クルマで行きます

AlfaRomeo MiToが好きなことにかけては人後に落ちない。
東北のMiTo乗りが綴る、クルマについてのあれこれ。
<< クルマで行きますOFF会#14が終了しました | main | 【試乗記】フィアット 500 TwinAir・「必要充分」の一割増し >>
【試乗記】Newプジョー 3008 Allure・現代の猫足
| 試乗レポート | 22:52 | comments(6) | trackbacks(0) |


プジョー 3008Allureに試乗した。ブルーライオン仙台でちょい乗り。そもそも別件で訪れていたところたまたま試乗が叶った。だから予備知識一切無し。外観も記憶になくて「もしかして、あれ、3008?」というくらい。実は筆者、レンジローバーのイヴォーク、かなりいいよねぇと憧れていたのである。高嶺の花に片思い的な。だがニュー3008に30分くらい試乗しただけで、それが成就した生活というものがリアルに感じられてしまったのだ。それはMiToでいえーい!とかっ飛んでいる筆者にとって、あまりにも平凡かつ安定に満ちた生活だ。筆者は(少なくとも今)そういう自動車人生を欲していない。「イヴォーク欲しい欲しい煩悩」が浄化された瞬間であった。

さて筆者の煩悩はともかく、細かいことを読んでる暇はない!という方のためにニュー3008のインプレッションを箇条書き。

・先代比、品質向上著しい
・i-Cockpitは「売り」になるけど、弊害もある
・加速性能は充分あるが、重さを感じる場面もある
・旋回性能は文句なしだが、電制パワステの動きが少々滑らかでない
・制動性能は必要にして充分


MiToという歪なクルマを愛する筆者のような人間には、平和すぎて所有欲は起こらないが(それが一番の驚きでもあった)、レンジローバー イヴォーク欲しい!欲しい!欲しい!けど高い!!高い!!高い!!という方にはドンピシャの物件である。

<静的観察>
実はつい最近まで拙ブログのアクセス記事ランキング上位に先代2008の試乗記がいた。注目を浴びてる商品(というかカテゴリー)であることを遠巻きに実感しているわけだが、日本国内で輸入SUVが猛威を奮い始めた頃に先鞭をつけた先代2008と3008は、当世やや古い車種になっていた感は否めない。だから満を持してのwill returnなわけだ。筆者は応援したい。ニュー2008は試乗していないが、今回乗ったニュー3008は、そもそもベースとなった308が格段に良くなっていて、自然と室内環境のクオリティは上がっている。まぁ昨今のプレミアムSUVはみんなこんな感じなのだろう(知らんけど)。試乗モデルのAllureは、ペダルは硬質プラスティックだしシートアレンジも手動だ。プレミアムを名乗るには少々不利だが、腰から上の環境に関しては充分美麗である。
 


ドライバーを囲むようなセンターセクションは健在。またデザインアイコンだったトグルスイッチも、形状がより洗練されて残っている。運転席をぐるり見渡してみて、先代3008を気に入っている人なら胸をなで下ろすだろう。ただし以下に紹介するブログ記事にあるように、そのスイッチに割り振られた機能はベストかどうか少々アヤシイ。人によっては重宝するかもね、という機能が多い印象だ。そもそも車内のコントロールサーフェスとして、タッチセンスパネルは最適ではないのだ。見た目の新しさや他社との差異化だけの目的で、画面を指でなぞる方式を取り入れるのはやめてもらいたい。

あなたの知らないほうが良かった世界
新型3008はプジョーの集大成のようなクルマだった(2)
 


トグルスイッチは男子の夢


乗用車ベースの3008ゆえ、座ってしまえばシート周りは基本的に乗用車である。ふと前を見ると、のっぺりしたボンネットフードが左右端を認知させにくくしている。i-Cockpitのアイデンティティとしてハンドルよりもメータークラスタが上に来るという独特のデザインのため、これまでのデザイン技法によるドライバーの視線制御がうまく機能していないのかもしれない。その意味でプジョーはまだi-Cockpitの育成期間中であると言える。

<動的観察>
さて動き出してみる。必要充分に加速し、室内は静寂そのもの、旋回挙動にも制動性能にもまったく不満が無い。試乗は仙台市若林区の卸町と荒井方面だったのだが、特に営業車やトラックがひっきりなしに走り回る卸町の荒れまくった舗装の上を、涼しい顔で走る足さばきに感動した。かと言って路面から隔絶されているわけではなく、必要充分な路面情報はステアリングから感じることができる。少なくとも日常で乗り心地に不満が出る場面は皆無だろう。普段ダウンサスを組んだMiToに乗っている筆者としては…ってもういいですか、シツコイですか、そうですか。

ただし電子制御と思われるパワーステアリングには少々違和感あり。切り始めは良いが、戻りがぎこちない…ような気がする。ある程度速度が出ている場合はきれいに戻るが、例えば交差点を右折しようとして、あれ、でも横断する歩行者がいるから減速して、それ再び加速!なんて場合に少しだけ挙動不審というか…。単に上下にひしゃげたハンドル形状のせいかもしれないが。

そもそもこのハンドル形状が良くない。F1マシンじゃないのだから、ぐるっと一回転させる場面はけっこうあると思う。これもi-Cockpitの弊害。真円ハンドルだとメーターが見えないのだ。ついでに言うとひしゃげたハンドルの後ろにはコラムに固定式のシフトパドルがある。ハンドルがひしゃげていて回転中にパドルとの距離が絶えず変わるのもカンに障る。筆者が慣れていないだけかもしれないが、指がパドルに届かない場面もあった。ちなみにトランスミッションは安定のアイシンAW製6速AT。

ブレーキの反応も、すっきり端麗というわけではなかった。要は踏力への反応に薄皮一枚遅れみたいなものを感じる。バイワイヤなんてそんなもんでしょと言われれば黙るしかないが、かと言って気になりませんと書く気にもなれず、である。実はアクセルにも同様の「タメ」みたいなものは存在するのだが、どうもこれは1.4トンという車重によるものではないかと思う。30分も走れば慣れてしまうレベルではある。また加速にせよ制動にせよ、あまりにも反応速度が過敏だと3008というクルマそのもののキャラクターと相容れないとも思う。3008はそのボディの重さを生かした乗り味を堪能すべきで、つまり「走る・曲がる・止まる」の三要素トータルでは良く調律できているのだ。

試乗同行はアルファロメオ仙台のYさん。燃費については訊かなかったが、どうなんだろうか。普段MiToでやっているようなゼロスタート加速を試みれば、「わー!気持ちいい!」という加速感を得られる頃には、エンジン回転数は4,500〜5,000rpmに達している。SUVブームで人口が増えるということは、乗用車ライクな運転をする人の割合も増えるということだから、勘違いした燃費クレームをつけないで欲しいと(老婆心ながら)思う。それにクリーンディーゼルバージョンのGT BlueHDiが2017年夏に導入予定だから、加速や燃費に妥協しない!←(笑)という人はそっちを買うと幸せになれると思う(Allure比、本体価格で72万円高いけど)。

<まとめ>
ここまで見事に先代ユーザーを掬い取るモデルチェンジを果たすプジョーを見るのは久しぶりだ。先代3008が気に入っているけど、こういうSUVってファッション物件だし、新しいの出るなら新しい方がいいなぁと思っている既存ユーザーは迷わずどうぞ。しかしブームだけあってこのカテゴリーの選択肢の多さ、そのクオリティの高さにビックラゲーション。ニュー3008購入にあたって本当に心理的に対抗馬となるのは前述のレンジローバー イヴォーク、そしてAUDI Q2だろう(このQ2がまたべらぼうに出来が良いらしい)。しかし価格帯だけで比較すると、隣に並んでいるのはフィアット 500Xやジープ レネゲードなんかになるだろう。BMW X1やMAZDA CX-5もまな板の上に乗っているかもしれない。逆にその価格帯グループの中からプレミアム路線に一番近いのが3008と言える。動的観察の項で書いた乗り味は、昨今プジョーがプジョーらしい乗り味として、ようやく定着させることに成功しつつある「現代の猫足」だと思う。Allureならその猫足がベーシックモデルなのに満喫できるのである。3008の「売り」は実はここではないか。この価格でこのクオリティ?いいじゃん!という人は多いと思う。がんばれ!3008!
 


少々わかりづらいが、リアドアのウェザーストリップ。
二重になっており、ドア開閉音のチューニングと
静寂性アップに効果があるという
是非新型CX-5も試乗してください(^_-)
| しげ | 2017/05/30 12:52 AM |

実は私も206SWの足回りに診てもらいに、昨日(29日)
イデアル仙台さんに行ってきましたよ。
結果は「異常なし」で、スタビリンク疑惑は払拭され
ました。じゃあ、あの音は一体?って感じです。

そう言えば、まだ新型3008に試乗していなかった!。
いちおうメーカーサイトには試乗申し込みしているん
だけど...。
| あお | 2017/05/30 7:31 PM |

◇しげ様
いや、でもね、オレの人生に関係ないジャンルっぽいです。ジープ ラングラーとかレンジローバー ディフェンダーとか、そういうのがいいなぁ。ジムニーとか。

◇あお様
206SW S16の猫足、しなやかさとは別種の猫足ですが、もはや90年代には戻れないのが実情でしょう。その意味では正常進化だし、応援したくなります。

でもなー、オレには関係ない感じなんだよなぁ。
| acatsuki-studio | 2017/05/30 9:26 PM |

最近のプーは品質が上がってプレミアムブランド化している様な…かつての306乗りとしては複雑な心境です。あのステアリングホイールはカートを運転してる様で不思議な気分になります。
レンジやイヴォークは運転が酷い輩がやたら目につくので嫌いになってしまいました(泣)
来週、チンク(ナビと縁がありまして)の応援に全日本ラリーの嬬恋に行って来ます。
| ハマのごっち | 2017/05/30 11:08 PM |

こいつはV8サウンド鳴らないのですか?(笑)
| hoshinashi | 2017/05/31 6:56 PM |

◇ハマのごっち様
毎度ありがとうございます。そーですか、酷いですか、イヴォークオーナー。確かに「如何にもお金持ってます」的な人が運転席に座ってるなぁ。オレもそうなってみたい(笑)。

ああいう人はクルマでも腕時計でも服でも靴でも、お金持ちであることを顕示するためのアイテムに過ぎないんでしょうね。

306を運転してみたことは無いのですが(無念)、307SWから207や先代308、現行308と乗ってみて、ようやくジャーマンでもなくアメリカンでもなく、ちゃんと技術とチューニング資産に裏付けされた「プジョーの猫足」になっていると思います。

◇hoshinashi様
試さなかったので不明です。だって同乗のYさん、「私もまだi-Cockpitってよくわからないんですよねー」とレクチュアする気ゼロでしたもん(笑)。ま、オレも興味ないから訊かなかったんですが(笑)。これだけSUVが「売る方便」になった以上、スピーカーからV8サウンドが流れても不思議じゃないですね。
| acatsuki-studio | 2017/05/31 10:39 PM |










http://withcar.jugem.jp/trackback/1368
+ PROFILE
+ accesses since Dec.2009
+ RECENT COMMENTS
+ 「クルマで行きます」用語集
■顧問■
筆者の友人太郎君のこと。
エンスージアストにしてドラマー。
いろんな意味で筆者の指南役にして
このブログの技術顧問(と勝手に思っている)

■朝練&夜活■
早朝に走りに行くのが朝練。
夜に走りに行くのが夜活(やかつ)。
夜の走行活動の略。
どちらもひとりであてもなく走る。
つまりひたすらクルマとの対話を楽しむ。

■S店長■
筆者のMiTo購入時の担当営業さん。
現在VOLVO仙台泉店の店長。
筆者のクルマ人生を変えた人。
一言で言えばカーガイ。

■EDO■
Eat and Drink Organizationの略。
親友2名と行うツーリング企画の名。
「移動に有料道路は使わない」
「同乗者無しでひとり1台」
「うまいものを食べ、飲む」が掟。

■K店長■
クライスラー・ジープ・ダッジ仙台の店長。
TCT版リリースを機に滑り込みで
MiTo1.4TSportを購入したカーガイ。
カーオーディオ地獄サバイバー。
+ CATEGORIES
+ LINKS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ クルマ以外の話も…
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ