クルマで行きます

クルマが好きなことにかけては人後に落ちない。
東北のABARTH PUNTO EVO乗りが綴る、クルマについてのあれこれ。
<< プン太郎と行く!牡鹿半島を目指したが | main | プン太郎を理解する・「走る」編 >>
プン太郎で行く!相馬かつ吉春間近2018
| その他のツーリング・夜活など | 18:44 | comments(7) | trackbacks(0) |

とにかく早いとこプン太郎の左ハンドル環境に慣れなければならない。自宅でのんびりしたいしやりたいこともあるのに、いやいやながら←大嘘 ツーリングに出発だ!!

前回のツーリングは石巻、すなわち北に向かったので、今回は南だ。南田洋子。しかし福島県土湯峠で臨死体験はもうごめんだし、筆者が愛して止まない県道や峠道は今(つまり冬、きっつい寒波来襲直後)走れるわけがない。となるともうあそこしかないじゃん的な。そう、福島県相馬市のかつ吉でとんかつを食べて帰ってくるの巻。

かつ吉へのルートは、大きく分ければもはや選択肢はふたつしかない。すなわち仙台・岩沼からR6を南下するルートと、角田・丸森方面を経由して西から入り込むか。2017年の晩秋に西ルートに魅惑の県道228号線を発見し、大いに美しかったので今回も西から、つまり仙台から村田・大河原・角田・丸森経由で福島県に入る定番中の定番コースを行くことにする。同時にMiToで2ヶ月前に走ったばかりの道を、プン太郎で走ると印象がどれくらい違うのか、興味津々である。
 


セブン-イレブン村田中央店
(宮城県柴田郡村田町村田反町51)



JR大河原駅


大河原から角田へ。
やっぱりまだまだ冬ですな



冒頭の話題に戻るが、筆者の左ハンドル環境対応である。例によってセンターへ寄っていってしまう状態がなかなか矯正できない。左ハンドル歴19年のワゴニア大王ことギタリストのK君が「”自分が”って感覚じゃなくて、”車の中に自分が居る”って感覚」で運転してみろと某SNSでアドバイスをくれた。わかるようなわからないような話である。これを筆者は「身体感覚ではなく、車体感覚で意識しろ」と読み替えてみた。車体を俯瞰して把握するイメージだ。早速今回の道行きでそれを試してみたところ、すぐにあることに気がついた。

目線がずいぶん近い

センターラインや道路左側面と比較しつつ夢中で運転しているうちに、知らず知らず視線がどんどん近くなっていたのだ。そりゃあ自車位置が定まらないはずだ。ぎゃふん。「車体感覚を意識」=プン太郎のセンターを意識するようにしてみた。すると急に位置決めが楽になった。ま、そりゃそうだ(笑)。K君ありがとう。

さらに位置決めが楽になると、運転動作にも余裕が生まれる。シフトチェンジがこれまた楽しくなってきた!まだシフトミスは犯すが、昨日までより断然楽になってきた。いいぞいいぞ。

運転は楽しくなってきたが、道中は特記すべきこともなく(笑)。念のためK228への交差点を曲がってみたのだが、数十メートル進んだところで通行止めサインが登場した。今年最初の通行止め案件である。もっともこれは想定内。思い起こせばR113を相馬まで走るのも久しぶりだ。無事かつ吉のこの日最初のお客になることができた。
 


かつ吉
福島県相馬市中村田町30



at かつ吉駐車場。
せめて舗装してあればねぇ…



大ロースカツ定食1,350円


ほとんど指定席


例によっておかみさんと他愛のない話をしつつ、本日は大ロースカツ定食1,350円を平らげる。ここんちのキャベツはちゃんと手作業で調理され、しかもほとんど水にさらしていないようで甘い。みそ汁もうまい。「肝心のとんかつはどうなんだよ!」という声もあろうが、こういうところまで気配り手配りされて調理されたとんかつがおいしくないわけがないではないか。

大満足で菓子舗「船橋屋」へ。クルマで1分という距離だ。楽しみにしていた酒まんじゅうは都合によりお休みしているとのこと。ざーんねん。「まどかまんじゅう(黒糖あん/白みそあん)」をたんまり買って、松川浦へ。
 


船橋屋製菓(株)
福島県相馬市中村大町73


松川浦


超絶汚れているプン太郎




 

晴れていて気持ちよいが、風は冷たい。淡い期待をしていたものの、津波被害からの復興工事はまだまだ中途。港でフォトセッションだけしてR6で帰ってきた。R6を馬鹿正直に北上するのも久しぶりだ。
 


道交法違反な軽トラックを発見(笑)


岩沼市まで戻ってきた


初洗車


約5時間半/163km


かつ吉もうまかったが、今回は自車位置感覚を掴めるようになってきたことが大ニュースであった。プン太郎と仲良くなるにはまだまだ時間がかかりそうだが…。
 

JUGEMテーマ:ABARTH

慣熟走行、進んでますね。
私もLHDを最初に運転した時は、センターに寄りすぎるか、それを意識しすぎて逆に左に寄りすぎるか、と言った感じでした。ちょうどRHDを適正に運転している時の助手席の位置どりで行きたいんですけどね。

それもこれも慣れでしょうね。LHDに慣れてしまうと逆にRHDに違和感を覚えるほど、それが自然になるようですから。

私は今年まだトンカツ食べてないです(笑)
| little red sherbet | 2018/01/29 10:54 PM |

◇little red sherbet様
そう!そうなんです!RHD助手席の感覚でいられればいいだけじゃん!と思っていたのですが、どうもそれが仇になったようです。今回はとんかつ喰いたい一心でがんばりました(笑)。
| acatsuki-studio | 2018/01/30 7:22 AM |

出遅れた・・

なんと、ブログ見たらもうブン太郎で走っているではありませんか!

納車おめでとうございます。

プントって、MiToと全然似ていないと思っていましたが、後ろ斜めからのアングルだと似てますね〜。

お似合いですよ^^v


| kana | 2018/01/30 9:56 AM |

◇kana様
プン太郎ですよ、ぷん。PUN。

お祝いのコメント、ありがとうございます。リアゲートの下がざっくり深いのもMiToと同じです。すっきりつるんとしたリアクオーターの眺めが気に入ってます。
| acatsuki-studio | 2018/01/30 9:53 PM |

続レスゴメン

プン太郎でしたか!

最近目が年取って(老眼と言え)

すみません。文字1ピクセル大きくして下さい。
(希望)
| kana | 2018/01/31 11:03 AM |

プン太郎の納車おめでとうございます!&慣熟走行 お疲れ様です

それにしても昼の2時でー0.5℃とは…
さすが仙台、四国では考えられない寒さですね

あととんかつ屋さんの佇まいがなんとも言えない雰囲気、地元にはチェーン店のとんかつ屋しかないので超羨ましい!
| ヴェスペ | 2018/01/31 11:39 AM |

◇kana様
度重なる強い強いご要望にお応えし、11→12pxに拡大いたしました!老眼フレンズとして、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

◇ヴェスペ様
ありがとうございます!クルマに乗ることにわくわくするのは久しぶりです。早く慣れたいですが、慣れるのがもったいない!!

かつ吉の佇まいは福島県相馬市内でも格別に趣深いです。きっとヴェスペさんの地元にもあると思いますよ。私はとんかつエクスプローラーなので、特別に鼻が利く方だと思いますが(笑)。
| acatsuki-studio | 2018/01/31 12:34 PM |










http://withcar.jugem.jp/trackback/1474
+ PROFILE
+ accesses since Dec.2009
+ RECENT COMMENTS
+ 「クルマで行きます」用語集
■プン太郎■
筆者の愛車ABARTH PUNTO EVOのこと。
ブログ本文に「プントエヴォ」と
フルネームで書くと煩わしいので命名。

■顧問■
筆者の友人太郎君のこと。
エンスージアストにしてドラマー。
いろんな意味で筆者の指南役にして
このブログの技術顧問(と勝手に思っている)

■朝練&夜活■
早朝に走りに行くのが朝練。
夜に走りに行くのが夜活(やかつ)。
夜の走行活動の略。
どちらもひとりであてもなく走る。
つまりひたすらクルマとの対話を楽しむ。

■S店長■
筆者のMiTo購入時の担当営業さん。
現在VOLVO仙台泉店の店長。
筆者のクルマ人生を変えた人。
一言で言えばカーガイ。

■EDO■
Eat and Drink Organizationの略。
親友2名と行うツーリング企画の名。
「移動に有料道路は使わない」
「同乗者無しでひとり1台」
「うまいものを食べ、飲む」が掟。

■K店長■
クライスラー・ジープ・ダッジ仙台の店長。
TCT版リリースを機に滑り込みで
MiTo1.4TSportを購入したカーガイ。
カーオーディオ地獄サバイバー。
+ CATEGORIES
+ LINKS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ