クルマで行きます

クルマが好きなことにかけては人後に落ちない。
東北のABARTH PUNTO EVO乗りが綴る、クルマについてのあれこれ。
<< プントエヴォのパーツあれこれ#1 | main | プン太郎を理解する・「いまひとつ」編 >>
プントエヴォのパーツあれこれ#2「点けてはいけないライト」
| ABARTH PUNTO EVO | 23:25 | comments(2) | trackbacks(0) |

LHDモデルのグランデプント/プントエヴォの特別パーツトリビアの第2段!題して「点けてはいけないライト」。

通常自動車を購入した場合、普通はスタッフさんから機能や操作方法の説明がたっぷりある。我々が「納車の儀」と称しているあれだ。もちろんプン太郎の納車時にもそれはあった。あったのだが、ほとんど同じクルマ=MiToからプントエヴォに乗り換える筆者に対して、特別に必要な説明事項などほとんどない。前オーナーから引き継ぐ装備済み社外品やプントエヴォにしか付いていないごく一部の機能について、S店長からレクチュアを受けたが5分で終わってしまった。むしろ「あれとあれがまだ届いてないので届いたらご連絡します」みたいな話の方が長かったような(笑)。

そんなシンプルな納車の儀の中で異彩を放っていたのが、ハンドルコラム脇に備えられたスイッチだ。制御メニューの切り替えや「+」「-」でデータ入力できる、あのスイッチ群である。細かい別パッケージの説明の途中、「このスイッチなんですが…」とエアクッションに包まれたスイッチのパーツをS店長が見せてくれた。
 


これが
わざわざS店長が特記事項として説明してくれた
問題のスイッチ


プントエヴォのフォグランプは、実はコーナリングライト(ターンシグナルと連動してこれから曲がる方向だけ照射する)としても機能する便利モノだが、単独で点灯すると日本の道路交通法に抵触してしまう。詳しくはわからないが、おそらく設置位置が低過ぎるか、内側すぎるのだろう(ポジションランプよりも内側あるいは外側に燈火類が付いているのはやばい…のか??)。コーナリングライトとしては問題ないが、フォグランプとして単独で常時点灯させるのは法令違反なのだという。

「なので、法令に準拠した日本向けのスイッチを取り付け直しておきました」という。どれどれ?と見てみると、なるほどフォグランプのスイッチだけがダミーになっている。取り出して見せてくれたのは本国仕様の方で、フォグランプのスイッチがあるべき場所にあり、押してみると確かに生きている。「うちは正規ディーラーですから、これを取り付けるわけにはいきません。ご理解ください」とそのスイッチを再び包みこんで、付属品の入った箱の中に片づけてしまった。あとは処分しておいてください、ということだろう。ふふふ。「これ(フォグ単独で点いてちゃダメなこと)、FCAJのスタッフも知らなかったんですよ」。部品を取り寄せて向こうの担当者も驚いていたという(笑)。ちなみに家人のシトロエン DS3のデイライトもフロントライトといっしょに点灯させることができない。輸入車の燈火類にはありがちな話だと思う。
 


正しい、あるべきスイッチ


このマルチファンクションスイッチの交換方法を下記に記しておく。そんなわけだから、フォグランプを単独点灯させてはいけません。



スイッチ下部のコインケースを開け、
エアベントの下あたりを力点に
手前にぐいっと引く


樹脂パネルごと
手前に引き出せる


スイッチ脇の金具を押し込むようにして
スイッチ全体を外す


スイッチ裏のコネクタを外す。
青いコネクタに付いている爪を押し込む


コネクタのロックが外れ
画像手前側に降りてくる。
コネクタを外して逆順で
別スイッチを取り付ける


フォグランプスイッチ付き!


MiToのフォグランプはフロントライトと連動しており、そんなわけだから本当に濃霧の中で使うと役に立たない仕様だった。グランデプント/プントエヴォ/プントは、スイッチを交換すればフォグ単体で点灯させることができる。できるけど点けてはいけない。世の中の多くの事柄は、言葉や文字にできないのだ。プン太郎は大人の乗り物なのである。


 

JUGEMテーマ:ABARTH

ダメと言われるとやりたくなるのは変態の性(さが)。

お主も悪よのゥ(笑)

自分なら点灯可能状態にして車検の時だけ封印…なんてことはしませんが。へへへ。

御存知の通り、MiToも本国仕様は車幅灯がデイタイムランプ兼用となってますが、日本仕様はDS3で仰るとおり法令違反となるので単に車幅灯のみの機能にソフトウェア制限されています。
この車の車幅灯がT-20のダブル球たる所以ですね。
| じゃる@ドバイ | 2018/02/18 11:20 AM |

◇じゃる様
本件に関してのみ言えば、本国仕様は快適ですなぁ。
| acatsuki-studio | 2018/02/18 2:34 PM |










http://withcar.jugem.jp/trackback/1485
+ PROFILE
+ accesses since Dec.2009
+ RECENT COMMENTS
+ 「クルマで行きます」用語集
■プン太郎■
筆者の愛車ABARTH PUNTO EVOのこと。
ブログ本文に「プントエヴォ」と
フルネームで書くと煩わしいので命名。

■顧問■
筆者の友人太郎君のこと。
エンスージアストにしてドラマー。
いろんな意味で筆者の指南役にして
このブログの技術顧問(と勝手に思っている)

■朝練&夜活■
早朝に走りに行くのが朝練。
夜に走りに行くのが夜活(やかつ)。
夜の走行活動の略。
どちらもひとりであてもなく走る。
つまりひたすらクルマとの対話を楽しむ。

■S店長■
筆者のMiTo購入時の担当営業さん。
現在VOLVO仙台泉店の店長。
筆者のクルマ人生を変えた人。
一言で言えばカーガイ。

■EDO■
Eat and Drink Organizationの略。
親友2名と行うツーリング企画の名。
「移動に有料道路は使わない」
「同乗者無しでひとり1台」
「うまいものを食べ、飲む」が掟。

■K店長■
クライスラー・ジープ・ダッジ仙台の店長。
TCT版リリースを機に滑り込みで
MiTo1.4TSportを購入したカーガイ。
カーオーディオ地獄サバイバー。
+ CATEGORIES
+ LINKS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ