クルマで行きます

AlfaRomeo MiToが好きなことにかけては人後に落ちない。
東北のMiTo乗りが綴る、クルマについてのあれこれ。
<< MiTo・オーディオヘッドユニットを新調・暗澹たる想い | main | 冥府魔道の改造道を逝く…度胸はまだありません >>
MiToで行く!栗駒焼石ほっとラインで大勝利!!
| その他のツーリング・夜活など | 00:46 | comments(3) | trackbacks(0) |


 

 

岩手県奥州市の山奥から一関の山奥に抜ける道をGoogleMapで見つけた。R397で東進すると途中にある奥州湖、その脇からR342へ抜けるほそ〜い道があるのだ。その名も「栗駒焼石ほっとライン」。名前が微妙。初踏破の道路は全てに優先される。あにはからんや、栗駒焼石ほっとラインがまたもや「MiToのために作られたのではないか??」的な、素晴らしい道だったのだ。

実は今回のこのプラン、ようやく実現したのである。件の奥州湖・R397へ宮城県側から最短で辿り着くなら、宮城県・秋田県・岩手県の3県にまたがる栗駒山経由となる。R457やR398で栗駒山を迂回し、K282でR397に至る…と書けば簡単だが、このK282、積雪による閉鎖期間が長い。確実に走れるのは7〜10月の約4ヶ月程度。実際6月半ばでも閉鎖中で、その日のプランを変更したことがある。さすがに7月になればもう大丈夫だろう。

折りしも休日なのに早起きしてしまい、自宅をなんと6:20に出発してひたすら北を目指す。山沿いを走る細い県道三昧で旧岩出山町まで抜ける。岩出山からはR47で花山へ。花山湖を経由していよいよR398で標高を上げていく。
 


K159という素晴らしい番号の県道


R457、花山直前の集落


道の駅 路田里はなやま 自然薯の館


R398をぐいぐい登っていく


R398のビュースポット「湯野浜峠」で頂きを雲に覆われた栗駒山を眺める。いやぁな予感はしていたのだが、K282との交差点に到達するとその栗駒山山頂を覆っていた雲がすぐそこに。いざ車輪を進めても時折小雨がチラついたり。考えてみればK282を晴天のもとに走った記憶は無いのだった。さすがお山の天気である。標高1,000mにある須川湖に到着しても雲だか霧だかわからないが、とにかく周辺はガスだらけで景色もへったくれもない。
 


湯野浜峠


栗駒山。頂きは雲に覆われ見えない


K282の交差点に到着!
今日は通れるぜ!



しかしどんよりしてきた


栗駒山の北側にはこんな看板がたくさん。
これ、主語が捜索隊側にあって
いっしゅんとまどう。
誰か日本語の添削してあげてほしい


あ、これならわかりやすい


須川湖に到着。
本当はMiToの後ろに湖があるのだが、
ガスで見えず


遊歩道をちょっとだけ歩く。
画像だけ見れば神秘的かもしれないが、
何かの工事が入っていて
電ノコの動作音が周囲に鳴り響いている…


画面奥、建物は栗駒山荘


R342に分岐して山を下って東成瀬村に入る。雲の下に降りてくれば、それなりに明るくもなり、山間の村落の景色がとても美しい。
 


R342、東成瀬村をゆく


あっという間にR397との交差点へ。奥州市方面へ進む。この東成瀬村から奥州湖への区間も緑の美しい道だった。またこの辺りまで下ってくると、天気も回復して薄日が差すようになってきた。このコースは江戸時代以前からあったものらしいが、深い渓谷などをどうやって超えてきたのか、別の意味でも興味深い。
 


秋田・岩手県境の大森山トンネル。
岩手県側から見たところ。
この写真を撮るために橋の上を歩いてみたが、
目もくらむ高さなのでやめた方がいいです



一瞬見落としそうになったが、今回の最重要課題である「栗駒焼石ほっとライン」の看板を発見。慌てて右折する。
 




つぶ沼脇に広場があったのでトイレ休憩。
相当汚れたなぁ

 

この栗駒焼石ほっとラインを走り始めてとにかく驚いた。天気は回復し、燦々と陽がさす極上舗装路には前後に誰もいない。奥州湖の西端の湖畔を回り込みながら走るこの道は、まるでMiToのために作られたとしか思えない極上ロードである。先月の置賜広域農道といい、今年はツイている。
 



えっ?何このパノラマ…


うわー!ヨーロッパみたい!
行ったことないけど



奥州湖を後にしても整備された舗装路がうねうねと続く。建物がないからだろう、電柱も存在しない。なんと気持ちよい道であろうか。



高低差の少ない極上舗装路を


ひたすらマイペースで走れるなんて


笑いが止まらないぜ、ぐへへへへへへへへ


そんな栗駒焼石ラインはあっけなくR342に合流する(約15kmだもの)。西に進めば再び須川湖へ戻るR342は、東へ進めば一関市だ。途中には景勝地「厳美渓(げんびけい)」もある。2014年8月の「クルマで行きますOFF会#7・夏の東北クルマ旅」で一部走破した観光道路でもある。骨寺村荘園跡の直前でK49へ右折し、さらに南下。このK49はこれまでに何度も何度も走った、これもMiToのために作られた疑惑の気持ちよい道である。

K49でalfa_manbowさんのHONDA S2000を試乗させていただいた話
試乗記・HONDA S2000

宮城県に入る。そろそろ昼飯の心配を…って、この段階でまだ11時くらいなのだ!奥州湖で9時半くらいだったんだもの…(笑)。やっぱり早朝に出発するとイイコトだらけである。本当は一関市内で何か食べようかと思っていたのだが、あまり欲張らずに岩出山へ戻り、大黒屋でラーメンを食べることにする。



大黒屋
宮城県大崎市岩出山下一栗一本杉5-15



醤油ちゃーしゅーラーメン

半ライス(と漬物)

半熟煮玉子



すっきりしているがコクのある醤油スープがお気に入り


大黒屋から岩出山町内を抜け、これまた山奥の県道を組み合わせて仙台市の自宅へ帰宅。





岩出山に来たらこれを買わなきゃねぇ。
十五代目KAORIが継いで、
今日もおいしい酒まんぢう



定点観測地点。
陸上自衛隊王城寺ヶ原演習場脇



大和町・南川ダム


6時間半/305km


栗駒焼石ほっとライン…、最高だった…。と反芻していたら、なんと公式サイトがあるのだった。東北のMiTo乗り、に限らずクルマ好きはぜひ走ってみてほしい。
 

JUGEMテーマ:ALFA ROMEO

素晴らしいですね!
これは是非走ってみたい道です。
きっとウチのアテンザと500のために造られた道なのでしょう!
閉鎖する前に走りに行かなければ…
| しげ | 2017/07/08 3:26 AM |

栗駒焼石ほっとライン…、最高だった…。

なんだか、公衆トイレに書いているいかがわしい
落書きみたいですね。電話番号も書いているけど、
telする奴いるんかい!って、落書きに向かって
ツッコミたくなります。

「山菜よりもほしい貴方の命」

ツキノワグマの心情だったらと思うと、ちょっと
怖くなりました(^-^;。
| あお | 2017/07/08 6:18 AM |

◇しげ様
アテンザでも500でも最高に楽しめると思います。ただ西から目指すと、栗駒焼石ほっとラインまでの道中がけっこう大変かも(笑)。

◇あお様
電話番号書き忘れた!!

あの看板は月の輪熊の心情吐露だったんですね。納得です。ってコワイわ!
| acatsuki-studio | 2017/07/08 8:03 PM |










http://withcar.jugem.jp/trackback/1383
+ PROFILE
+ accesses since Dec.2009
+ RECENT COMMENTS
+ 「クルマで行きます」用語集
■顧問■
筆者の友人太郎君のこと。
エンスージアストにしてドラマー。
いろんな意味で筆者の指南役にして
このブログの技術顧問(と勝手に思っている)

■朝練&夜活■
早朝に走りに行くのが朝練。
夜に走りに行くのが夜活(やかつ)。
夜の走行活動の略。
どちらもひとりであてもなく走る。
つまりひたすらクルマとの対話を楽しむ。

■S店長■
筆者のMiTo購入時の担当営業さん。
現在VOLVO仙台泉店の店長。
筆者のクルマ人生を変えた人。
一言で言えばカーガイ。

■EDO■
Eat and Drink Organizationの略。
親友2名と行うツーリング企画の名。
「移動に有料道路は使わない」
「同乗者無しでひとり1台」
「うまいものを食べ、飲む」が掟。

■K店長■
クライスラー・ジープ・ダッジ仙台の店長。
TCT版リリースを機に滑り込みで
MiTo1.4TSportを購入したカーガイ。
カーオーディオ地獄サバイバー。
+ CATEGORIES
+ LINKS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ クルマ以外の話も…
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ