クルマで行きます

クルマが好きなことにかけては人後に落ちない。
東北のABARTH PUNTO EVO乗りが綴る、クルマについてのあれこれ。
<< プン太郎・棚からポテンザ | main | プン太郎で(また)行く!・花巻K37とK49 >>
ポテンザRE050A・「あぁ、高くて良いタイヤって、素晴らしい…!」
| パーツ/グッズ | 00:21 | comments(16) | trackbacks(0) |

 

プン太郎前オーナーさんチョイスの「ほとんど新品ブリヂストン ポテンザRE050A」の実力を味わうために、仙南(仙台市に隣接する南側一帯をそう呼称する)あたりを走ってきた。本エントリーの主題、タイヤインプレッションのために赴いたのだが、タイヤの構造の無理解が祟り、ほんわかしたものしか書けない。すみません。まぁほんわかした内容はいつものことなのだが。

 


さて筆者の最大の関心事は、くたびれきったスタッドレスタイヤの頼りないグリップ能力と比べて、ポテンザがどれほど鮮やかにプン太郎のコーナリングを手助けしてくれるか?ということだった。低グリップの6年オチスタッドレスタイヤに辟易していたので。しかし履き替えて最初に感動したのはグリップ能力ではなく快適性だった。直進性の高さ。ロードノイズの低さ。そういう部分だ。プン太郎は納車時6年オチスタッドレスタイヤを履いた状態だった。従ってそれと比べても始まらない。だが筆者の知識の中で比較できるノーマルタイヤは、MiTo時代に筆者が馴染んだ安タイヤ、マランゴーニ MythosとATR Sportの2銘柄のみ。MiTo納車時に付いてきたミシュラン Pilot EXALTOという欧州タイヤも体験はしているが、もはや記憶の彼方である。乱暴にもほどがあるが、自分の体験に正直に書き進むと、これらと比較せざるを得ない。ご容赦いただきたい。

改めて比較するために過去タイヤの印象を大ざっぱに書くと、硬くひたすら踏ん張るMythosと、変形して負荷をいなすATR Sport、である。ポテンザはその文脈で言えばちょうど中間という印象で、サイドウォールは盤石だがつっぱるわけではなく、上下の入力はしっかり吸収する。これまでプン太郎の脚周り全体の印象を「入力は受けるしドライバーに伝えるが、収束させる速度が滅法速い」と書いてきた。これは主にダンパーとスプリングのチューニングの妙だと理解しているが、ポテンザを履いたことでその一連の動作が、よりくっきりと体感できるようになった。例えるなら最大限に拡大しても細部までぴたりとフォーカスが合っている写真のようで、それは拡大しない状態で見ていても目に気持ち良い。こういう変化はすぐに身体に馴染んでしまうけれど、いざ環境を変えるとボディブロウのように効いてくるはずだ。

一方グリップ能力はどうか。今回走ってきたコースの一部をGoogle Mapに落とし込んでみたので、お時間のある方は別ウィンドウで見ていただきたい。
 


市街地と長閑な県道とライトな峠道の組み合わせである。特に楽しみだったのは名取市の垂水ダムから仙台市の菅生(SUGOサーキットがあるところ)、村田町と川崎町を経て仙台市秋保温泉に抜ける区間。天気は晴れ、気温は10度代、路面はドライ。まさにタイヤのチェック日和だった。まずは自宅から仙台市生出(おいで)を経てお隣の名取市に入るあたりまでの市街地運転で快適性を再確認。ロードノイズの低さはこれまでに体験したノーマルタイヤの中でも随一。スタッドレスタイヤとの比較はナンセンスだが、冬期と比べ室内の静かさが余計に身に染みる。先に進み名取市熊野堂あたりからの峠道(上掲マップに示した区間)に入ると、グリップ能力の高さもはっきり確認できた。サイドウォールの変形は少ないと思うが、筆者の感知能力が足りずはっきりわからない。しかし単に硬くて変形しない、あるいは刺々しい硬さではない。これら印象をひっくるめ、ポテンザRE050Aは筆者の好みにドンズバな良いタイヤだった。「あぁ、高くて良いタイヤって、素晴らしい…!」とうっとりしてしまう。頭の悪い感想ですみません。
 


垂水ダムによる
まさかの自己紹介





K31からK119へ抜ける農道の途中で


で、K119の支倉郵便局付近の
定点観測地点



K14に乗りました


今日も蔵王がきれいだぜ


明らかにオーバースピードでコーナーに飛び込んでもスキール音がしない。だからグリップ能力は基本的に高いのだろう。快適性とグリップ能力が高次元でバランスしている。同時に引き締められた脚周りを持つプン太郎にはベストマッチなのではないか。こんな良いタイヤを体験してしまうと、次もこういうタイヤを履かせたくなってしまうだろう。罪なタイヤだぜ、まったく。





釜房ダム湖畔の定点観測地点


ハイパーあにまる君の助言に従って
フロントタイヤに角度を付けてみました



3時間半/97km

ポテンツァ、自分も悩みましたが、アウトレットで見つけたミシュランPSSにしたんでした。
アテンザにはコンフォートタイヤがベストマッチとも言われたのですが、PSSの高いグリップ性を一度味わうと元に戻れそうにありません。
燃費は明らかに下がりましたがσ^_^;
500の方は今ATR SPORTですが、高いラジアルタイヤ履かせたらどうなるのか興味はあります。
あ、5月のオフ行けるようなら、多分KONI脚とスポイラー、スペーサーが付いてきます!
| しげ | 2018/03/30 5:53 AM |

◇しげ様
んじゃ来るしかないじゃん(笑)!!

自分の中でもミシュランはトップブランドだったんです。まぁ高いタイヤ、ミシュランしか体験したことがないとも言いますが(笑)。
| acatsuki-studio | 2018/03/30 7:14 AM |

>akatsuki様

行くっきゃないか!
出勤日だけど…休んじゃえ!!( ̄∇ ̄)
| しげ | 2018/03/30 10:56 PM |

RX-8に乗ってた頃に 親父と資金を出し合ってポテンザRE050を履かせてみたことがありました
確かにグリップは凄かったのですが、おいしい期間は1万kmちょっと 1年後にはツルツルになってしまって雨の日に交差点でスピンしたのを覚えてます
整備士の友人曰く「ポテンザは消しゴムタイヤだからそんなもんだよ」と
| ヴェスペ | 2018/03/30 11:43 PM |

連投して申し訳ないのですが、Mitoの引き取り先が決まりそうです
(Mitoを手放すのは まだ半年以上先の予定ですが…)
馴染みの喫茶店のマスターの娘さんが「MTのアルファロメオに乗りたい」と言ってるそうなので
| ヴェスペ | 2018/03/31 12:05 AM |

◇しげ様
私はこのブログで、個人の生産性は上げているが社会の生産性は下げているのかもしれない…。

◇ヴェスペ様
マランゴーニも消しゴムって言われてます。1万kmでツルツルになるなら、今年の冬にはつるっつるってことですね(号泣)。

「馴染みの喫茶店のマスターの娘さん」という関係性だけでもう泣きそうです。
| acatsuki-studio | 2018/03/31 12:22 AM |

> akatsuki様
いえいえ、生き甲斐を与えて頂いておりますので!

>ヴェスペ様
RE羨ましいです!
PSSは2〜3万キロと言われているようなので、来年くらいまでは持ちそうです(笑)
| しげ | 2018/03/31 1:09 AM |

> acatsuki様
当時はよくワインディングを走り回ってたので、普段使いする分にはもう少し長持ちするかもです

喫茶店のマスターも過去には75や155を所有してた人なので、娘さんがアルファ欲しがるのは英才教育の賜物だなって…
(家族で旅行中に75が動かなくなって 電車で帰ったりしたこともあったそうです)


> しげ様
RX-8はいい車だけど中途半端な車でもありました 正直RX-7が羨ましかったです

ケイマンはミシュランのポルシェ専用タイヤを履かせてますが、表示サイズより明らかに幅が広いです
Mito(FF)とケイマン(MR)では重量配分やブレーキ時の荷重が違うのでしょうが、ケイマンの方がタイヤが長持ちしてます(泣
| ヴェスペ | 2018/03/31 7:15 AM |

◇しげ様
そうおっしゃっていただけると、おかげさまで図に乗りそうです。

◇ヴェスペ様
当家も英才教育を施しているつもりですが、実際に長女長男がクルマを買うまでは気を抜けません。ちなみに長男はBMW Z3の中古車を買うつもりらしいです。15歳。

ポルシェ専用タイヤはコンパウンドの配合とかも特性に合わせているのかも、ですね。
| acatsuki-studio | 2018/03/31 7:38 AM |

なんですと、BMW Z3はあきまへん。ちゃんと目ぇ肥えさせていただかんと。私のSpiderの美しさ、見せたります。まだきてないけど。
| Profumo | 2018/03/31 9:04 PM |

プン太郎君の脚回りとの相性がイイみたいですね。
ただ、このタイヤの経験上、割と早い段階で賞味期限が迫ってくる感もありましたので、引き続き注視してみてください。
| little red sherbet | 2018/03/31 10:38 PM |

◇Profumo様
オレにとってミュージシャン・プリンスは神なんですけど、1999年頃、プリンスZ3に乗ってたんですよねぇ。嫌いになれない…。

◇little red sherbet様
なんだ!lrsさんからも消しゴム宣言!!こんなに気持ち良いのに…。
| acatsuki-studio | 2018/04/01 12:10 AM |

御子息はBMW/Z3をご所望ですか…
私も高校生ぐらいの頃にはBMWにお熱だったりしました
(Fw-190Aに搭載されたエンジンのメーカーだから好きになったというミリオタ&厨二病的な理由から)

Z3はかなりピーキーな車だと聞いてるので、ライトウェイトスポーツ中興の祖のユーノス・ロードスターをオススメしたいと思います

結局フィアット・BMWの両社はマツダ/ロードスターに性能・官能・商業の全ての面で蹴散らされて、ライトウェイトから逃げ出した後に 褌を借りる(バルケッタ→124) か高級路線に移行する(Z3→Z4)かしてますしね
| ヴェスペ | 2018/04/01 12:14 AM |

◇ヴェスペ様
当然のことながら、「そんならロードスター買った方が絶対いいって!」と私は言いましたが、まぁ息子にもBMW、それもZ3を選ぶ理由はあるのでしょう。失敗しないとわからないことだらけの世の中ですので、クルマ選びくらい1度や2度失敗しても誰の迷惑にもなりませんし(笑)。それにProfumoさんへの返信に書いたように、私にとってもZ3(と850i)は特別なクルマなので、「買ったら運転させてね」と言っています(笑)。
| acatsuki-studio | 2018/04/01 12:25 AM |

消しゴムというのもありますけど、下降曲線が加速度的に、つまり私の場合がそうだったんですが、かなり溝を残した段階でもう交換したくなる、というようなことですね。そういうわけで要経過観察かと。
| little red sherbet | 2018/04/01 10:22 PM |

◇little red sherbet様
なんじゃあそりゃあっ!
| acatsuki-studio | 2018/04/01 11:01 PM |










http://withcar.jugem.jp/trackback/1509
+ PROFILE
+ accesses since Dec.2009
+ RECENT COMMENTS
+ 「クルマで行きます」用語集
■プン太郎■
筆者の愛車ABARTH PUNTO EVOのこと。
ブログ本文に「プントエヴォ」と
フルネームで書くと煩わしいので命名。

■顧問■
筆者の友人太郎君のこと。
エンスージアストにしてドラマー。
いろんな意味で筆者の指南役にして
このブログの技術顧問(と勝手に思っている)

■朝練&夜活■
早朝に走りに行くのが朝練。
夜に走りに行くのが夜活(やかつ)。
夜の走行活動の略。
どちらもひとりであてもなく走る。
つまりひたすらクルマとの対話を楽しむ。

■S店長■
筆者のMiTo購入時の担当営業さん。
現在VOLVO仙台泉店の店長。
筆者のクルマ人生を変えた人。
一言で言えばカーガイ。

■EDO■
Eat and Drink Organizationの略。
親友2名と行うツーリング企画の名。
「移動に有料道路は使わない」
「同乗者無しでひとり1台」
「うまいものを食べ、飲む」が掟。

■K店長■
クライスラー・ジープ・ダッジ仙台の店長。
TCT版リリースを機に滑り込みで
MiTo1.4TSportを購入したカーガイ。
カーオーディオ地獄サバイバー。
+ CATEGORIES
+ LINKS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ