クルマで行きます

クルマが好きなことにかけては人後に落ちない。
東北のABARTH PUNTO EVO乗りが綴る、クルマについてのあれこれ。
<< プン太郎・シートクッション固定の妙案が発見される | main | プン太郎で行く!屋島西町2018・1日目:金沢『時雨るるや 金沢片町 倫敦屋』 >>
俗・DS3に懺悔せよ
| CITROEN DS3 | 22:19 | comments(5) | trackbacks(0) |

家人の愛車シトロエン DS3のタイロッドエンドとラックエンドを交換した。作業が終わってから明細を見て初めて理解したのだが、交換したのは左側だけであった。

シトロエン DS3 デヴュー・セリ ステアリングロッド交換_98,791km

ステアリングロッドキット 0003812F6 *1 8,900円
BALLJOINT KIT LH 0000381792 *1 8,800円
NUT 00004010F5 *1 300円

交換技術料 8,000円

消費税 2,080円

合計 28,080円

少し前のエントリー「DS3に懺悔せよ」には書かずにいたが、実は今回の入庫前に驚くべき1件があった。「タイロッド、ラックエンドの現物写真をよこせ」と、なんとプジョー・シトロエン・ジャポン株式会社が言ってきたのだ。前述エントリー中で報告している12ヶ月点検の翌日、シトロエン仙台のSさんより「タイロッド付近の写真ってありませんか?」と家人に電話があった。確かに我々ヘンタイなら撮っていそうだしSさんの目の付け所はスルドイのだが、生憎家人も筆者も足周りの当該部品を接写した画像は持っていなかった。結局「部品特定のための写真撮影」のために、家人は再度シトロエン仙台を訪れることになった。
 


筆者が撮影していたDS3の足周り画像といえば
こんなのしか…



これはリアだし…


しかしそんなことがあり得るのだろうか。いくら中身が当時の主力モデル、プジョー 207/シトロエン C3という量販モデルだとしても、シトロエンから鳴り物入りで登場したDSライン最初の製品DS3の、しかも販売促進モデルであり限定商品だったのだ。インポーターがその部品を特定できないなんてことがあるのか??

2018年6月のある月曜日、交換のために日帰り入院するDS3に筆者もプン太郎で付いていった(足のなくなった家人をピックアップするためだ)。せっかくだから「インポーターが限定モデルの部品を特定できないってことがあり得るのか??」とサービス担当者に詰め寄ってみた。するとシトロエン仙台の店内にいた営業さん3人くらいが顔を見合わせて「同時期に製造されていたモデルでも、あり得るんですよ、これが」と(笑)。詳細は筆者も確と理解できなかったが、同じプラットフォームを流用し、複数ブランドの複数グレードを仕立てるという理由がひとつ。年次改良的なマイナーアップデートが頻繁に行われるという理由がもうひとつ。ステアリングロッドの前端と後端でもそういうことが起こるらしく、いざ交換用パーツを取り寄せてみたら取り付けられないなんてことがあるという。複数ブランドの複数モデルを仕立てるなんて、パーツを共有化して今回のようなトラブルを減らすこともそのメリットじゃないかと思うのだが、フランスでは違うらしい。

事ここに至り筆者は悟った。グループPSAが製造する車両を平穏無事に寿命を全うさせるなら、もっともっと神経質に予防メインテナンスを実施するしかないのだ。家人のようにやばいですよ宣言されたブレーキを1年1万km放置するとか、定番トラブル化しつつあるから、今は何ともなくてもソレノイドバルブシールは交換した方がいいですよというオススメを、ガン無視しているようではダメなのだ。

プジョー 207やシトロエン C3の、BMWとPSAが共同開発した1.6lエンジンとAL4を積んだすべてのモデルにお乗りのオーナー諸氏に慎んで申し上げたい。






















先手必勝。
 

JUGEMテーマ:CITROEN

変換ミスは・・・まぁおいておいて
トヨタの純正部品でもそんなことがあるみたいです。
どの部品か忘れましたけど、車種も多いし、仕様も多いので、品番だけでなく、写真も必要な場合があるようです。
いずれにしても、大事に至る前に早期発見、早期治療はクルマでも必要な事ですね。
| ガキんちょチンク | 2018/06/22 7:11 PM |

◇ガキんちょチンク様
天下のトヨタでも起こりますか!!トヨタでもPSAでも、改善されることは良いことですが…。今回は緊急性も緊迫性も低い案件でしたが、発注でもつまづき部品入荷も思ったより時間がかかったんです。動く/動かないに直結のパーツだったらちょっと困っただろうなぁと思った次第です。

変換ミス…、「続」のことでしょう。これは「さよなら絶望先生」というマンガ作品がアニメ化/シリーズ化された際の表記ルールなのです。

http://king-cr.jp/special/zetsubou_series/
| acatsuki-studio | 2018/06/23 8:07 AM |

天下のトヨタでも内情は結構お粗末な事もありまして・・・
ただ、部品の入荷に時間が掛かる事はまずないです。
輸入車の場合、最悪本国オーダーになる事もありますからね。

我がチンクも入院しているのですが、FCAジャパンのパーツセンターの引っ越しとかで、部品が入荷せず2週間もかかってしまいました。
トヨタでしたら、ディーラーさんが営業中に引っ越しをするなんてことは絶対ないですけどね。

変換ミスの件、恐れ入ります。
タイトルですので、変換ミスではないとも思ったのですが、自分の事は棚に上げて、どうにもモヤモヤしていました。
大げさに言えば、「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」ですね。
| ガキんちょチンク | 2018/06/23 7:43 PM |

メーカーより、
「このパーツを作ってね。仕様はこれ」
とパーツサプライヤーにオーダーすると、仕様さえ遵守
していればOKということで、ロット(サプライヤー)毎
に形状が異なる部品が出てくるというのは、電気の配線
関係を中心に良くある話らしいです。いかに安く同じ
性能のパーツを製造出来るかということですね。

「先手必勝」

深いなぁ。昨年暮れの乗り換え大作戦で懺悔したいこと
がDS3と206SWS16にもあります。クリスチャンじゃない
けど。
| あお | 2018/06/23 7:51 PM |

◇ガキんちょチンク様
FCAジャパンのパーツセンター引っ越しって、どんだけそっちの事情なんですか(笑)!災難、同情申し上げます。

ブログのタイトルは、なるべく引っ掛かりの多い方がいいので、つい(笑)。

◇あお様
>>仕様さえ遵守していればOK
あ、そういう事情もあるのかもしれないですね。プジョーは内製が多いと聞きますが、シトロエンはどうなのか…。それにロッドまで内製はしてないだろうなぁ(笑)。

ちなみにK店長とわたしの間では、あおさんのマメなメインテナンス、売り時買い時の見抜き方は、すでに神格化に近いものがあります。
| acatsuki-studio | 2018/06/23 10:53 PM |










http://withcar.jugem.jp/trackback/1538
+ PROFILE
+ accesses since Dec.2009
+ RECENT COMMENTS
+ 「クルマで行きます」用語集
■プン太郎■
筆者の愛車ABARTH PUNTO EVOのこと。
ブログ本文に「プントエヴォ」と
フルネームで書くと煩わしいので命名。

■顧問■
筆者の友人太郎君のこと。
エンスージアストにしてドラマー。
いろんな意味で筆者の指南役にして
このブログの技術顧問(と勝手に思っている)

■朝練&夜活■
早朝に走りに行くのが朝練。
夜に走りに行くのが夜活(やかつ)。
夜の走行活動の略。
どちらもひとりであてもなく走る。
つまりひたすらクルマとの対話を楽しむ。

■S店長■
筆者のMiTo購入時の担当営業さん。
現在VOLVO仙台泉店の店長。
筆者のクルマ人生を変えた人。
一言で言えばカーガイ。

■EDO■
Eat and Drink Organizationの略。
親友2名と行うツーリング企画の名。
「移動に有料道路は使わない」
「同乗者無しでひとり1台」
「うまいものを食べ、飲む」が掟。

■K店長■
クライスラー・ジープ・ダッジ仙台の店長。
TCT版リリースを機に滑り込みで
MiTo1.4TSportを購入したカーガイ。
カーオーディオ地獄サバイバー。
+ CATEGORIES
+ LINKS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ