クルマで行きます

AlfaRomeo MiToが好きなことにかけては人後に落ちない。
東北のMiTo乗りが綴る、クルマについてのあれこれ。
<< 【試乗記】シトロエン NewC3・これは売れますよ、という特殊な見解 | main | MiToで行く!青空探しに村山へ >>
怒るMiTo
| MiToのメインテナンス | 13:06 | comments(2) | trackbacks(0) |


MiToのエンジンがかからなくなった。朝出かけようとしたらかからなかった。セルが回らない。これが世に聞く「バッテリーの突然死」だろうか。

その朝は処置をあきらめ、一日鬱々とした気持ちで過ごし、22時過ぎに帰宅してから(近所迷惑も顧みず)家人のDS3のバッテリーとジャンプ接続し、始動を試みる。

あっさりエンジンはかかった。

バッテリーの突然死を疑った背景には、カーオーディオヘッドユニットの異常がある。事件発覚時、キーを1段ひねったところで(つまりアクセサリー電源ONの状態で)先日導入したヘッドユニットが「セットアップ画面」という見慣れない画面を表示していた。つまりこのことからユニット本体にはバックアップバッテリーは無いことがわかる。不思議なことにこのユニットのカレンダー・時計設定やディスプレイ表示に関する設定は失われていたが、なぜかEQ設定は生き残っていた。夜にもしやと思いMiToのオンボードコンピューターのデータを確認してみると、時計が5分遅れていること以外はODDメーターデータもA,Bふたつあるトリップメーターデータも無事だ。

以上のことから推測するに、バッテリーは完全に死亡してはおらず、わずかながら電源供給はしていたのではないか。オーディオユニットはメモリーを維持するのに最低限必要な電流すら受け取れず、設定が一部飛んだのではないか。あるいは本当に一瞬の電力低下か。
 


家人のDS3から電源を分けていただく


最近のイデアルさんでの雑談で「バッテリーの突然死」の話をよく聞いていた。昨今の車載バッテリーは性能向上の結果寿命は以前よりも長くなったが、その蓄電能力は経年で徐々に衰えていくのではなく、ぎりぎりまで通常の能力を発揮しつつ、ある時突然死亡する…。そういうケースが増えたのだという。もしも筆者の体験がそのケースだとしたら、自宅駐車スペースで発生したことは不幸中の幸いだったのかもしれない。

ジャンプ始動後、30分ほど夜活に出かけてみたが、まったくいつもどおりのMiToであった。おお、いいぜぇ。翌朝、恐る恐るエンジンをかけてみた。まったく問題なく始動した。なんだったんだ…。しかしそのまま出かけて、出先の駐車場から動けなくなるなんてことになったら目も当てられないので、家人のDS3に同乗させてもらった。

そんなこんなで、イデアルさんにもちこんでバッテリーその他のチェックを受診できたのは2日も経ってから。発覚日の夜以降はまったく異常がない状態で入庫。最悪バッテリー交換も覚悟したのだが、診断の結果

まったく、どこにも、異常なし

であった。まーねー、きっとさー、そーなんじゃないかと思ったよねー。バッテリーにはテスターで高負荷テストも行ってみてくれたそうだが、電圧も含め健康体であるという。事ここに至り思い当たる原因はひとつしかない。先日シトロエン New C3の試乗でイデアルさんを訪れた際、「次のクルマ?決まりましたよ。プジョー 308GTi270 by Peugeot Sportですよ、はっはっはっはっはっはっは」とこれみよがしにMiToの近くでしゃべってしまったのだ。もちろん500万円などという現金も借り入れあてもないまったくの戯れ言だったのだが、どうもMiToが怒ったらしい

ということで今後の対策は、「MiToの近くで買い替えの話をしない」の一点に尽きる。やはりこういうことはあるのだ。
 

JUGEMテーマ:ALFA ROMEO

えっ?、ぢゃあMiToのご機嫌斜めの原因を
作ったのは俺っってこと?。

タッチの差?で売約済みになったけど、
アバルト・プント スコルピオーネを見ら
(「ら」抜き言葉反対!)れたし、濃密な
時間だと思ったんだけどなぁ。でも、バッ
テリーの電圧あるのに、エンジンかからな
かったのは、気がかりですね。
| あお | 2017/08/03 3:28 PM |

◇あお様
でもそうとしか考えられないんですよね。一応今回の診断では電気系の接触不良は考えられる…と言われましたが、じゃあ1mmも動かしてないのに朝ダメで夜大丈夫だったのはなんでじゃ?という話になりますし。

あおさんとK店長とお話ししていた時間は、おっしゃるとおり、ものすごく濃密な自動車レッスンでした。おかげでホントに308GTiがほしいのかどうか、わからなくなってきました(笑)。やっぱり本気で次のクルマが欲しいわけじゃないんだと思います。
| acatsuki-studio | 2017/08/03 4:19 PM |










http://withcar.jugem.jp/trackback/1394
+ PROFILE
+ accesses since Dec.2009
+ RECENT COMMENTS
+ 「クルマで行きます」用語集
■顧問■
筆者の友人太郎君のこと。
エンスージアストにしてドラマー。
いろんな意味で筆者の指南役にして
このブログの技術顧問(と勝手に思っている)

■朝練&夜活■
早朝に走りに行くのが朝練。
夜に走りに行くのが夜活(やかつ)。
夜の走行活動の略。
どちらもひとりであてもなく走る。
つまりひたすらクルマとの対話を楽しむ。

■S店長■
筆者のMiTo購入時の担当営業さん。
現在VOLVO仙台泉店の店長。
筆者のクルマ人生を変えた人。
一言で言えばカーガイ。

■EDO■
Eat and Drink Organizationの略。
親友2名と行うツーリング企画の名。
「移動に有料道路は使わない」
「同乗者無しでひとり1台」
「うまいものを食べ、飲む」が掟。

■K店長■
クライスラー・ジープ・ダッジ仙台の店長。
TCT版リリースを機に滑り込みで
MiTo1.4TSportを購入したカーガイ。
カーオーディオ地獄サバイバー。
+ CATEGORIES
+ LINKS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ クルマ以外の話も…
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ