の略。
どちらもひとりであてもなく走る。
つまりひたすらクルマとの対話を楽しむ。

■S店長■
筆者のMiTo購入時の担当営業さん。
現在VOLVO仙台泉店の店長。
筆者のクルマ人生を変えた人。
一言で言えばカーガイ。

■EDO■
Eat and Drink Organizationの略。
親友2名と行うツーリング企画の名。
「移動に有料道路は使わない」
「同乗者無しでひとり1台」
「うまいものを食べ、飲む」が掟。

■K店長■
クライスラー・ジープ・ダッジ仙台の店長。
TCT版リリースを機に滑り込みで
MiTo1.4TSportを購入したカーガイ。
カーオーディオ地獄サバイバー。
+ CATEGORIES
+ LINKS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ