クルマで行きます

AlfaRomeo MiToが好きなことにかけては人後に落ちない。
東北のMiTo乗りが綴る、クルマについてのあれこれ。
<< MiTo・TEZZO製エアクリーナーをインストールしてみた | main | MiToで行く!栗駒焼石ほっとラインで大勝利!! >>
MiTo・オーディオヘッドユニットを新調・暗澹たる想い
| 車載オーディオを考える | 23:58 | comments(4) | trackbacks(0) |


MiToのオーディオヘッドユニットを新調した。carrozzeria(Pioneer) DEH-970である。

MiToの購入時、筆者も人並みにナビを導入した。carrozzeria AVIC-HRZ088というパイオニアのミッドレンジの製品で、これはディーラーオプションの、いわば半純正品だった。しかし2014年2度目の車検時にこれを取り外した。ナビを使う機会は筆者の場合年に数回程度。その割に視界の端の方でチラチラとマップが映っているが鬱陶しい。ナビ使用時以外は画面をオフにしていたのだが、そうなると「そもそもこの巨大な黒いスクリーンはなんなのだ??」という気持ちになるのもムベナルカナ。

しかしナビ取り外しの最大の理由はラインアウト端子が無かったことだ。2014年の車検時に第一次オーディオ改造を実施し外部アンプを導入したのだが、そのアンプに出力できなかったのだ。「うっそだ〜。ラインアウト端子を積んでないカーオーディオユニットなんて、あるわけないじゃ〜ん」と多くの方が思うだろうが、これは本当である。厳密に言えばラインアウトはあるにはあったのだが、専用DSPユニット用のもので、流れる信号も特殊なものだった(アンプにつないでみたけど音は鳴らず)。なるべくナチュラルに信号を通すことを最優先した計画だったので「こりゃ使えん!」となったのだ。そこで急きょリリーフ役で登場したのがALPINE CDE-9871Ji。これは家人がフィアット プントに積んでいたもので、シトロエン DS3に乗り換えた際に死蔵されていたもの。
 


ALPINE CDE-9871Ji


CDE-9871Jiは安物だが、充分役割を果たしてくれていた。とにかくiPodをデジタル接続できてラインアウト端子が積んであればなんでもいい!のココロである。しかしこれもダメだった。EQの調整周波数が若干的外れだったことはまぁ許容できる。致命的だったのはiPodの充電ができないことだった。いわゆる「MADE for iPod」の第一世代機。まだ規格にばらつきもあったのだろう。だから馬鹿馬鹿しいことに、2〜3日に1回は車載専用iPod Touchを取り外しては家で充電していたのだ。つい先日、再生中にiPodが電池切れで沈黙し、とうとうぶち切れた次第である。

carrozzeria DEH-970
24,948円
 


購入はamazonから。定価よりも約1万円ほど安かった。取り付けは自分で。それでも30分くらいかかったろうか。基本的にはポン付けだから、ケーブルを外して挿しなおすだけである。気付いた点を箇条書きにする。





 

◎iPodに充電できる
今回の最大の目玉機能である。とほほ。エンジンをかける時に「まだバッテリー残ってるかな?」とiPod Touchの画面を確認しなくてもよくなった。めでたい。

◎ステアリングハンドルコントローラーが有効化された
ALPINEでは完全に無視されていたハンドルについているオーディオコントロールスイッチが突然有効になった。やっぱりこれは楽だし、安全運転にも若干の寄与があると思う。ただソース切り替えスイッチの隣にあるカーソルスイッチ(右手側のスイッチ)がユニットのどの機能に割り振られているのかよくわからない(笑)。

◎ディスプレイに過不足無い情報が表示される
CDE-9871Jiの表示機能は日本語対応しておらず、日本語曲だと実に味気なく「NO SUPPORT」表示されるだけだった。DEH-970は曲名・アーティスト名・アルバム名を3行で表示してくれる。若い頃聴きまくった音源では必要ないが、最近買ったCDやDL購入した音源では重宝する。
 


メリットはこれくらいだった。むしろ期待していたが思ったほどではなかった機能もある。

▲タイムアライメント機能
任意の点(通常は運転席のヘッドレスト)を基準として、左右前後のスピーカーの発音からマイクまで音波が到達するまでの時間差を測定して平均化してくれるこの機能、実はけっこう期待していたのだが、結論から言えば筆者には不要な機能だった。もっともこれは我がMiToのオーディオ環境特有の事情だろう。筆者のMiToはドアスピーカーをコアキシャルスピーカー(ローミッドとツイーターが一体になっているスピーカー)に換装しており、Aピラーのツイーターやリアスピーカーはすべて鳴らさないようにセッティングしている。簡単に言えば大きめのラジカセに顔をくっつけて聴いているようなもので、その意味では確かに音像のセンターはやや運転席側に寄っている。だがこの状態で音像のセンターを左(助手席側)に移しても、助手席に誰かが座るととたんにバランスが悪くなる。そんなわけで通常はオーディオユニット内では左右バランスは調整せず、心持ち右に寄った状態で聴いている。タイムアライメント機能はそのバランスを厳密に取ってくれると思っていたのだが、むしろ右に寄るという不思議な結果になり、速攻でOFFった。
 


左ドアスピーカーに取り付けたFOCAL 165CVX。
スピーカー中央の銀色の突起がツイーター


▲イコライザー
12バンドのグラフィックイコライザー!と聞けば心躍るが、意外や効きは大した事なかった…。「効きが大した事ない」も一長一短で、急激な変化を好まないユーザーもいるだろう。筆者はなるべくピュアな信号を聴きたいクチ、つまり「ちょっとした補正ができればいい」人なので、やいやい言う程のことでもないのだが。例によって200〜500Hzを若干カットし、80Hzよりも下と8kHz〜20kHzをブーストしてデフォルトとしてみた。こうするとスーパースプリントのエグゾーストノイズとなんとか渡り合える。

全体的な音質については可もなく不可もなく…である。ALPINE CDE-9871Jiと比べれば、DEH-970の値段は約3倍であるにも関わらず劇的な音質向上はない。そもそも1DINサイズのオーディオコントロールユニットはもはや市場では風前の灯である。そもそもモノが無いのだ。回路を単純にして、その代わり電源やD/Aコンバータなどの重要なパーツだけはきちんとしたものを使って、モバイルOSとの親和性を高くしてくれればそれで充分なのだが、そういうユニットは国内外を問わず少ない。もちろん利益率は2DINのナビの方が高いだろうことは想像がつく。となれば商品開発がそちら優先になるのもやむを得ないこともわかる。そもそもノイズまみれ、かつ吸音材の塊のような自動車内という特殊な環境で、オーディオに良質な音質を求めること自体が的外れであることもわかっている。筆者はだからせめて充分な音量と、多少の色付けがあっても良いから気分が華やぐ音質で聴きたいだけなのだ。

穿った見方かもしれないが、そもそも「車内で上質な音質を求めるユーザーが減っている」のではないか?とも疑っている。mp3に代表される種々の圧縮音源をはじめ、動画配信サイトから違法にダウンロードした動画や音源でばかり音楽を聴く若者が増えているという。しかもその粗い音を聴くデバイスは粗悪なイヤフォンだ。彼らはそもそも「良い音」を知らない。その上そういう若い年代層こそカーオーディオのメイン購入層だ。「高音質」を謳っても商品の魅力にならないのだ。つまり今後も魅力的な1DINオーディオユニットが市場に出てくる可能性はとても低い

魅力的なオーディオユニットが無くなっていくとともに、良い音を知る人口が確実に減っていくという事実。暗澹たる気持ちである。

「音」の話題が出たのでお邪魔します。
同じく、昨今の音響機器や音楽文化の状況に「何だかなぁ」と感じている者の一人です。
家庭用・携帯用・車載用を問わず、オーディオを名乗る製品には価格帯はどうあれ最低限のサウンドチューニングはあってほしいものです。グライコ・音場補正の類は相応の基準が無いと、なんとも残念な機能となってしまう場合が多いです。
しばらく使えば回路に熱が入って、少し良くなるかもしれません。
| A.Sud | 2017/07/01 10:36 PM |

◇A.Sud様
特に今回はヘッドユニットだけの「首すげ替え」なので、余計に変化がわかりやすかったのかもしれません。20年くらい昔のユニット(ただし高価なやつ)の方が音が良いのかもしれませんね。もうホントにDAコンバーターだけの問題ですから、経年変化、ありますかねぇ…。
| acatsuki-studio | 2017/07/01 10:57 PM |

ある回路技術者の話によると、DACよりも下流のアナログステージの方がずっと音に対する影響度が大きいとの事です。
DACの特性も含めた回路構成全体の作り込みが重要となるようです。回路素子もミクロで見れば「化学」の世界ですから、熱の影響や経時変化はあって然るべきと考えます。だから、「劣化」までに至らなければ何年も前のヤツの方が良い、という状況も往々にして起こり得ます。クルマ本体と同じです。
これも含めて楽しみつつグライコ類もイジりつつ・・・というのが大人の嗜みといえるでしょう。まさにクルマと同じです。
| A.Sud | 2017/07/01 11:50 PM |

◇A.Sud様
うーん。そうだったのか…。<DACよりも下流のアナログステージの方がずっと音に対する影響度が大きい

ちゅうことは、DEH-970の価格帯(2〜3万円)の製品に期待する方が的外れかもしれませんね。加えて1DINオーディオヘッドユニットという製品自体が衰退していくジャンルだとしたら、作る機会が減っていく製品に関する技術ノウハウの継承も衰退していくんじゃないかと危惧しています。「良い音を鳴らしたい!」という若い技術者がどこでどのように育っていくのか…。せめて買ったり声をあげたりして応援するしかないですね。

>>これも含めて楽しみつつグライコ類もイジりつつ・・・というのが大人の嗜み
深いっ!いやぁ深いなぁ。決めつけないで、育成するつもりでDEH-970と付きあってみます。
| acatsuki-studio | 2017/07/02 8:36 AM |










http://withcar.jugem.jp/trackback/1382
+ PROFILE
+ accesses since Dec.2009
+ RECENT COMMENTS
+ 「クルマで行きます」用語集
■顧問■
筆者の友人太郎君のこと。
エンスージアストにしてドラマー。
いろんな意味で筆者の指南役にして
このブログの技術顧問(と勝手に思っている)

■朝練&夜活■
早朝に走りに行くのが朝練。
夜に走りに行くのが夜活(やかつ)。
夜の走行活動の略。
どちらもひとりであてもなく走る。
つまりひたすらクルマとの対話を楽しむ。

■S店長■
筆者のMiTo購入時の担当営業さん。
現在VOLVO仙台泉店の店長。
筆者のクルマ人生を変えた人。
一言で言えばカーガイ。

■EDO■
Eat and Drink Organizationの略。
親友2名と行うツーリング企画の名。
「移動に有料道路は使わない」
「同乗者無しでひとり1台」
「うまいものを食べ、飲む」が掟。

■K店長■
クライスラー・ジープ・ダッジ仙台の店長。
TCT版リリースを機に滑り込みで
MiTo1.4TSportを購入したカーガイ。
カーオーディオ地獄サバイバー。
+ CATEGORIES
+ LINKS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ クルマ以外の話も…
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ