クルマで行きます

クルマが好きなことにかけては人後に落ちない。
東北のABARTH PUNTO EVO乗りが綴る、クルマについてのあれこれ。
<< 左ハンドル車種への身体の慣らし方 | main | プン太郎で行く!釣石神社へ行かねばならぬ >>
ずずずっ
| パーツ/グッズ | 20:06 | comments(20) | trackbacks(0) |
筆者がプン太郎と出会ったのは2017年の暮であり、すでにスタッドレスタイヤを装着していた。来歴を訊くと仙台よりも北の土地で走ってきた個体だという。さもありなん。スタッドレスタイヤを新調しなくて済むのは幸運である(for お財布)。熟慮の末、そのスタッドレスタイヤは新しく誂える社外ホイールに履かせることとし、ほぼ新品のノーマルタイヤはアバルト純正ホイールに履かせることとした。

そんなわけで前オーナーチョイスのYOKOHAMA ice Guard iG50を履いての乗り出しとなったのだが、このice Guard、どうも筆者の好みに合わない。具体的には横方向の負荷に滅法弱いのだ。単にウェットな路面ですらグリップが怪しくなる。例えば冬の濡れた路面の交差点を右折しようとする。右折レーンに進入していくと、ラッキーなことに対向車線に直進車両はいない。ファストインファストアウト案件である。ところがその交差点の右折先は右折レーンからやや低くなっており、結果的にゆるい下り坂を右折しながら進ことになったとする。こんな場面でice Guardはあっさりアウトにずずずっと膨らむのである。
 

ここまで読んだ読者諸氏は「それ、もう山がすり減ってんでしょ?」、当然そう思っておられるだろう。いやしかし固体吟味の際に「おー、まだ山たっぷり残ってるねー、これ。ラッキー!」という検分をしているのである。ま、確かに2012年製の個体ではある。6年オチ(笑)。それはそれとして、タイヤの能力に対して速度が出過ぎていると言われればそれまでだし、その辺を見切るのも安全運転の要諦ではある。筆者の能力不足を棚に上げて書き進めるが、これまで体験してきたピレリやミシュランなどの欧州ブランドスタッドレスタイヤとは明らかに挙動が異なっていて、やや戸惑っている。ヨコハマはどうもベタ雪環境の直進急制動対応に特化しているようだ。その特性は中途半端な雪国・仙台の冬の道路環境には向いているとは言える。※ 言えるのだが…。

もうちょっと突っ込んだ想像をすると、国産大手タイヤメーカーである横浜ゴムは「軽自動車を筆頭とした国産実用車の足周りはあまり横方向に踏ん張らないのだから、国内流通のスタッドレスタイヤの特性はこれでいい」と考えているのかもしれない。実際に踏ん張らないのかどうかは筆者は未体験・未検証だが(すんません)。ただ馴染みのガススタンド店員氏の「ヨコハマはーそうですねー(笑)、買った年は良いんですけどー(笑)」という証言もある。まぁとにかくそれは筆者の想像+伝聞でしかないが、プン太郎の挙動を受け止め切れないice Guardという組み合わせで「ずずずっ」を経験したことで、逆説的にプン太郎の足周りのチューニングについて思いを巡らせるようになった。

プン太郎の足周りのチューニングは、一般的には「硬い」と評されるレベルだと思う。動かない硬さではなく素早く動くことで緩衝しているが、ウェット路面ではその締め上げ具合が「突っ張る」挙動になり、タイヤが世話し切れなくなっている可能性はゼロではない。旋回時の(前後方向の)中心は太ももか膝裏あたり、つまり前よりではある。「ずずずっ」も最初に逃げるのは前だ。しかしそうなると、実はリアはけっこう粘っていると言えるのではないか。※※ 「リアも強いFF」と言えるのではないか。内科小児科外科。

そんなプン太郎だから、タイヤも横方向の入力に強いものの方が合うように思う。MiToもそうだったけれど、どんなモデルであれアバルトのクルマでコーナーに進入する時、ドライバーの胸に去来するのは「よっしゃ!どれだけスムースにこのコーナーを処理できるか、いざ試さん!」という思いであろう。言い換えればそのクルマのコーナリング性能を、マージンぎりぎりまで使ってみたい!という欲望である。そのマージンがタイヤの能力のせいで目減りするのは、すごく損をしている気分になる。

アシの仕立てとタイヤの性格(性能)がマッチしている状態が気持ちよいことは、感覚的に理解できる。例えばミシュランのスタッドレスタイヤのオンロード性能が高いという評価も、横方向の踏ん張りもある程度保証するあたりが、その理由なのではないかと想像する次第である。


ビルの谷間や郊外の団地の一部などの終日日陰になる部分でもない限り、仙台でアイスバーンを体験することは少ない。だからベタ雪環境に照準を当てて開発されたタイヤにも、それはそれで一理あると思う。

※※
特にMiTo/プントエヴォは、FF車にしてはリアが粘る傾向が強いように思う。で、設計意図として粘る結果、グリップする/しないはタイヤ依存性が高くなるのでは?そうなるとタイヤの選択はより重要になるのかもしれない。まぁ筆者の勘違い・思い込みの可能性も高いが。
私はアバルト500にIG50Plus履かせてました、最近のアイスガードはちゃんと効きますよ?
なぜか転がり抵抗がエコタイヤのECOS並みに低くて燃費も良いですし、大きい入力に対しても意外と変形し難い印象です。

しかし、500Sで使っていたIG50だと縦横問わずウエット路面でやたらと滑った気がします。Plusとの違いはコンパウンドだけですが、結構違うもんだと感心した記憶が(^_^;)

あと、IG50plusでコンパウンドの寿命が延びたんですが、3年から4年に伸びただけです!
さすがにメーカーが3年ぐらいって言ってるタイヤを6年使ったら(^_^;)

124のスタッドレス(ウインターマックス01です)は当然のようにドライでもズルズルですが、スムーズにトラクションが掛かるように運転すればいい感じに加速してくれるので、ニヤニヤしながら運転しております(笑)
| denzou | 2018/03/05 9:15 PM |

あっ、違ったIG50は妹のダイハツMAX(5MT)で乗ったときの印象でした。500Sはマキシスのスタッドレスでした。
| denzou | 2018/03/05 9:25 PM |

↑うん、スタッドレスは3シーズンで捨てるべきもの
どんなに山が残っていようとも、だ
| ハイパーあにまる | 2018/03/05 9:28 PM |

◇denzou様、ハイパーあにまる様
メーカーが3年って言ってるところ6年経過してて「滑る」という指摘がイチャモンだってことはよーっく分かってます(笑)!でもこういう人もいて、で、こういう現象が起こるという「警鐘」の意味で書いてみました。

オレもスタッドレスタイヤは数年(数シーズン)で取り換えるべきだと思います。
| acatsuki-studio | 2018/03/05 9:38 PM |

今年もまた、スタッドレスを履いた方がいいのかなぁ、と思ったまま、買うことなく終わりました。冬タイヤじゃなくてもタイヤの買い替え時期の見極めって難しいですよね。どのタイヤにしたらいいのかも悩ましい。今のタイヤはまだ1年半なのでまだ替え時ではなさそうなのですが、すでにどれがいいか迷ってみています。みなさんのオススメを聞きたいです!
| Profumo | 2018/03/06 9:15 AM |

◇Profumo様
スタッドレスタイヤを履かなくてすむなら、そっちの方がいいですよ…(泣)。これは受け売りですが、どんなに高性能で高価なクルマでも、地面に接しているのはタイヤのほんの100平方センチメートルくらい×4じゃないですか。そしてその100平方センチメートルのどこかがグリップ失ってもまともの走れないシロモノ。だからタイヤはケチッちゃダメよ、という話なんですけどね。

むしろポルシェみたいに「認定タイヤ」をリストにしててくれれば気も楽ですけどねぇ。
| acatsuki-studio | 2018/03/06 9:51 PM |

acatsuki様&新相棒とiG50との相性がいまふたつ…という印象です。何ともありきたりで当たり障りのない表現ですが。
ただ、特に国産スタッドレスの縦グリップ重視傾向は強いと思われます。いろんな側面から考えれば正論でしょう…が、私も好みではありません。
オススメ…とは言いませんが、(夏冬含め)コンチネンタルなどいかがでしょうか?理由は…単に自分が夏冬ともコレだからですww

私事ですが、昨年の12月に千葉県北部に移住(転職)しました。
なので、スタッドレスの出番は大幅減ですがww
| A.Sud | 2018/03/07 1:02 AM |

すみません、本題から少し外れます。

> Profumo さん
私はFIAT500を買う前にMitoQVが欲しかった時期があって、色々妄想していました。
で、オススメの夏タイヤという事ですが、タイヤの好みって個人差がかなりあるので、オススメというより、私ならこれにするという事で、聞き流して下さい。
純正サイズ215/40R18を変えないという前提なら、ピレリの「P ZERO」を試したい。
このタイヤ、AMGC63で何回か組んだ事があって、憧れていました。
MitoQVをもし購入していたら、間違えなくインチダウンしていました。
プロドライブの鍛造ホイール17インチにミシュランのPS4、215/45R17、基本的にミシュランは好きなブランドです。
すみません。単なる妄想でした。
| ガキんちょチンク | 2018/03/07 7:46 PM |

ガキんちょチンクさま
おお、ピレリのP ZEROは実は現在の大本命です!今のホイールが気に入っているので、純正サイズを変えるつもりがないのです。
でも、大梅ホイールにも憧れがあって、それに変えるなら17インチにダウンもありだな、と思っています。スタッドレス履くなら、17インチで梅ホイール、と夢想しています。
しかし、実は一番気に入っているホイールはジュリアQVのホイールです。
あ、もはやタイヤの話ではなくなってしまった…
| Profumo | 2018/03/07 9:12 PM |

◇A.Sud様
さりげなく最後に爆弾発言が!お引っ越しですかぁ。気軽に会えなくなって残念です。

さてコンチ、憧れのブランドですが、ちと価格が高い…。でもオススメブランドとして名が挙がるということは、夏冬連続装着の試行結果が良好だってことですよね?うーん。ミシュランと悩む…。

◇ガキんちょチンク様、Profumo様
以前ピレリのスタッドレスタイヤを履かせたことがあって(クルマは何だったか忘れましたが)、あまりの柔ゴム具合に驚いた記憶が強いです。滑るんじゃなくてグニャッと変形する系。「うわっ。こりゃオレには無理だ…」と思い、以後避けてきたのですが、P ZEROとなると話は別で、そりゃーゼロ履かせられれば最高だろうけどなぁと指をくわえているところです。

以前あおさんから薦められて家人のシトロエン DS3に履かせたノーマルタイヤ、FALKEN ZIEXが望外に良かったので、MiToにも履かせてみようかなぁと思いつつ激安ATR Sportに負けたのでした(笑)。
| acatsuki-studio | 2018/03/08 10:49 PM |

コンチは高いです。最大の問題点と言っていいでしょう。
以前、インチアップはしない旨の発言をしましたが、これにはコンチの価格という要素が多分にありますw
私の現在のラインナップは夏:PremiumContact5、冬:VikingContact6です(195/55R16,185/65R15)。
コンチでこれ以上のグレードとサイズの製品はなかなか手が出ず…
ミシュランが妥当でしょう、いろんな面で。
勝手な希望としては、すでに名前が挙がっているP ZEROもしくはGoodyear EagleF1あたりのインプレが聞きたいです。
| A.Sud | 2018/03/08 11:40 PM |

◇A.Sud様
唯一にして最大の問題点ですねぇ<価格

P ZEROは評価も確立されていますから、GYの方が興味あります。んでもノーマルタイヤもプン太郎に付いてきてるんです(しかもまだ新品ラインが消えてない状態)。ノーマルタイヤ新調は2シーズンくらい先ですね。

それにしてもイーグル1、高いよ…(泣)。
| acatsuki-studio | 2018/03/09 8:01 PM |

以前、ピレリの日本向けスタッドレスタイヤは日本で開発され、ファルケンで製造されていました。
今は多分住友ゴムが製造していると思いますが、未確認です。
散々スタッドレスタイヤを組んでいたのに、自分のクルマに履いたことが無いので、性能に関しては全く分からないのですけどね。
| ガキんちょチンク | 2018/03/09 9:13 PM |

◇ガキんちょチンク様
ピレリ、何に乗っていた時だったかなぁ。プジョー 307SWだったかなぁ。ドライ路面での感触は悪くなかったと思いますが、肝心の雪道で撓みが盛大で、止まる時も曲がる時もヒヤリとしてました。

後年P ZEROの評価がすごく高いのを知って、「えー?だってピレリじゃん」って思ってました(笑)。
| acatsuki-studio | 2018/03/09 9:25 PM |

そうなんですよ!ピレリってあまり知名度が無いのか、今のF-1での評判もあって、イメージがあまり良くないかも知れないのですが
私のような年配者にとって、ピレリP7の衝撃が余りに大きくって!
ランチア・ストラトスWRC用に開発されたP7コルサ、ポルシェ930ターボ用に開発されたP7ストラダーレ、
タイヤでこれだけの衝撃を受けたのは他に無いんじゃないかな!
その後も、F40のPゼロシステム、前後のパターンを大胆に変えたけど、P7の衝撃ほどではなかった。
まぁ、普通の人が履くようなサイズのタイヤは正直イマイチな印象はありますけどね。
| ガキんちょチンク | 2018/03/09 9:47 PM |

◇ガキんちょチンク様
なんか、やっぱり興味があるかも(笑)<ピレリ

というか、そろそろプン太郎のスタッドレスタイヤを脱がそうと思ってるんですけど、ノーマルタイヤはなんだっけか(笑)。履かせたら報告しまーす。
| acatsuki-studio | 2018/03/09 10:08 PM |

私はPIRELLIの印象悪くないんですけどねえ

147:P6

MiTo:P ZERO NERO

Giulietta:P ZERO ROSSO

と、無印のP ZEROは履いたことがないですけど(^^ゞ

中華資本が入ったあたりにMOMO Tiresとかに浮気始めたので、最近のがどうかは分かりませんが、スタッドレスを含めてグニャッて印象は無かったですね
| alfa_manbow | 2018/03/10 4:16 PM |

◇alfa_manbow様
お!じゃあ一度買ってみます…と断言できない最近チキンなわたくし(笑)。誰か試乗させてくれないかなぁ。

確かにMOMOは安いっすね(笑)。
| acatsuki-studio | 2018/03/10 7:22 PM |

>>acatsuki-studio
>試乗させてくれないかなぁ。
うちのMiToとかGiuliettaに乗ってみてもらった時に履いてたハズ……
ま、あの時はタイヤには注目してなかったですけどネ

ちなみに私はグニャッとしないで最初からリニアな応答性があれば絶対的なグリップ性能は重視しないので、acatsukiさまとは評価軸がズレてるかも?
| alfa_manbow | 2018/03/10 9:09 PM |

◇alfa_manbow様
MiToの時はブラック社のハンドルとバケットシート、ジュリの時はTCTのことしか考えてなかったなぁ(笑)。「最初からリニアな応答性」!!それ、もっと詳しく教えてください。5月のオフ会で!
| acatsuki-studio | 2018/03/10 11:23 PM |










http://withcar.jugem.jp/trackback/1495
+ PROFILE
+ accesses since Dec.2009
+ RECENT COMMENTS
+ 「クルマで行きます」用語集
■プン太郎■
筆者の愛車ABARTH PUNTO EVOのこと。
ブログ本文に「プントエヴォ」と
フルネームで書くと煩わしいので命名。

■顧問■
筆者の友人太郎君のこと。
エンスージアストにしてドラマー。
いろんな意味で筆者の指南役にして
このブログの技術顧問(と勝手に思っている)

■朝練&夜活■
早朝に走りに行くのが朝練。
夜に走りに行くのが夜活(やかつ)。
夜の走行活動の略。
どちらもひとりであてもなく走る。
つまりひたすらクルマとの対話を楽しむ。

■S店長■
筆者のMiTo購入時の担当営業さん。
現在VOLVO仙台泉店の店長。
筆者のクルマ人生を変えた人。
一言で言えばカーガイ。

■EDO■
Eat and Drink Organizationの略。
親友2名と行うツーリング企画の名。
「移動に有料道路は使わない」
「同乗者無しでひとり1台」
「うまいものを食べ、飲む」が掟。

■K店長■
クライスラー・ジープ・ダッジ仙台の店長。
TCT版リリースを機に滑り込みで
MiTo1.4TSportを購入したカーガイ。
カーオーディオ地獄サバイバー。
+ CATEGORIES
+ LINKS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ