クルマで行きます

AlfaRomeo MiToが好きなことにかけては人後に落ちない。
東北のMiTo乗りが綴る、クルマについてのあれこれ。
<< 次期F-X論争に一応の結論出る(ロイター)←嘘 | main | 座ったままで流れる景色 >>
MiTo・12ヶ月点検への旅立ち
| クルマにまつわる四方山話 | 09:53 | comments(8) | trackbacks(0) |


MiToが5回目の12ヶ月点検へ旅立った。株式会社イデアルさんへ。いつものことながら、いろいろ妄想してきた。

1.タイミングベルト交換(2回目)
2.ラジエター交換
3.エグゾーストパイプの固定
4.ウェザーストリップ交換(左右ドアのみ)
5.ABARTH PUNTO用アンダーパネルの取り付け
6.エアクリーナー(持込み)交換取り付け
7.ボディのガラスコーティング


妄想は主に4と5だったが、このウェザーストリップが予想を遥かに超えて高価だったので速攻見送り。5も価格が判明する前に調査中止を要請。2もクーラント液漏れはストップリーク剤で今のところ再発しておらず、緊急性は低いと判断されたため見送り。タイベル交換、エグゾーストマウントストッパー交換、エアクリーナー交換が主だった内容、加えてエンジンオイルの交換となった。

入庫時、K店長に「周囲から147に乗ってみろと言われてまして…」と話したら、K店長の思い出話が炸裂(笑)。本当に147が好きなんだなぁとほほ笑ましい。2017年の今147に乗るなら2.0のセレ、2004年あたりの前期型の最後期もの、走行距離3〜4万kmで車両本体価格49万円。そんな個体を総額70万円くらいで買って、タイヤは16インチで改造はなにもしない、セレ(修理用)預金30万円を常にキープしておく。これが極意だそうだ(笑)。あまりにも楽しいお話ではあるが、残念ながら筆者にその目は無い(笑)。

それなりに時間がかかる整備なので入院となったMiTo。その代車はシトロエン C3だった。これももはやお馴染の個体。相変わらず4〜50km/hまでの加速はハエが止まるようなもっさり具合だが、そこから上の速度域でのシャキシャキ具合は素晴らしい。
 




今回このステッカーは剥がされていた(笑)


【試乗記】シトロエン C3(2005)・この快楽は知っている人だけが知っていればいい

だがこのC3の楽しさもあくまで「下駄」だと思えばの話であって、8年/15万kmも苦楽を共にできるか…?と問われれば、それは残念ながらNoである。多少演出過多であっても、MiToのような「ほどほどの非日常感」こそが筆者がクルマに求めるものなのだ。

K店長との雑談の中で「もはやマニュアルトランスミッションは必須ではない」という話をした。エンジンのレスポンスが良ければ良いほど、自動変速の方が楽しいということが我々には解ってしまった(ただしトルコンATは除く)。いずれは片手片足でガチャガチャと変速するクルマよりも、「合理的な速さ」を標榜するクルマに乗り換えていくのだろうけれど、今はまだMiToに乗っていたい。同時に、MiToのようなクルマはますます減っている。そういう周囲の状況も、筆者をMiToに固執させる一因である。


 

JUGEMテーマ:ALFA ROMEO

あれ、トルコンA/Tはダメ?
今は、一周回ってトルコンがちょっとブーム(ちょっと大げさか)らしいですよ。
チェンジスピードもツインクラッチと遜色ないほどまで速くなったし、ロックアップが良くなったので。
ステイーレのアゲさんも今のトルコンA/Tのいい奴はロックアップがすごくて、いいですね、と言っていました。
そうなるとトルコンA/Tのメリットが相対的にクローズアップされ、DCTからトルコンA/Tに戻るメーカーも出てきていますね。(ボルボもそうです)
| hoshinashi | 2017/06/11 9:58 PM |

◇hoshinashi様
エンジンの反応とセットで考えなきゃならない話だとは思います。K店長との話の中ではエンジンレスポンスが鋭いヤツはMTでは遅くてもったいないという意味の話になったのでした。トルコンATもロックアップ領域がどんどん広がって、結果ダイレクト感は増しているという話は聴くのですが、いかんせん私はそれを体感できていないので…。

V40ってトルコンでしたっけ?ロックアップの領域はともかく、つながる速度が速いならトルコンでも問題ないのかもですね。
| acatsuki-studio | 2017/06/11 11:24 PM |

うちの206SWも、来週12ヶ月点検に
入りますよ。
acatsuki-studio様のMiToは8年モノ
ですが、うちのは干支を一周して
しまいます。

代わりが効かないクルマって、ある
んだと思います。(盲目的に)愛して
いるのなら、修理費用が許容範囲内で
あれば、乗り潰した方が得策ですね。
「Love Her Madly」by The Doors

MT AT論争につきましては、
「好きなのに乗りなよ」
で良いと思います。私は左手、左足が
元気な間はMTでいくつもりです。だって
MTの方が楽しいし...。
| あお | 2017/06/12 6:25 AM |

多段のトルコンで刻んで美味しいとこだけ使うってのが昨今のトレンドのようですよね。
理屈はわかるんだけど、小排気量車の3速とか4速トルコンの悪いイメージが強くて、トルコンというだけで拒否反応が……(^_^;)

ガチャガチャやるのが好きなんで次買うとしたらMTが良いけど、その前に絶滅してるかも?(´・ω・`)
そういう意味でもMiToが貴重になってきますね。
| alfa_manbow | 2017/06/12 12:48 PM |

VWも以前 乾式DCTはトルコンATに戻すってのをどこかで見た覚えがあります
確かホンダ/Fitのハイブリッドに積んだ乾式DCTのと同じメーカー製の物で故障・クレームが頻発してたって理由だったような…

うちの親がケイマンを発注する時 MTを選んだのは『ボケ対策』、DCTの車を試乗した時には『漫然と運転しててもスピードが出過ぎて危ない、自分でMT操作したほうが危険を認識しやすい』って言ってました。

あと911GT3RSとかで個人でレースにでたりする人には、DCTからMTに載せ替える方もいるのだとか。『レースに使うにはDCTは脆弱すぎる』ってのが理由らしいです。
| ヴェスペ | 2017/06/12 1:41 PM |

◇あお様
いやー、逆にその愛情維持の心構えを一度じっくり伺ってみたいですねぇ。呑みますOFFやりますか。

◇alfa_manbow様
ま、10段もあればどれかはちょうど良い段があるでしょ、的な(笑)。今ちょうどAL4搭載のC3を運転してますが、ゆるい上り or 下りが本当にダメですね。3速じゃ登れないし、唐突に落ちる2速じゃ大騒ぎだし(笑)。変速速度じゃなくてギア比が適切かどうかが快適さのカギなんじゃないでしょうか。だから多段化すればトルコンでもいいのかもしれません。誰か今度オレにクラウン運転させてください!

◇ヴェスペ様
DCT出初めの頃のVW 乾式のやつは、乱暴にリバースにいれただけでご臨終したそうですから、それは信憑性が高い話ですね。

お父上のように、そもそも安全に気を配る方はATでもMTでも大丈夫だとも思うんですけどね。やっぱりMTはかなり「趣味のトランスミッション」という気がしています。

>>911GT3RSとかで個人でレースにでたりする人には、DCTからMTに載せ替える

そんなお金がかかる話、どこの国のいつの時代の話ですか…(泣)。
| acatsuki-studio | 2017/06/12 6:30 PM |

私もボケ防止にMTに一票!
両手両足を同時に別々に操作するんですもの、なかなかの刺激になると思っております。
それと、やっぱり壊れにくそう&壊れても修理が楽そうって根拠のないイメージかな。

速く走る技術は持ち合わせていないけど、MT操作そのものが好きなので、私は可能なかぎりMTにこだわるつもりです。
たとえ、世の中に軽トラしか選択肢がなくなったとしても…MTがいいな
| いーごママ | 2017/06/12 8:33 PM |

◇いーごママ様
あのー、オレ、もうMTは時代遅れとか書きたいんじゃないんです。ツインクラッチを初めとした高効率・高速の自動変速機が台頭してきて、それを前提に新車が設計されていくなら、やっぱり自動変速機で乗る方がいいとは思います。でもそれがMTを嫌いになったりする理由にはならなくて、高効率化が進んだおかげで「身の丈に合った速度で楽しむ」とはどういうことが逆によくわかってきたんだと思います。クルマの速度や自分の操作速度みたいなものの足し算が自動車運転の楽しみで、それはこれくらいの速さがちょうどいい…というところにマニュアルトランスミッションがいるんだと思います。だから、私も今後もなるべくマニュアルに乗ると思います。
| acatsuki-studio | 2017/06/12 9:32 PM |










http://withcar.jugem.jp/trackback/1376
+ PROFILE
+ accesses since Dec.2009
+ RECENT COMMENTS
+ 「クルマで行きます」用語集
■顧問■
筆者の友人太郎君のこと。
エンスージアストにしてドラマー。
いろんな意味で筆者の指南役にして
このブログの技術顧問(と勝手に思っている)

■朝練&夜活■
早朝に走りに行くのが朝練。
夜に走りに行くのが夜活(やかつ)。
夜の走行活動の略。
どちらもひとりであてもなく走る。
つまりひたすらクルマとの対話を楽しむ。

■S店長■
筆者のMiTo購入時の担当営業さん。
現在VOLVO仙台泉店の店長。
筆者のクルマ人生を変えた人。
一言で言えばカーガイ。

■EDO■
Eat and Drink Organizationの略。
親友2名と行うツーリング企画の名。
「移動に有料道路は使わない」
「同乗者無しでひとり1台」
「うまいものを食べ、飲む」が掟。

■K店長■
クライスラー・ジープ・ダッジ仙台の店長。
TCT版リリースを機に滑り込みで
MiTo1.4TSportを購入したカーガイ。
カーオーディオ地獄サバイバー。
+ CATEGORIES
+ LINKS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ クルマ以外の話も…
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ