クルマで行きます

クルマが好きなことにかけては人後に落ちない。
東北のABARTH PUNTO EVO乗りが綴る、クルマについてのあれこれ。
<< プン太郎で行く!屋島西町2018・3日目:屋島西町・ふるさとは遠くにありて思うもの | main | プン太郎で行く!屋島西町2018・5日目:藤沢・雨の名神、伊勢湾岸、新東名 >>
プン太郎で行く!屋島西町2018・4日目:神戸・眼に気持ち良い街
| その他のツーリング・夜活など | 22:15 | comments(5) | trackbacks(0) |

数年来の念願であった香川県高松市へのプン太郎クルマ旅の記録。高速道路での移動ばかりだから、いつものツーリング日記とは趣が異なる。ご了承いただきたい。

1日目:往路前半。金沢泊。
2日目:往路後半。金沢から高松市への移動日。高松泊。

3日目:高松滞在日。今回の旅行の最重要日。高松泊。
4日目:復路前半。高松から神戸へ。神戸観光。神戸泊。
5日目:復路中日。神戸から鎌倉へ。辻堂泊。
6日目:最終日。鎌倉観光。仙台へ。

4日目:2018年6月22日
本日は神戸まで行けばいい。で、高松から神戸までってどれくらいの時間がかかるの…??え??2時間半??そんなに近いの??へー。じゃあゆっくり朝飯を食べようじゃあないか。
 


同じ宿の二日目の朝食なので、
和食にしました。
こっちはこっちで滅法うまい…!



じぶんで茹でて、うどんも食べ放題


あまり早く神戸に着いてもホテルにチェックインできない。そこでこの日の午前中は前日の落ち穂拾い、屋島観光に行くことにした。高松に住んでいた2年間、毎日目の前にあった屋島ではあるが、実はちゃんと観光したことはない。源平合戦の地で歴史的名所なのに。あの頃はロープウェイがあったが、今は「屋島ドライブウェイ」なんて小洒落た名前の自動車専用道路があるという。ほほぅ。さっそくプン太郎で出撃だ!
 


頂上駐車場


源平合戦の古戦場。
「那須与一の扇の的」もここ


昨日訪問した屋島教会幼稚園で聞いた話では、屋島の展望台からも幼稚園は見えるのだという。そんな話を聞いたらそれを確かめずにはいられない(いや、疑ってるわけじゃない)。屋島の頂上駐車場にプン太郎を停め、遊歩道的な周回路を歩く。陽は照っているがへこたれる程の暑さではない。平日の10時なんて時間なので人も少ない。絶景を楽しむ。
 




屋島ドライブウェイも見える




四国八十八箇所霊場のうち84番目の
「屋島寺」



あ!あの赤い屋根はっ!!


無事に幼稚園を目視できたので、引き上げることにする。さらば高松!さらば屋島西町!上陸した日と打って変わって初夏の太陽に照らされながら高松自動車道、神戸淡路鳴門自動車道を神戸に向かって走る。
 




淡路島内を爆走!!


あっという間に神戸


それでもチェックイン時間より前に神戸に到着してしまった。適当なコイン駐車場にプン太郎を停めてデザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)の見学に行く。
 




KIITOは大正・昭和初期に海外輸出する生糸の製品検査を行ったお役所の建物をリノベーションしたもの。筆者の生業の、言わば同業者。いちど訪れてみたかった場所。詳細はリンク先を見ていただきたい。このKIITOまでてくてく歩いた神戸の街もまた美しい。東北の仙台に住んでいる筆者からすると、「モダン」という言葉を実例として見せつけられている感がある。

さて今夜の宿はなんと旧居留地というお洒落エリアにある。ホテルの向かいはバーニーズニューヨークだったりプラダだのグッチだのディーゼルだの、筆者とは1mmも縁のないブランドが密集している地区だ。宿に着いた時は、そのあまりの縁のなさにうへーっと思わないわけではなかったが、見れば見るほどこれらの街区が軒並み美しい。やー、こりゃ驚いた。宿に荷物を置いてすぐに出発。本日の午後はかつて仕事で神戸出張を経験している家人が立案した神戸満喫プラン(笑)。「神戸シティループ」という巡回観光バスに乗る。神戸の見どころを一気に廻れてしまうスグレモノなのだが、半日の時間でゆっくり見ようとするなら狙いを定めて1〜2ヶ所にしておくのが無難。そこで「北野異人館街」に行くことにした。
 




「今も残る異国情緒」とのことだが、アジア圏からの観光客であふれ返っており、その意味では確かに異国情緒たっぷりではある。「萌黄の館」を見学しただけだが、建物と周囲の混とんとした様子のコントラストがとても面白い。歴史的建造物の隣はベランダに洗濯物を干している普通のアパートで、その周囲は日本語じゃない言語の声高な会話で溢れている。本当の観光地ってすげえな。

北野を再びバスで出発し(バスの中も日本人はほとんどいない)、神戸市内をぐるっと回る。港があるかと思えばすぐに山際が迫る独特の地形が面白い。そして何度も書いて恐縮だが、旧いものと新しいものが混在する市内の眺めが眼に気持ち良い。これでも古くから住む人は「阪神・淡路大震災」以降町並みが変わってしまったと言うらしい。残念ながら「その前」を見たことがない筆者には何とも言えないが、市内にはあの地震が発生した時間のまま止まってしまった時計を展示している施設、お店がいくつかあった。その気持ちは同じく大きな震災を経験した仙台に住む筆者にもよくわかる。近年も大きな地震が各地で発生している。今もまだ継続してその被害にあわれている方も大勢いる。どうかめげずに新しい生活を営んで欲しい。

宿の近くでバスを降り、少し早いが晩ご飯にする(何しろ夏至近辺、17時18時でもまだ明るい)。南京町で中華料理というプランを覆し、「洋食」を堪能する手はずである。

「ビーフカツレツ」をキーワードに宿の近くを探したところ、「グリル十字屋」というお店が筆者の琴線に触れた。さっそく入店してみたところ、店内の様子だけですっかりシビレてしまった。チェックのテーブルクロスがかけられたテーブルが整然と並び、天井が高い(というか、1Fのドアを入るとまず階段を数段降りる。お店のフロアは半地下なのだ)。接客も申し分なし。筆者はビーフカツレツ、家人はチキンのフリカッセを注文。







家人が頼んだチキンフリカッセ


どどん!ビーフカツレツ!


わーお



とてもおいしかった。ファミレスに駆逐されてしまった「日本の洋食」を堪能した。大満足である。ではあるのだがちょっとパン成分が足らぬ。神戸と言えば「パン」ではないか。歩いて行ける範囲に気の利いたパン屋さんを見つけられず。代償行為として天下の大丸デパートの地下へ赴き、いくつかパンを購入。ホテルの部屋で食す。

この日プン太郎での移動距離は確とわからない。昼頃に宿の立体駐車場に入庫してしまい、その際距離数を確かめるのを忘れてしまったのだ。高松−神戸間はGoogleマップによれば161kmだという。屋島観光を加えてもせいぜい200km程度だろう。ということでこの旅行の復路1日目はおしまい。


旅行記本編としては以上なのだが、神戸はお金持ちの街。やたらと高級車が走っている。クルマブログだからそこに触れないわけにはいかない。とにかくベンツ、アウディは当たり前、911など何台見たか忘れてしまった。冗談で「あれ、さっきも走ってた個体じゃね?」などと話していたくらいだ。驚いたのはアルファロメオ ジュリアである。神戸市内にいた半日だけで3台も見た。そのうちの1台は紅葉マークと初心者マークを貼っていた。お年寄りの運転初心者がいきなりジュリア??誰か止めろよ!!アストンマーティン(DB11じゃなかった)とランボルギーニ アヴェンタドールが路上駐車する街・神戸。ジュリアくらいは普通なのかもしれない…。大丸デパート付近ではドンカーブートまで!実車を初めて見た。思ったより大きく、写真で見るよりかっこいい。



この手の形だと
ついセブンくらいの
大きさを想像してしまうが、
後ろのハイエースと
比較してみてくださいな。
でもこれ、
ドンカーブートじゃないのかな??


いやー驚いた、外車天国だなぁ…と宿に戻ってきたらあらびっくり。「ランボルギーニ神戸」を発見。発見もなにも宿の隣の隣だった!思わず記念撮影。もちろん中に入る勇気はなし(笑)。
 


ガヤルドLP550-2を1台もらおうかな、うん。
色はあの例のグリーンがいいね、うん。
と言える甲斐性がほしい

はい、毎日暑いですね。こちらは間もなく台風直撃です。

「バーニーズニューヨークだったりプラダだのグッチだのディーゼルだの、筆者とは1mmも縁のないブランドが密集している地区だ。」

仙台で言う青葉通り&#12316;アーケードのあたりだと思えばなんともないとおもい…ます、たぶんw

讃岐うどん食い放題も魅力的ですなw
おなじ日本三大うどんの一つの稲庭うどんは湯沢まで行けば食えますが、食い放題なんてところあったかな。

神戸は仙台からスカイマークの直行便(ミニスカ制服は終了しております)で1時間くらいで行けますから、日帰りで「グリル十字屋」さんも再訪しやすいでしょうね。

P.S
『お客様には最近発表されたペルフォルマンテがお似合いかと存じます。』

| じゃる@奄美 | 2018/06/29 11:15 PM |

神戸といえば、前川清。
そういえば、しげさんの500はその後どうなのかなぁ…と思いながら、拝読しました。
もう20年以上も前、兵庫から東京に一泊しつつ、クルマで宮城に戻ってきたことがありました。浜名湖でうなぎを食べたことしか覚えていません。(^^;
次のブログを楽しみにしています!
| Tazza | 2018/06/30 10:00 AM |

◇じゃる様
え?空路で1時間??どっしぇー。そういう問題じゃねぇっ!でもそれやりたい。

まぁグッチもプラダもオレには関係ないですが、ディーゼルくらいは何か持っててもいいかもですね。

ウラカンよりも、例え乗りこなせなくても、ガヤルドの後輪駆動のがいいです!

◇Tazza様
神戸と言えばもちろん前川清。まぁ歌の題材になるのも頷けます。良い雰囲気でしたもん(笑)。オレも浜名湖でうなぎを食べるつもり満々だったのですが…。
| acatsuki-studio | 2018/06/30 11:27 PM |

神戸と言えば、六甲山。
山坂道はチョッピリもなしでしたか。
| hoshinashi | 2018/06/30 11:46 PM |

◇hoshinashi様
いやいや、とてもそんな余力はありませんでした(笑)!
| acatsuki-studio | 2018/07/01 12:12 AM |










http://withcar.jugem.jp/trackback/1542
+ PROFILE
+ accesses since Dec.2009
+ RECENT COMMENTS
+ 「クルマで行きます」用語集
■プン太郎■
筆者の愛車ABARTH PUNTO EVOのこと。
ブログ本文に「プントエヴォ」と
フルネームで書くと煩わしいので命名。

■顧問■
筆者の友人太郎君のこと。
エンスージアストにしてドラマー。
いろんな意味で筆者の指南役にして
このブログの技術顧問(と勝手に思っている)

■朝練&夜活■
早朝に走りに行くのが朝練。
夜に走りに行くのが夜活(やかつ)。
夜の走行活動の略。
どちらもひとりであてもなく走る。
つまりひたすらクルマとの対話を楽しむ。

■S店長■
筆者のMiTo購入時の担当営業さん。
現在VOLVO仙台泉店の店長。
筆者のクルマ人生を変えた人。
一言で言えばカーガイ。

■EDO■
Eat and Drink Organizationの略。
親友2名と行うツーリング企画の名。
「移動に有料道路は使わない」
「同乗者無しでひとり1台」
「うまいものを食べ、飲む」が掟。

■K店長■
クライスラー・ジープ・ダッジ仙台の店長。
TCT版リリースを機に滑り込みで
MiTo1.4TSportを購入したカーガイ。
カーオーディオ地獄サバイバー。
+ CATEGORIES
+ LINKS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ