クルマで行きます

クルマが好きなことにかけては人後に落ちない。
東北のABARTH PUNTO EVO乗りが綴る、クルマについてのあれこれ。
<< ずずずっ | main | 今さらながら、タイヤ空気圧 >>
プン太郎で行く!釣石神社へ行かねばならぬ
| その他のツーリング・夜活など | 22:41 | comments(8) | trackbacks(0) |

中学3年生の息子が高校を受験する。お守りを買ってやることを思いつく。時を同じくしてたまたま石巻の「釣石神社」を知る機会があった。落ちそうで落ちない巨石!ウェブサイトで所在地を確認。すぐ脇のR398を何度も走っているのに気がつかなかった…。宮城県の内陸を県道メインにくねくね走り、合格お守りを買ってくる。素晴らしいツーリングプランである。このプランを思いついた段階で県道ツーリングが主目的に脳内変換された(笑)。

ところが。ところが、である。天気がよろしくない。朝からすごい強風。昼前には降り出すらしい。しかし息子の受験日程を考えるとこの日行かねば受験に間に合わない。ま、雨のドライブもまた楽し、だよね!の心で自宅を出発。走行ログを取っていないが、この日のメインディッシュは大和町-大郷町から大崎市鹿島台まで抜ける東西に横切る広域農道がその1。大崎市と美里町の境にあるK151で石巻市内まで抜けるのがその2である。
 


大和町内を爆走!


その1の広域農道がやっぱりすばらしい道だった。案の定ほとんど交通量がない。左右の緩いコーナーと軽いアップダウン。出がけに寄ったガススタンドでタイヤの空気圧をチェックして揃えたので(揃ってなかった!)、主に足周りの挙動を確かめつつ爆走。いやー、これで晴れてりゃもっと気持ちよかったろうなぁー。
 


その2のK151は田んぼの中を数km走る直線路。「これがパースの消失点かぁ…」と思わずつぶやきたくなるような真っすぐっぷりである。途中旭山県立公園の脇を通って戦慄の思い出が蘇ったりしたが(笑)、無事に石巻市内へ抜ける。R108からの曲がり角をひとつ勘違いしてお目当てのK257に乗り損ねてしまった。ずこー。仕方なくR108-R45を、しかも一番混み合う区間をノロノロ進む。「道の駅上品(じょうぼん)の郷」でひと休み。身体が持っていかれるほどの強風が吹き続けている。
 


果てしない。
ここは宮城県・K151



上品と書いてじょうぼん!
なぜなら上品山のふもとにあるから!


この上品の郷を出発するタイミングで雨がいよいよポツポツと降り始めた。あまり強くならないといいなぁと願いつつR45から北上川北岸のK197とK64を爆走。南岸のK30を走ったことは何度かあったが、こちらはお初。川と葦が生える土手しか見えないもの寂しい道だ。風と雨という気象条件もあったと思うが、「彼岸」という言葉を思い浮かべずにはいられなかった。願い空しく雨足はどんどん強くなる。

河口へ近づきようやくR398に合流すると、護岸工事車両(主にダンプトラック)がバンバン走っている。またそれらは泥濘地から舗装路に進入してくるので、雨の影響もあるが道路は泥だらけである。こうなるといっそ清々しい(笑)。盛大に泥を浴びながら釣石神社を目指す。

釣石神社はR398に面しておらず、一段下がった土地に鎮座ましましている(R398から見えるのだが)。神社に降りる進入路を工事車両用出入口と勘違いして通り過ぎてしまう(だってダンプが立て続けに曲がっていくからさー)。後続車もあり迂闊に停車できない。仕方ないのでさらに河口まで走り、工事車両誘導員のおじさんと問答の末迂回路を教えてもらい、かなり遠回りをして釣石神社へ到着。すごい強風と雨である。
 


釣石神社


東日本大震災でも
びくともしなかった巨石。
「なかなか落ちない」ことから
受験の合格祈願が引きも切らない



この階段、マジできついです


無事にお参りを済ませてお守りを買う。寒い。凍えてプン太郎に乗り込み、帰路を検討する。地図帳に登米市津山へ抜けるK64を発見。クネクネ具合から峠道と推察。いずれにしても帰路は三陸自動車道を利用することになろう。桃生津山ICが一番近い。いざK64へ。
 


この画像でK64が
どれくらい最高か
察してください



K64の途中にある「追分温泉


思ったとおりこのK64がナイス県道。勾配も強くない。残雪や凍結を警戒したが結果的にそれは杞憂だった。途中追分温泉なる温泉旅館を通り過ぎる。ここの駐車場に旅館関係者のものとみられるクラシックカーを発見!
 


DATSUN フェアレディ!
2台後ろにあるのはBMWのはずなんだけど…
※じゃるさんの調査で
フォード アングリア」と判明!


トヨタ スポーツ800!
 

そんなサプライズがありつつ、無事に道の駅津山もくもくランドへ到着。時刻は12:30頃。あまり空腹ではない。さてどうするか。というところで仙台市の定義山・門前喫茶Norahを思い出す。スープランチ、食べたいなぁ。しかしこの天気の定義山である。まさかの臨時休業を心配して電話してみる。「acatsuki-studioですけどー。今日ってやってます?」「あったりまえじゃないですかー」ということでNorahの訪問が決定。

 



 


登米市から仙台市太白区定義まではなかなかの距離だが、実は帰路同然である。つまり定義山までの道のりの途中に我が家があるのだ。16時閉店に間に合わせるため、最短距離で西進。三陸自動車道・桃生津山ICから鳴瀬奥松島ICへ。K60、K241、K9などを走り継ぎ、R457で仙台市内へ戻ってくる。七北田ダムから大倉ダムへの名も無き道(MiToにトドメを刺したあそこ)を経由してK263に乗り、14:00過ぎに無事Norahに到着した。
 




カウンターの先客としていらしていたパントマイマーのMさんを紹介される。筆者の友人の友人…くらいの、実はお名前は何度も伺ってます的な方だったので、お会いできて嬉しい。居心地の良いカフェが概ねそうであるように、Norahも様々な人々の出会いの場となっているようだ。こういうお店に出入りできるのは人生の幸である。
 




じゃがいものポタージュスープ


釣石神社、息子が合格したらお礼のために再訪しなければなるまい。その時はぜひ晴れているといいなぁ。
 


7時間/223km

 

JUGEMテーマ:ABARTH

御子息さま、もう受験生になったんですね。

ヨタハチからダットサンから現在では稀有な旧車に相見えたのでしょうからきっと御利益があるとおもいます。

天気が良ければもっと楽しいカントリーロードだったのに。

p.s
私事ですが、MiToの負担減と実家の仕事用に中古MCCスマート(450の軽登録)買いました。まだ納車してませんけど。

チョロQみたいなんですが左ハンドル仕様のため、そのうち左ハンドルで呑みますやりましょう(笑)
| じゃる | 2018/03/09 1:54 PM |

◇じゃる様
時の流れは早いです。あのヨタハチの後ろにいたBMWは型番がどうしてもわからなくてイライラします(笑)。

>>そのうち左ハンドルで呑みますやりましょう(笑)
それ、単なるクルマで行きますOFF会#2(村田ととんかつふじ)の再現じゃないですか(笑)!
| acatsuki-studio | 2018/03/09 7:44 PM |

イライラされてらっしゃるクラシケは、画像から詳しく判断するのが難しかったんですが、BMWでなくてたぶん英国フォードの1949〜53年式のアングリアE494で間違いないかと。
キドニーグリルが厄介ですけど。

貼っておきます。

https://en.m.wikipedia.org/wiki/Ford_Anglia

https://gazoo.com/car/newcar/vehicle_info/Pages/detail.aspx?MAKER_CD=00155&CARTYPE_CD=A04&GENERATION=-2&CARNAME=%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%82%A2

いーごママ様もLHD(^^)


| じゃる | 2018/03/10 7:31 PM |

◇じゃる様
ビンゴ!!アングリア、キドニーグリルが紛らわしい!追記しておきます。ありがとうございます。
| acatsuki-studio | 2018/03/10 8:24 PM |

あ!そうだった、ヘッポコですけど私もLHDのMTでした(ΦωΦ)ぜひとも召集下さいませ〜馳せ参じます!
| いーごママ | 2018/03/10 9:04 PM |

◇いーごママ様
んじゃ山形でやりますか(笑)!
| acatsuki-studio | 2018/03/10 11:19 PM |

たぶんおふたりについて行けないと思いますけど(笑)

そのときはお手柔らかに願いますw
| じゃる | 2018/03/11 7:47 PM |

◇じゃる様
またまたー(笑)。
| acatsuki-studio | 2018/03/11 7:56 PM |










http://withcar.jugem.jp/trackback/1496
+ PROFILE
+ accesses since Dec.2009
+ RECENT COMMENTS
+ 「クルマで行きます」用語集
■プン太郎■
筆者の愛車ABARTH PUNTO EVOのこと。
ブログ本文に「プントエヴォ」と
フルネームで書くと煩わしいので命名。

■顧問■
筆者の友人太郎君のこと。
エンスージアストにしてドラマー。
いろんな意味で筆者の指南役にして
このブログの技術顧問(と勝手に思っている)

■朝練&夜活■
早朝に走りに行くのが朝練。
夜に走りに行くのが夜活(やかつ)。
夜の走行活動の略。
どちらもひとりであてもなく走る。
つまりひたすらクルマとの対話を楽しむ。

■S店長■
筆者のMiTo購入時の担当営業さん。
現在VOLVO仙台泉店の店長。
筆者のクルマ人生を変えた人。
一言で言えばカーガイ。

■EDO■
Eat and Drink Organizationの略。
親友2名と行うツーリング企画の名。
「移動に有料道路は使わない」
「同乗者無しでひとり1台」
「うまいものを食べ、飲む」が掟。

■K店長■
クライスラー・ジープ・ダッジ仙台の店長。
TCT版リリースを機に滑り込みで
MiTo1.4TSportを購入したカーガイ。
カーオーディオ地獄サバイバー。
+ CATEGORIES
+ LINKS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ