クルマで行きます

クルマが好きなことにかけては人後に落ちない。
東北のABARTH PUNTO EVO乗りが綴る、クルマについてのあれこれ。
<< プン太郎を理解する・「いまひとつ」編 | main | プン太郎で行く!蔵王観察会とまたもやポジション調整 >>
1日に2回もホームセンターに行った話
| PUNTO EVOのメインテナンス | 17:38 | comments(10) | trackbacks(0) |

2018年2月12日前後の豪雪被害、全国のヘンタイ諸氏諸兄諸姉にお見舞い申し上げる。仙台でもけっこう多めに積雪があったのだが、日本海側、西側と比べれば大したことではない。積もることは積もるのだが1日でも気温がそこそこ上がる日があれば、市街地路面の雪はだいたいとけてしまう。ただ路肩に寄せた雪はいつまでも残り、毎日少しずつとけて路面に泥水として流れ出てくる。この泥水はなんなら夜中に散布される融雪剤も含んでおり、クルマのボディにとっては悪魔の溶解液と同義であるが、走れば浴びざるを得ず実に忌々しい。

で、この時期盛大に消費するのがウォッシャー液だ。納車されてまだ3週間(驚き)、そこそこ入っているのだろうと高を括ってバシャバシャ使っていたら、例の苦しげなモーター音とともに枯渇。買い置きがあったのだが、トラブル直前のMiToに大量に補給してしまっており、こういう肝心な時にない(笑)。近所のホームセンターに買いに行く。ホームセンターの駐車場で補給。ドバドバ。気付いたら2リットルほとんど入れてしまった。MiToもプン太郎もウォッシャー液タンクは左前輪前、エンジンルームの下の階層にあるので、残量が目視できないという致命的な設計ミスがある。
 


300円くらい。
安い



これはMiToの画像だけど、
プン太郎のウォッシャー液タンクも
この位置にあるようだ。
普段はフェンダーライナーに覆われているので
見ることは出来ない


LHDモデル用のワイパーブレードも絶好調(このエントリーを参照のこと)。ついでにどうも具合が悪かった運転席側のウォッシャー液噴出口の射出角度をゴムマットを挟んで調整。見事に拡散して噴射できるようになった。愛車の調子が良いって気持ち良い!などと浮かれてその日の夕方、所用を済ませるためにプン太郎で出発、日暮れてフロントライトを点けたら様子がおかしい。がーん、左側玉切れじゃん!

なんだよー。さっきホームセンターに行ったのにー!所用を済ませて仕事帰りの家人をピックアップ。家人と落ち合うまでにマニュアルを読んで球形状を確認(H4である)。昼間買い物したホームセンターを再訪、2球セットの製品を購入。再び駐車場で交換作業である。
 


2,500円くらい。
安い。
中に入っているのは
元々付いていたバルブ。
予備としてキープ

 

考えてみると前愛車MiToのフロントライトはHIDだった上に奇跡的に8年半ノートラブル。となるとハロゲンライトの交換なんて10年ぶりくらいではないか。切れていた左側を速攻で交換。右の生きている方は予備として持ち歩くことにして、これも新品に交換…は良かったのだが、右側って、エアクリーナーの吸入パイプが邪魔で手を入れにくい。外すのは問題なかったが新品バルブの取り付けに四苦八苦。バルブの固定もうまく行かなければ固定フックの戻しもうまく行かない。ムキーッ!

狭い作業空間に中腰で手を突っ込みつつ、家人と寒空の下で、あー、腰痛ぇーと格闘していたら、親切な男性が「バルブ交換ですか?」と声をかけてくださった。「もしよかったらやってみましょうか?クルマいじるの好きなんで、慣れてますから」ということでご厚意に甘えることにした。あれこれおしゃべりしながらフックをかけるところまでやっていただき、めでたく点灯を確認。ばんざーい!

颯爽と自車に乗り込み「ガイシャを触れて楽しかったでーす」と立ち去られる時に、「あ、お名前とか訊けば良かった」と気付いても遅い。お見送りしてプン太郎に乗り込み走り出す。で、交換したバルブが思ったよりも暗くてがっかりである(笑)。なんだーっ?わざわざ高い方を買ったのにー!色温度と視認性の関係がよくわかっていないのだが、白色になるほど見にくいのか?失敗したなぁ。

プン太郎購入時、S店長から「フロントライトはハロゲンなんですよー。暗く感じるかもしれません」と言われ、すっかり交換する気でグラプンHID換装キットなどネットで価格調査を進めていた(S店長からも「HIDに交換する時は声かけてください」と悪魔の囁きが…)。落ち着いて考えてみるとハロゲンの光量では夜走れない…というほどではないし、HIDキットを後付けすればその故障時には数万単位で出費を強いられる。

ハロゲンなら数千円である。ビバ!ハロゲンバルブ
 

JUGEMテーマ:ABARTH

 シールドビームからハロゲンライトに交換して、スゲー明るい!って時代もあったくらいですから、ハロゲンライトで充分ですよね!
 我がFIAT500は購入した時、前のオーナーが社外HIDを取り付けていたのですが、これの配光が酷くって相当周りに迷惑だったので、ハロゲンに戻しました。
 それとハロゲンバルブは標準タイプの物が良いですよ!安いし長持ちするし。
 ハイワッテージとかなどは、発熱量が多いので輸入車のコネクターは結構溶けます。
 ABのピットバイトで経験した、結構あるトラブルなのです。
| ガキんちょチンク | 2018/02/19 6:20 PM |

わたくしがこのブログに知識不足のネタをどんどん投下しているのも、読者諸兄の素晴らしいお知恵や経験談を伺えるからであります。本当にありがたいです。

◇ガキんちょチンク様
ハイワッテージのバルブは寿命が短いんですよねー、とS店長からも言われたんですが、今回購入したものが実際ハイワッテージのブツなのかよくわかっていません(笑)。購入時に付いてきたバルブやMiToのHIDに比べるとやはり体感光量は低いように思いますが、暮れ方から夜にかけて走っているならともかく、夜にプン太郎に乗り込んで、さぁ出発という乗り方で点灯する分には決して暗いとは思いません。

ただ今年50歳になるおっさんとしては本当に夜目が利かなくなってきて、明るけりゃ明るいほどありがたいのもまた事実。少し様子を見てみるつもりですが、ハロゲンだと気軽にあれこれ試せる値段なのが嬉しいです(笑)。
| acatsuki-studio | 2018/02/19 6:38 PM |

うちのMiTo QVもウィンドウウォッシャー液の量が見えにくいです。納車されて1ヶ月くらいでどうやら枯渇したように思われ、ディーラーに確認のため相談に行ったら、あっという間に満タンにしてくれました。自分で新しいウォッシャー液、すでに買っているとは言えなかった…

ご親切な男性の去るシーン、「あ、せめてお名前を」「いえ、名乗るほどのものではありません」なんつーやりとりを脳内想像してほくそ笑んでしまいました(笑)。
| Profumo | 2018/02/19 8:31 PM |

◇Profumo様
やー、QVも同じ場所でしょう。見えないんですよねぇ。

あの親切な男性はパジェロミニに乗ってさっそうと去っていきました(笑)。後日S店長にこのエピソードを話したら「いや、そりゃ、クルマいじりが好きな人がこのマーク(真っ赤なABARTHのエンジンカバーの蠍)を見りゃ寄ってくるでしょう(笑)!」と言ってました。「クルマ好きホイホイですよ、こいつは」。
| acatsuki-studio | 2018/02/19 8:45 PM |

定番のH4バルブですか、入手し易くて良いですね!

パッケージに「高効率バルブ」とあるので、いわゆるハイワッテージバルブですね。
ハイビームが60ワットバルブ相当の消費電力で130ワット並みの明るさってことですね。

通勤で毎日ライト点けてると1年保てば良い方ではないかと思います。110ワット相当ぐらいの方がやすくて寿命も若干長いんでお得感ありますけど。

昔、ドン・キホーテで買った激安(700円)ハイワッテージは半年で切れましたが、切れる際にヘッドライトのヒューズも道連れにされたのを思い出しました。

ちゃんとIPFなんで1年くらい持つと良いですね!

↓こんな変態バルブはやめておきましょう(^_^;)
https://www.ipf.co.jp/products/32x44.html

まあ、124はLEDなのでなにも弄れませんけど。
| denzou | 2018/02/19 9:33 PM |

◇denzou様
いつもありがとうございます。変態(カタカナじゃない方)バルブ、確かにこいつは…(笑)。なるほど、ハイワッテージバルブって、けっこう蔓延してきているんですね。寿命、1年くらいか。次のバルブを買うのが楽しみです(笑)。
| acatsuki-studio | 2018/02/19 10:16 PM |

クルマ好きホイホイ!いいですね、それ!
今更ながら、そうか、プン太郎はアバルトか〜と再認識してしまいました。
そうか、アバルトか〜。サソリか〜。キツイ毒か〜。だからか〜。
| Profumo | 2018/02/19 10:47 PM |

◇Profumo様
言われてみれば当然か、と(笑)。
| acatsuki-studio | 2018/02/19 11:56 PM |

私も以前、社外HID付けてたことがありますが、後々よく見たらヘッドライトレンズに細かなヒビが!!
紫外線の処理が甘く、樹脂製のレンズの劣化を早めてしまったようですorz
安物のHIDはイカンですね……
| alfa_manbow | 2018/02/20 8:51 PM |

◇alfa_manbow様
あー、そういう不具合も出るんですね。プン太郎の場合、手を加えようと思っているのは今のところホイールスペーサーだけですね。←舌の根も乾かぬうちに…
| acatsuki-studio | 2018/02/20 10:05 PM |










http://withcar.jugem.jp/trackback/1488
+ PROFILE
+ accesses since Dec.2009
+ RECENT COMMENTS
+ 「クルマで行きます」用語集
■プン太郎■
筆者の愛車ABARTH PUNTO EVOのこと。
ブログ本文に「プントエヴォ」と
フルネームで書くと煩わしいので命名。

■顧問■
筆者の友人太郎君のこと。
エンスージアストにしてドラマー。
いろんな意味で筆者の指南役にして
このブログの技術顧問(と勝手に思っている)

■朝練&夜活■
早朝に走りに行くのが朝練。
夜に走りに行くのが夜活(やかつ)。
夜の走行活動の略。
どちらもひとりであてもなく走る。
つまりひたすらクルマとの対話を楽しむ。

■S店長■
筆者のMiTo購入時の担当営業さん。
現在VOLVO仙台泉店の店長。
筆者のクルマ人生を変えた人。
一言で言えばカーガイ。

■EDO■
Eat and Drink Organizationの略。
親友2名と行うツーリング企画の名。
「移動に有料道路は使わない」
「同乗者無しでひとり1台」
「うまいものを食べ、飲む」が掟。

■K店長■
クライスラー・ジープ・ダッジ仙台の店長。
TCT版リリースを機に滑り込みで
MiTo1.4TSportを購入したカーガイ。
カーオーディオ地獄サバイバー。
+ CATEGORIES
+ LINKS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ