クルマで行きます

AlfaRomeo MiToが好きなことにかけては人後に落ちない。
東北のMiTo乗りが綴る、クルマについてのあれこれ。
<< MiTo・嵐を呼ぶ(かもしれない)12ヶ月点検 | main | DS3・3度目の車検より帰還せり! >>
【試乗記】アルファロメオ ジュリエッタQV・良過ぎて恐れ多い
| 試乗レポート | 20:56 | comments(14) | trackbacks(0) |

2017年5月27日に開催した「クルマで行きますオフ会#14-西蔵王公園でまったりふたたび-」にて、参加してくださったしげさんのフィアット 500 TwinAirとalfa_manbowさんのアルファロメオ Giulietta QVに試乗させていただいた。試乗記というには大げさだが、改めて感想を書いてみたい。今回はアルファロメオ Giulietta QVである。
 


単独で写した写真がありませんでした


先日のオフ会では「acatsuki-studioはMiToのあとに何に乗れば良いのか」をみんなで考える時間があった(話題設定 by あおさん。ありがとうございます)。MiToの次に何に乗るか?一般的に考えて進学コースはふたつある。ひとつはもっとヤンチャなキャラクターを求めてABARTH 595へ行く道。もうひとつはもっと落ち着いた乗り心地や格上のステイタスを求めてGiuliettaへ行く道である。

そもそも筆者がMiToに執着してしまう原因は、突き詰めて言えば「出来が悪いから」。あれこれダメな部分が多いにも関わらずワンアンドオンリーなMiToというクルマから乗り換えるには、ABARTHはあまりにもストイック過ぎるし、同族姉貴分のジュリは、はっきり言って出来が良過ぎるのである。良過ぎてダメではほとんど「クレームのためのクレーム」みたいなものだが、実際MiToオーナーから言わせてもらえばそうなのだから仕方ない。

じゃあジュリは魅力が無いのかと問われれば、これまた「そんなことありません」なのが話をややこしくする。hoshinashiさんに運転させていただいた6MTでも、alfa_manbowさんに2回も運転させていただいたTCTでも、QVというグレードはある意味パーフェクトである。機械・機構的な話の前に、ジュリがパーフェクトである理由とは、アルファロメオのクルマであることだ。アルファですよ、アルファ。少しでもクルマに興味がある人なら、賛否いずれにせよきちんとした反応が返ってくるブランド。特に輸入車なんていうものに乗る人間には、自車を誇らしく思う気持ちが少なからずある。その誇らしく思う気持ちを大いに満たしてくれるブランドのひとつがアルファロメオである。

ともあれそういう心情的背景があって、尚かつ特にTCT搭載の2015_ジュリQVは、まず1,750ccのエンジンがめっちゃ良い。マルチエア+ターボがトルクフルでうっとりである。高速領域は試していないが、充分に官能的である。だが筆者はジュリをジュリ足らしめている最大の立役者はシャシーだと思う。充分トルクフルなエンジンや18インチタイヤを余裕で受け止めてくれているシャシーがあってこその「出来が良過ぎる」だと思う。今回の試乗ステージは山形県・西蔵王公園内のワインディングで、三桁速度未満ならどんなにハンドルを忙しく切る場面が続いても、基本的に車内は別世界のように落ち着いている。道路と隔離されているのではなく、必要な情報だけをある程度整理した上でドライバーに伝えてくる印象だ。同じコースを2016年にあおさんのCitroen DS3 Sports Chic Ultra Marineで走ったのだが、あちらは逆に積極的にロールして車体状況を伝えてくる印象だった。さすがラリー屋さんである。ともあれ伝え方が違うだけで、ジュリもその意味では充分饒舌なので、ドライバーは「こいつがどこで音を上げるか試してみたい」とも思うし、これだけの高負荷な状況を涼しい顔で往(い)なす自分ににんまりすることもできる。

一言で言えば「懐が深い」のだ、Giuliettaは

6MTにせよTCTにせよ、どちらのQVに乗ってもhoshinashiさんの「高速の長距離が楽なのよ、MiToに比べると」というお言葉が理屈でなく体感できる。そういう観点から言うとトランスミッションはTCTの方がキャラに合っていると言えなくもない。念のために書いておくが、6MTだけでなくTCTの出来も良い。今回意識的にマニュアルモードのパドルシフトでギャンギャン言わせてみたが(比喩ですよ!比喩!!)、エンジンのおいしいところを切れ目無く味わえる楽しみは、ジュリ選択の理由に充分値する。

シートの出来もQVは特に良い。GT的な詰め方ではあるが、日常生活とその少し延長にある範囲なら、ポジションを一度決めてしまえばあとはぴったりである。内装も過剰にゴージャスにするのではなく、そこはかとなくスパルタンなテイストは残している。VW Golfでさえ液晶画面に「メーターの絵」を写すことになった昨今、ガジェット好きの心を捉えるのはむしろ複眼式の速度・回転数メーターであるとも思う。

そんなわけで、乗るたびに「順当に考えて、次に乗るのはジュリだべ」と思うのだが、その後MiToを運転すればするほど、これくらいずっこけてる方が、毎日が楽しいかもなぁと再びMiToに洗脳されてしまう。ずっこけ要素があるアルファなら、159系が旬を過ぎて今ちょうど良くなってきていると思うし、前述のAbarthという選択肢も依然として魅力的なので困る。

良過ぎて恐れ多い。考えすぎなのだろうか。
 

JUGEMテーマ:ALFA ROMEO

おお、待ってました!(笑
恐れ多い試乗記、ありがとうございます。

でもMiToと比べて手を入れたいと思う部分が少ないってのはあるかも。
MiToの時はあれやこれやと楽しみましたけど、Giuliettaは全然ですもん(^_^;)
手をかけて、自分だけのクルマにしていく素材としては、MiToのほうが良いのかもしれませんね。
| alfa_manbow | 2017/06/02 1:32 AM |

ちょっと足りないというのが良いのかも知れませんね
子供も、ちょっと難しい課題・チャレンジが一番やる気が出て伸びるっていいますもんね(違
| しげ | 2017/06/02 10:04 AM |

◇alfa_manbow様
「自分だけのクルマにしていく素材としては」…いやそれ、未完成ってことでしょ(笑)!!わかってますわかってます。永遠の未完成ですから、MiToは(笑)。今日ディーラーでしげしげと現行VELOCEを見てきましたが(乗ってはいない)、シートが普通のものになっててがっかりでした。QVはしっかり特別バージョンだったのに…。

◇しげ様
この、MiToにどんどんお金をかけたくなる気持ちってのはなんなんでしょうねぇ。かさ上げするなら一気に全部やらないとダメなんだな…ってのはわかってきました。
| acatsuki-studio | 2017/06/02 5:50 PM |

何だかジュリQVに乗ると「幸せが怖い」と言っている
ような気がしますが、
「いいんだよ、幸せになっても!」
と返しておきます。

ところで、中古でタマがあればですが、メガーヌエス
テートGT220だったら、楽器も運べるし、真の変態に
なれると思います。
| あお | 2017/06/02 8:28 PM |

◇あお様
「幸せが怖い」!!!!そうか!!そういうことだったのか!!!

2年で返済可能なローンで買えるクルマという縛りで探すと、「幸せになってみようか…!」と思えるクルマは絶無なのですが。
| acatsuki-studio | 2017/06/02 10:02 PM |

QVという名が外されたり、リアのバッジがカッコ悪すぎることになりましたが、マイナー後の2017 Giulietta VELOCEはいいですよ。2015より確実に足が進化してます。
試乗してみてください。したんでしたっけ?
| hoshinashi | 2017/06/03 12:35 AM |

◇hoshinashi様
いや、乗ってないんです。仙台にヴェローチェの試乗車ってあんのかなー。2015QVでも充分足周りは素晴らしかったですが、さらに良くなってんですか。それはすげえけど、車両本体で424万円なんて買えないっす(泣)。
| acatsuki-studio | 2017/06/03 10:08 PM |

まだ進化するんですね、スゲエ。
私はくやしいから試乗しません。
それ以前に山形では取り扱わなくなっちゃったんで試乗の機会もないでしょうけど……(T_T)

>けど、車両本体で424万円なんて買えないっす(泣)。
大丈夫!イタ車の中古はドンドン値が下がるから(笑
そういう意味では159とかの最後期型を狙うのもありですかね。
調律の方向性の好みもあるから、最後期が最善とは限らないのが難しいところですが。
| alfa_manbow | 2017/06/03 11:51 PM |

500 TwinAirも色々足りなくていじりたくなっちゃいます(笑)
おかしいな、カミさんの通勤車だったはずなのに…

424万か…
ロードスターRF欲しいな…
| しげ | 2017/06/04 12:29 AM |

◇alfa_manbow様
山形のアルフィスタの行く末を憂う者です。しかし

>>大丈夫!イタ車の中古はドンドン値が下がるから(笑

なーにが「大丈夫!」なのか(笑)!
159、セレの立ち上がりの鈍さは体感したので、6MTがいいなぁ。エンジンは2.2でも3.2でもどちらでもいいです。

◇しげ様
そりゃーアテンザがあるうちは424ならロードスターRFでもいいんでしょうけど(笑)。当方はもう少しして家族4人で移動する機会がなくなったらロードスターとか500Cとか、屋根の開くクルマを導入しようと思っております。
| acatsuki-studio | 2017/06/04 12:54 PM |

電動ルーフの白いNCが225万円で…(ぉぃ
| しげ | 2017/06/04 5:35 PM |

◇しげ様
そうそう、それそれ(笑)。でもNCの、ルーフは手動でいいっす。
| acatsuki-studio | 2017/06/04 9:39 PM |

>acatsuki様

開閉の速度全然違いますもんね!
軽いし
でも俺は電動が良いなぁ(笑)
| しげ | 2017/06/04 10:16 PM |

◇しげ様
なんか、あの「よっこいしょ」っていう不便な感じがいいんじゃないかと(笑)。
| acasuki-studio | 2017/06/05 7:10 AM |










http://withcar.jugem.jp/trackback/1371
+ PROFILE
+ accesses since Dec.2009
+ RECENT COMMENTS
+ 「クルマで行きます」用語集
■顧問■
筆者の友人太郎君のこと。
エンスージアストにしてドラマー。
いろんな意味で筆者の指南役にして
このブログの技術顧問(と勝手に思っている)

■朝練&夜活■
早朝に走りに行くのが朝練。
夜に走りに行くのが夜活(やかつ)。
夜の走行活動の略。
どちらもひとりであてもなく走る。
つまりひたすらクルマとの対話を楽しむ。

■S店長■
筆者のMiTo購入時の担当営業さん。
現在VOLVO仙台泉店の店長。
筆者のクルマ人生を変えた人。
一言で言えばカーガイ。

■EDO■
Eat and Drink Organizationの略。
親友2名と行うツーリング企画の名。
「移動に有料道路は使わない」
「同乗者無しでひとり1台」
「うまいものを食べ、飲む」が掟。

■K店長■
クライスラー・ジープ・ダッジ仙台の店長。
TCT版リリースを機に滑り込みで
MiTo1.4TSportを購入したカーガイ。
カーオーディオ地獄サバイバー。
+ CATEGORIES
+ LINKS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ クルマ以外の話も…
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ