クルマで行きます

AlfaRomeo MiToが好きなことにかけては人後に落ちない。
東北のMiTo乗りが綴る、クルマについてのあれこれ。
<< グランデプントに乗ってみる | main | これなら納得 >>
日本カー・オブ・ザ・イヤー2009-2010
| ココロ惹かれるクルマ | 23:24 | comments(0) | trackbacks(1) |
日本カー・オブ・ザ・イヤー2009-2010に関するwebCGのニュースを読んだ。第1次候補の10台にMiToが含まれていたのはすでに知っていた。素直に喜んだが驚いたのも事実。ほほう、そうですかそうですか、だって楽しいクルマだもんね、などと喜んでいたのも束の間、10月21日に発表最終結果が発表されたら「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がインポート・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

まぁなんだ、手堅いところですねと皮肉のひとつも言いたいところだが、ゴルフVIと比べるとMiToはいろいろでこぼこしたクルマではある。やはりMiToがインポート・カー・オブ・ザ・イヤーでは色々差し障りがあるだろう(笑)。

記事中の順位をコピーアンドペーストしてみる。

1位:トヨタ・プリウス(433点)
2位:ホンダ・インサイト(391点)
3位:フォルクスワーゲン・ゴルフ(186点)
4位:三菱i-MiEV(131点)
5位:メルセデス・ベンツEクラスセダン/クーペ(125点)
6位:マツダ・アクセラ(71点)
7位:ボルボXC60(52点)
8位:日産フェアレディZ(49点)
8位:アルファ・ロメオ ミト(49点)
10位:スバル・レガシィシリーズ(38点)

ハイブリッド、電気自動車、鉄板のハッチバックとセダンという感じで、現在開かれている東京モーターショーのムードそのままという気もするが、この順位を見て正直に感じたままを言えば「マツダ・アクセラってMiToよりも良いクルマなのか?」ということである。今度試乗してみるか?









http://withcar.jugem.jp/trackback/136
中古車査定アクセラ
中古車査定アクセラ
| 中古車査定 | 2012/04/05 10:45 PM |
+ PROFILE
+ accesses since Dec.2009
+ RECENT COMMENTS
+ 「クルマで行きます」用語集
■顧問■
筆者の友人太郎君のこと。
エンスージアストにしてドラマー。
いろんな意味で筆者の指南役にして
このブログの技術顧問(と勝手に思っている)

■朝練&夜活■
早朝に走りに行くのが朝練。
夜に走りに行くのが夜活(やかつ)。
夜の走行活動の略。
どちらもひとりであてもなく走る。
つまりひたすらクルマとの対話を楽しむ。

■S店長■
筆者のMiTo購入時の担当営業さん。
現在VOLVO仙台泉店の店長。
筆者のクルマ人生を変えた人。
一言で言えばカーガイ。

■EDO■
Eat and Drink Organizationの略。
親友2名と行うツーリング企画の名。
「移動に有料道路は使わない」
「同乗者無しでひとり1台」
「うまいものを食べ、飲む」が掟。

■K店長■
クライスラー・ジープ・ダッジ仙台の店長。
TCT版リリースを機に滑り込みで
MiTo1.4TSportを購入したカーガイ。
カーオーディオ地獄サバイバー。
+ CATEGORIES
+ LINKS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ クルマ以外の話も…
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ