クルマで行きます

クルマが好きなことにかけては人後に落ちない。
東北のABARTH PUNTO EVO乗りが綴る、クルマについてのあれこれ。
<< MiTo・最初で最後のツーショット | main | MiToで行く!最終回・秋保と定義でラストワルツ >>
MiTo・8年目の純正オーディオユニット
| AlfaRomeo MiTo | 23:25 | comments(4) | trackbacks(0) |

MiToと一緒に過ごす最後の週末。納車予定は午前中なので、当日慌てないために車内のあれこれをパッキングし始めている。基本的に車内には何も置かないことを旨としているので、そんな作業は楽勝かと思ったのだが、8年も乗っていると無意識のうちにいろいろ置いているものだ。グローブボックスや助手席背中のポケットの中身を紙袋に移動して備える。

しかし想定外だったのがオーディオだ。1DINヘッドユニット、アンプ、ドアスピーカーは取り外してプントエヴォに移植する予定である。だから納車以来一度も使ったことがない純正オーディオユニットにとりあえず換装する「だけ」のはずだったのだが…。
 


これを


これに


いざ作業してみたら、どうしてもセンターコンソールからユニットを取り出せない。このヘッドユニットは自分で取り付けたのに…。このユニットを固定している枠ってどうやって外すんだっけ??とガチャガチャ格闘すること10分。厳寒の車内で作業してたにも関わらずうっすら汗までかいてきた。やめよう。これ以上やったら壊すような気がする
 


これ、どうやって外したんだっけ…?


折りしも実はS店長のところへ出向く用事があった。プントエヴォ、社外アロイホイールがキャリパーに干渉することが判明し、対策として5mmのホイールスペーサーを噛ませることになったのだが、「ロングボルトって持ってませんか?あったらそれを使わせてほしいのですが…」とS店長から要請されていたのだ。こうなったらボルトを届けるついでにオーディオ取り外し作業もお願いしちゃおうじゃあないか!ということで再びボルボ・カー仙台泉へ出向いた。
 


ボルボ・カー仙台泉を訪れるたびに思うのだが、自分が気安くしているフィアット/アバルト仙台やプジョー仙台とはショールームの空気が違う。一般に自動車のショールームは、確かにブランドごとにそれぞれのカラーや雰囲気というものがうまく演出されていると思うが、一番はっきりと異なるのはそのショールームを訪れるお客である。例えばフィアット/アバルトやアルファロメオのショールームでは、そこにいるお客さんはどうせヘンタイばかりという安心感がある(笑)。こっちの勝手な思い込みだが、同好の士というか。プジョーやシトロエンだとなぜか女性客が多い印象があって、ヘンタイの本場はそっちでしょと思いつつオサレムードに少々遠慮するところがある。ところがボルボは、なんというか、プジョーやシトロエンに輪をかけてお客が上品である(笑)。家族連れも多いように思う。声が小さいし(笑)。ボルボ・カー仙台泉のそんなショールーム。プジョー 307SWからアルファロメオ MiToに乗り換え、今またアバルト プントエヴォなんてクルマに乗り換えるべく下ごしらえ的な作業を待つ身としては、「場違いな人がいてすみません」という思いを払拭しきれない(笑)。いや、そんなことが言いたいのではない。「ブランドの最大の財産は贔屓の顧客である」ということである。ボルボ・カー仙台泉で所在なく作業を待つ時はいつもそう思う。これはなにも自動車に限った話ではない。

そんな場違い感を漂わせつつ待つこと30分、60分、90分…。おいおい、けっこう時間かかるな!依頼内容は「今付いているヘッドユニットとアンプを取り外して、純正オーディオをはめ込むこと」だったのだが、結局2時間待ってでき上がったのは、K店長渾身のワイヤリング結果のケーブル類はすべて取り外し、純正オーディオも動作(聴ける)状態であった。なんと!どうせ廃車なんだからただポン付けの音無しで良かったのに…。メカニックさんには悪いことをしてしまったか?返って恐縮である。



やっとピットから出てきた…


新鮮な眺め


オーディオ大改造の時以来鳴らしていなかったリアスピーカーから、純正オーディオでラジオの音が流れる。ブラウプンクトのユニットは意外や使い勝手が良い。MiToの購入当時、そもそもあまり使う機会もなさそうなのにディーラーオプションのcarrozzeriaナビをなぜ付けたかと言うと、ブラウプンクトユニットはiPodのデジタル接続ができなかったからだ。デジタル接続どころか、外部機器はアナログ接続すらできなかった。2009年と言えば、iPodに代表されるフラッシュメモリ媒体の音楽プレイヤーを車内で使うことは、もう特別なことではなかったはずだが…。そんな理由で8年間我が家の物置の中で眠っていたユニットだが、優しい音をしばし奏でてくれたのだった。

と書くとポエトリーだが、要は高音のなまったもっさりした音ということだ。もちろん純正スピーカーの低品質も大きな要因ではあるが、いずれにしてもこれでは快適に音楽は聴けない。じゃあディーラーオプションのナビの音は良かったのか?と問われると残念ながらそうとも言えない。K店長とじっくり相談して施したオーディオ環境大改造は、大勝利な解だった。そして今、快適だったMiToの車内がどんどん寂しくなっていく。納車の前にリアに噛ませた20mmのホイールスペーサーも外さなければ。まるでエンディングノートを書いている心持ちだ。悲しい。
 

JUGEMテーマ:ALFA ROMEO

おはようございます。
本日納車ですか?おめでとうございます。
迷惑でなければ短時間伺っても良いですか?
| トーマス | 2018/01/22 8:11 AM |

◇トーマス様
残念ながら納車は本日ではありません。そうだなぁ、誰かに立ち合ってもらった方がMiToと別れる哀しみは薄れるかもしれないですね。どうせ納車されたら「いえ&#12316;い!プントエヴォ!!」となっているはずなんですが(笑)。
| acatsuki-studio | 2018/01/22 10:55 AM |

有終の美、ともいうんでしょうか。
廃車個体になってもキレイに着飾ってもらってMiToも喜んでるでしょうね。

とこれであれ、うちの純正品はブラウでなくBOSCH製なんですけど。
| じゃる | 2018/01/22 1:16 PM |

◇じゃる様
あ、そうなの??聴き比べしたかったですね(笑)。
| acatsuki-studio | 2018/01/22 7:54 PM |










http://withcar.jugem.jp/trackback/1466
+ PROFILE
+ accesses since Dec.2009
+ RECENT COMMENTS
  • プン太郎で行く!蔵王・紅葉台の大パノラマ
    acatsuki-studio (05/18)
  • プン太郎で行く!蔵王・紅葉台の大パノラマ
    denzou (05/18)
  • プン太郎で行く!蔵王・紅葉台の大パノラマ
    ガキんちょチンク (05/18)
  • プン太郎で行く!蔵王・紅葉台の大パノラマ
    しげ (05/17)
  • プン太郎・シフト問題を考えていたら、アバルトチューニングの凄みに気付いてしまった話
    acatsuki-studio (05/16)
  • プン太郎・シフト問題を考えていたら、アバルトチューニングの凄みに気付いてしまった話
    ガキんちょチンク (05/16)
  • プン太郎・シフト問題を考えていたら、アバルトチューニングの凄みに気付いてしまった話
    acatsuki-studio (05/16)
  • プン太郎・シフト問題を考えていたら、アバルトチューニングの凄みに気付いてしまった話
    ガキんちょチンク (05/16)
  • プン太郎・シフト問題を考えていたら、アバルトチューニングの凄みに気付いてしまった話
    acatsuki-studio (05/16)
  • プン太郎・シフト問題を考えていたら、アバルトチューニングの凄みに気付いてしまった話
    Profumo (05/16)
+ 「クルマで行きます」用語集
■プン太郎■
筆者の愛車ABARTH PUNTO EVOのこと。
ブログ本文に「プントエヴォ」と
フルネームで書くと煩わしいので命名。

■顧問■
筆者の友人太郎君のこと。
エンスージアストにしてドラマー。
いろんな意味で筆者の指南役にして
このブログの技術顧問(と勝手に思っている)

■朝練&夜活■
早朝に走りに行くのが朝練。
夜に走りに行くのが夜活(やかつ)。
夜の走行活動の略。
どちらもひとりであてもなく走る。
つまりひたすらクルマとの対話を楽しむ。

■S店長■
筆者のMiTo購入時の担当営業さん。
現在VOLVO仙台泉店の店長。
筆者のクルマ人生を変えた人。
一言で言えばカーガイ。

■EDO■
Eat and Drink Organizationの略。
親友2名と行うツーリング企画の名。
「移動に有料道路は使わない」
「同乗者無しでひとり1台」
「うまいものを食べ、飲む」が掟。

■K店長■
クライスラー・ジープ・ダッジ仙台の店長。
TCT版リリースを機に滑り込みで
MiTo1.4TSportを購入したカーガイ。
カーオーディオ地獄サバイバー。
+ CATEGORIES
+ LINKS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ