クルマで行きます

クルマが好きなことにかけては人後に落ちない。
東北のABARTH PUNTO EVO乗りが綴る、クルマについてのあれこれ。
<< ようこそABARTH PUNTO EVO・24,828km | main | プン太郎で行く!相馬かつ吉春間近2018 >>
プン太郎と行く!牡鹿半島を目指したが
| その他のツーリング・夜活など | 23:59 | comments(11) | trackbacks(0) |


納車されたプン太郎と早速ファーストツーリングに出かけた。全国の当ブログ読者の祈りによって、納車当日は奇跡的に晴天となった。感謝申し上げます。ボルボ・カー仙台泉での納車の儀を済ませ、まずは給油だ。馴染みのガススタンドのS君(MiTo QVオーナー)とAちゃんに歓迎される。いえーい!今受け取って来たんだぜぇ。積み込まれていたノーマルタイヤなどを自宅に降ろし、室内の諸々を整える。よし。準備OK。プン太郎と初めてのツーリングに出発だ!
 


目的地は牡鹿半島である。なぜか。まずはプン太郎の動的性能というか、走りのキャラクターを理解したい。そうなるとそこそこのペースでひらひら走れる場所がいい。しかし山方面は折りからの寒波による降雪で諦めざるを得ない。雪のないワインディングとなれば、筆者は牡鹿半島しか思い浮かばない。正月に行ったばかりだけど、かまうものか!敢えていつもの定番のコースでまずは石巻を目指す。MiToでは数え切れないほど走ったコースだが、LHDのプン太郎で走ればそこはライクアバージン、タッチフォーザベリーファーストタイムである。R457に乗って、まずは大和町、大郷町を経由して東松島市へ。だが。

プン太郎、とにかく走りにくい(笑)!

いや、この書き方は正確ではない。筆者が左ハンドル環境に不慣れなだけのだ。だがこの走りにくさは尋常ではない。以前どなたかからのアドバイスにあったが、気付くと本当にセンターにセンターに寄っていってしまう。こんなに左の路肩に寄ってクルマを走らせたことがない!コワイよ!実際は運転席が左路肩に寄っているだけなのだが…。
 


筆者のLHD体験は2016年のプジョー 308GTi250の試乗と、今年1月にプン太郎の購入を決めた後の試乗、合わせても1時間程度だろう。それも市街地、住宅地を常識あふれる速度で走っただけだ。自らのペースで走り慣れた道を走っているからこその違和感なのかもしれない。車線の中の自車位置を決めるのに精いっぱいで、シフトチェンジのタイミングがめちゃくちゃな上に、シフトミスばかりである。

ブレーキも勝手が違う。LHDを基本に開発された車両だからこそ、ブレーキ関係の機構は車体の左側にまとまっているはず。従ってBペダルからキャリパーまでの動力伝達に、余計な経路や部品が挟まれていないダイレクト感がある。RHD+社外品の低ダスト重視パッドとローターというぬるい環境に堕していた筆者が、そんなMiToと同じ感覚で不用意にBペダルを踏むと即座にガクッと急制動がかかる。制動力の立ち上がりが速い上に、またこの制動力の鋭さはどうよ!鋭いだけではない。まさに有り余るストッピングパワー!

奥松島鳴瀬ICから三陸自動車道に乗り、矢本パーキングエリアで休憩する頃には、身体のあちこちに不用意な力が入って疲れてしまっていた。RHDでの運転操作をいちいち頭の中でLHDに翻訳作業するためか頭もボーッとしている。シフトチェンジをしようとすれば反射的に左手が泳ぎ、あわてて右手でシフトノブを握るも現在のギアとシフトすべきギアを頭の中で確認する。ブレーキを踏む時はそろりそろりとペダルを踏まなければならないし、車体右側の安全確認も「ちらり」では覚束ないので、ドアミラーだけでなく何度も目視する羽目になる。
 




なんとエンジンルームの下に
つららが!


いやー、LHD、早まったかなぁ。思いつきや気分で手を出す世界じゃなかったのかなぁ。正直なところ、矢本PAに入るまでは頭の中で後悔の念がむくむくとわいていたのだが。

矢本PAを出て、追い越し車線で全開をくれてみる。ここで世界が一変した。まるでフロントグラスごしの風景がモノクロからカラーへがらりと変わったようだ。プン太郎、ものすごいスタビリティなのである。163ps全開走行のFF車だから、笑ってしまうくらいトルクステアはあるのだが、車体そのものはピタッと一直線。MiToと比べるとダウンフォースもきっちり感じられる。この日はひどく風が強かったので、横風に煽られて不安定になる瞬間はあるにはあったのだが、とにかく未体験の盤石っぷりである。一旦3,000rpmまで回ってしまえば、あとはぐいぐい速度を上げていく。50km/hで走っているのと同じムードであっという間にここには書けない領域に。

書き忘れていたが、納車から一度もスポーツモードに入れていない。これはすべてノーマルモードでの話なのだ。もう少しスポーツモードに入れず、まずはキャラの把握に務めようと思っているのだが、ノーマルでもここまでの加速性能、制動力、制御能力を発揮されると恐れ入るしかない。ともかく、一度でも高負荷領域を体験すると通常領域でも心に余裕が生まれるようだ。石巻女川ICで三陸自動車道を降り、石巻市内を走る。相変わらずシフトミスは頻発するが、このシフトのクセもわかってきた。またスロットルとクラッチの制御がMiToとほとんど同じであることにも気付く。クラッチの反力やミートポイントはまったく同じと言って良い。そしてこの段階でようやくペダル配置について思いを巡らせることができる。ハンドルのセンターはシートセンターと合致しており、まさにヘソの線とぴったり合っている。右足をセンターコンソールの左脇にぴったり付けると、その先にAペダルがある。Bペダルとの面オフセットもMiToとあまり変わらず、練習すればヒールアンドトゥもできそうだ。

うーん。これは…。プン太郎、もしかしたら、すっごく良いクルマなんじゃないか??そんな嬉しい予感に包まれつつ「いしのまき元気市場」に到着。時間は13時を回り、恐ろしく空腹である。ここを知ってようやく港町・石巻で海鮮を食べられるようになってきた。入り口のメニューを見ると、ランチBまぐろとぶりの漬け丼700円とある。これを食べないという選択肢はあり得ない(笑)!





なぜか漬物にピントがあってしまった…




元気市場の向かい側は旧北上川の中洲。
丸い建物は石ノ森萬画館


大満足のお腹をさすりながら逡巡。実はこの日の夜に先約があり、19時には仙台駅東口にいる必要があった(そのためにteruterukoyajiさんからのお誘いを袖にしたのだ。申し訳ない)。一旦帰宅もしたい。このまま牡鹿半島へ攻め込めば、19時仙台駅東口もアヤシイ。その上初めての左ハンドル環境に神経を使ってしまい、想定以上に疲れてしまった。決めた。無理せずここから引き返そう。

再び乗った三陸自動車道を石巻港ICで降り、K16で鹿島台へ抜ける。そのままK16をひたすら西に進み大衡村でR457に乗る。この大衡村で猛吹雪に見舞われたが、まぁなんとか無事に帰宅。何度も何度も切り返して自宅のいつもの駐車スペースに停める。ほぼ同じサイズのMiToを8年半停めていたのに、3〜4回も切り返しするとは。





ドロドロです


初日から130kmくらい走ってすっかり疲れてしまったが、結局夜もプン太郎で出撃。すぐに慣れることはできないが、とにかく運転しなければいつまでたってもプン太郎と仲良くなれない。どうもこいつはMiToよりも懐が数段深いようだ。早く慣れたいが、慣れてはツマラナイとも思う。あー!どーすりゃいいのさ!!ま、よろしく頼むぜ、プン太郎!

JUGEMテーマ:ABARTH

苦戦されてますねえ。
味付けを変えて熟成されたMiTo、程度の認識でしたのでちょっと意外。
3日くらいで慣れちゃって、LHD最高!アバプン最高!とかなってそうな気もしますが(笑

あ、でも、以前一週間ほどLHDの155を借りて乗ってみたときは、右手シフトに慣れないせいかダブルクラッチが結局出来ずじまいでした。MTの運転でダブルクラッチが出来ないと私的には面白さ半減なので、結構歯がゆかったですね。
| alfa_manbow | 2018/01/28 7:50 AM |

◇alfa_manbow様
歯がゆい!!歯がゆい!!それです!!3日じゃ無理だろうなぁ。でもですね、「うおー、早く乗りてぇっ!」って感じはものすごく久々です(笑)。今のところプン太郎に遊んでもらってる感じですけどねー。
| acatsuki-studio | 2018/01/28 8:06 AM |

私は試乗すらしなかったので、LHDは納車でディーラーから乗って帰る道が人生初のLHD運転でした。後ろを追走してきたとーちゃん曰く、センターライン思いっきりまたいで走ってたって(^^;)
極端な位にキープレフトの意識が必要みたいです。
安全確認も、いまだに大げさな位になります。右折では助手席まで身を乗り出す程(笑)
それ位のハンデ感を克服できると、総合的な安全運転スキルが向上しているものかなって勝手に思ってます。
視野が広くなって、運転が楽に感じますよ〜
AT限定で5時間オーバーした過去のある私も、すっかりLHDのMT派になってます。
あっという間に慣れちゃって、RHDの輸入車が乗りにくく感じるようになりますよ、きっと(*_*)
| いーごママ | 2018/01/28 9:30 AM |

◇いーごママ様
いずれエントリーの中に書こうと思いますが、フットレストに左足を置くと、ほぼその位置が左タイヤの位置なので、その意味ではすごくわかりやすいと思いました。RHDのMiTo時代は左に寄せるのなんかワケないぜ!って思っていましたが、こんなに左が分かりやすいと「うわー!寄ってる!左に寄ってる!」と恐怖を感じてしまうのはナゼ(笑)?

右後方の安全確認は確かに助手席に乗り出してやってました、オレも。この日は。でも14tくらいの連結トレーラーを県道の直線で追い越してみた時は、やっぱり別のスキルが必要だなぁと思いました。基本的に追い越しはあまりしない方がいいですね、慣れるまでは。

クルマに乗る時まずプン太郎に近づいて、「あ、(運転席)左だった」と認識するところからですから道は遠いです!!
| acatsuki-studio | 2018/01/28 9:45 AM |

納車おめでとうございます!

言ってみればアルファもフィアットもLHDが本来の姿です。満喫して下さい。

嫁の厳命もあるので、僕はQV(もちLHD)をなるべく長く乗れる様に地道に頑張ります。
| ハマのごっち | 2018/01/28 2:24 PM |

高速の通行券もうっかりRH側に入って…とか心配致しましたがそこは大丈夫だったようでなによりです。

バッテリー上がりも今度はLHなのでドアを開けられなくなって持ち上げるなんてことはないですね。

福島K40なんかもLHだとまた違った感じなのかな。

啓蟄あたりにワインディングインプレッションお願いします。

| じゃる | 2018/01/28 8:30 PM |

◇ハマのごっち様
ありがとうございます。本来のあるべき姿のはずですが、周辺環境(つまり日本の道路事情)に翻弄されております(笑)。そちらのMiToもかわいがってあげてくださいね。

◇じゃる様
三陸自動車道の今回乗った区間は無料区間なんで、そこは大丈夫なんですが、いったいいつになったら届くんだ?ETCカード!

山沿いのワインディングを走れるようになるのは3月半ば過ぎですかねぇ。もう楽しみで楽しみで…。
| acatsuki-studio | 2018/01/29 7:55 AM |

遅くなりましたが、納車おめでとうござい
ます!。土日が納車かな?と思っていたの
で、油断してました。
納車当日に初LHD車でコバルトライン行く
なんて、チャレンジャーだなぁ(^-^;。

え、私ですか?。納車日だけ運転して、冬眠
してますよ。さすがに週イチでエンジンは
かけることにしてますけど...。
| あお | 2018/01/29 6:24 PM |

◇あお様
ありがとうございます。あおさんもおめでとうございます。コバルトラインはさすがに無茶でした(笑)。でも突撃せずに引き返す勇気を手に入れました。

16インチのENKEIホイールが手元にあるんです。alfa_manbowさんからDS3用に頂戴したやつ。もし興味があったら焼きの時にでもお声掛けください。
| acatsuki-studio | 2018/01/29 6:46 PM |

納車おめでとうございます。

左ハンドルは慣れるしかないですねー。
慣れてしまえば右より安心して走れます。

プントはミトのQVよりもシフトフィールが気持ちいいんですよね。
ああ、羨ましい。
| かねおさ | 2018/01/29 9:25 PM |

◇かねおさ様
ありがとうございます。なまじ右ハンドルで操作法というか、認知方法を覚えてしまったのが返ってやっかいですね(笑)。

私のMiToはクイックシフトを組んでいたので、また比較対象になるかどうか微妙でして…。G-Techからクイックシフトが出てるので入れるかどうか考えてます。なるべく素の状態にしておきたいんですけど…。迷うなぁ。
| acatsuki-studio | 2018/01/29 10:15 PM |










http://withcar.jugem.jp/trackback/1473
+ PROFILE
+ accesses since Dec.2009
+ RECENT COMMENTS
+ 「クルマで行きます」用語集
■プン太郎■
筆者の愛車ABARTH PUNTO EVOのこと。
ブログ本文に「プントエヴォ」と
フルネームで書くと煩わしいので命名。

■顧問■
筆者の友人太郎君のこと。
エンスージアストにしてドラマー。
いろんな意味で筆者の指南役にして
このブログの技術顧問(と勝手に思っている)

■朝練&夜活■
早朝に走りに行くのが朝練。
夜に走りに行くのが夜活(やかつ)。
夜の走行活動の略。
どちらもひとりであてもなく走る。
つまりひたすらクルマとの対話を楽しむ。

■S店長■
筆者のMiTo購入時の担当営業さん。
現在VOLVO仙台泉店の店長。
筆者のクルマ人生を変えた人。
一言で言えばカーガイ。

■EDO■
Eat and Drink Organizationの略。
親友2名と行うツーリング企画の名。
「移動に有料道路は使わない」
「同乗者無しでひとり1台」
「うまいものを食べ、飲む」が掟。

■K店長■
クライスラー・ジープ・ダッジ仙台の店長。
TCT版リリースを機に滑り込みで
MiTo1.4TSportを購入したカーガイ。
カーオーディオ地獄サバイバー。
+ CATEGORIES
+ LINKS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ