クルマで行きます

AlfaRomeo MiToが好きなことにかけては人後に落ちない。
東北のMiTo乗りが綴る、クルマについてのあれこれ。
<< 【報告】リアゲートガラスへの撥水加工は有効か? | main | 【試乗記その2】FIAT 500 1.2POP 足るを知る >>
【試乗記その1】FIAT 500こそファミリーカーの決定版である。以上!!
| 試乗レポート | 22:26 | comments(6) | trackbacks(0) |

MiToのオイル交換とある部品交換をお願いしたら1週間ほど預かりたい旨、(株)イデアルさんにて聞く。「代車もご用意しますよ」とにこやかにMさん(シトロエン仙台のスタッフ)から言われたが、思い出すのはHONDA That'sである。あれは本当に辛い体験だった…。それならオイル交換だけでいいから日帰りさせてくれとお願いしたところ、他に用意できる代車が無いか確認してみると言ってカウンターの方に下がったMさん。そちらを見ると、最近何くれとなくお世話になっているTさんが代車スケジュールを確認していた。「あ、500、ご用意しますよ」とTさんにっこり。筆者もにっこりである。
 




FIAT 500(個体の車検証による)
総走行距離約52,000km
初度登録年 平成24年(2012年)
形式 ABA-31212
原動機の形式 169A4 
排気量 1.24L(ガソリン)
車両総重量1,210kg(前前軸重650kg 後後軸重340kg 車両重量990kg)
全長 354cm
全幅 162cm
全高 151cm

これはいわゆる1.2POPというグレードであろう。排気量がさらに小さいツインエアエンジン搭載グレードが遅れて発売された後も、結局"一番安いグレード"というヤツである。だがこの個体、ちょっと手を入れられていて、フロントのふたつのシートはアバルト500のものが移植されている(笑)。メーターフードとハンドルも、である。ついでに言えばデュアロジックのシフトノブも社外品(アルファロメオエンブレム付き・笑)に交換されている。友人がやったら拍手と嘲笑が同時に起こる類いの改造である。もちろん筆者は大好きだ(笑)。
 


やけに肉厚でレーシーなシート…??


突然革張りの豪華なメーターフード…???


白飛びしているが、
明らかにイタ雑の定番シフトノブ…????
アルファロメオのエンブレム付き(笑)


500はこれまで1.4LOUNGE(DL)、TwinAir(DL)、ABARTH 500(5MT)、595(5MT)に試乗してきた(DL=Dualogic)。ほぼ全てがディーラー試乗で、ABARTH 500だけはRyouさんの当時の愛車にご厚意で運転させていただいたもの。これらの印象から導き出した当座の結論は、「デュアロジックじゃなきゃイイクルマ」。身も蓋もない。それくらい5MTの(クルマとの)ダイレクト感は強かった。そして500のポテンシャルは高い。これらに試乗した当時は、とにかくかっ飛べるクルマ=正義だったのだろう。今ならそれは偏見に満ちた誤認だったと断言できる。

だってデュアロジック、いいぜぇ〜

いや、自分でも意外すぎる。まさかデュアロジック=セミオートマを褒めちぎる日が来ようとは。借り受けた当日、まずはAUTOモードで走り出したが、1km走らないうちにマニュアルモードに入れてしまった。エンジンブレーキを活用したかったからだ。仙台市郊外のR4は大変混雑しており、信号ごとに止められてしまう。その都度エンジンブレーキを使ってスマートに停車しようと試みるのだが、このマニュアルモードの+と-が自分の体験しているATのマニュアルモード(つまりプジョー 307SWとシトロエン DS3のAL4なのだが)とは逆で、そのため500の動作はギクシャクしてしまうし、筆者の神経もひたすらシフトチェンジに持って行かれてちょっと疲れる。

だが勝手に非力だと思いこんでいた1.2リッターSOHCエンジンは、少なくとも街中を走るレベルでならまったく問題ない。いや、むしろ(交通の流れを)リードできんじゃね?とすら言える。もともとボディの堅牢さやシャシーの俊敏さはちょい乗り試乗でも知り得ていただけに、1.2がこんなに実用的で楽しいエンジンなのは大発見だった。

あまりに楽しくてけっこう走ってしまい、そろそろ帰ろうかという時にその近くにある峠道を思い出した。具体的には宮城県岩沼市から村田町へ抜けるK25である。逆にここをAUTOモードで走ったらどうなる…??非常に興味が湧いたので、岩沼市内からAUTOモードに入れっぱなしでK25の峠エリアを目指した。当然交通量は少ない。するとどうだ。まるでマニュアルで自分がコントロールしているかのように、高回転域までぎゃんぎゃんに引っ張るのである。1速から2速にシフトアップする時の空走感は仕方ないとしても、2〜5速はその空走感も希薄。峠道でもシフトチェンジに関するストレスはほとんど感じない。デュアロジックのクセがわかってくれば、どうしても必要な時は自分でシフトチェンジすればいい。AUTOモード時にマニュアルシフト操作をしても、AUTOモードが解除されるわけではなく、その後はまたコンピュータがシフト操作を引き受けてくれる。

これがわかってくるとデュアロジック500は断然楽しい。激しいカーブが次から次と現れる上り坂でも、渋滞ぎみの国道でエンジンブレーキを使いたい時でも、いかにもスイッチ然とした短いシフトノブを"ちょん"と押し引きすればいいだけなので、運転に集中できる。こうなるとパドルが欲しくなるが、このクルマにそれは過ぎた望みであることも確か。逆にロボタイズドMT車両をパドルシフトで操る楽しみが、突然リアルに感じられてくる。具体的にはジュリエッタ QVのTCT版だ。あれこそ確かにこういう楽しみだった。

借り受けたその日の内に約100kmも走ってしまい、翌日以降もなるべく遠回りをしてあちこち行き来している。もちろんずっこける面も持っているので総評はまた改めて書くことにする。しかしこれまでは運転初心者や高齢者がゲタ代わりに乗るなら、プジョー 206の中古車を車両本体価格16万円くらいで買ってきて、2年で乗り潰すのが最良だと信じていたが、この1.2 500の真価がわかってしまうと、宗旨替えせざるを得ない。FIAT 500こそファミリーカーの決定版である。ファビュラス!

これも日頃の行いが善きに計らっておられるからでしょうか。

TCTもそうなんですけどイタ車のATはいつか壊れるはずなのでMTモードにして走るのがなんとなく安心なんですよねー(笑)

ところでK25の峠道も3月に岩沼村田間の直通トンネルがオープン予定なのですが、ほんとに間に合うのかってくらいトッカンで工事してますね。

| じゃる | 2017/02/24 1:33 AM |

ファミリーカーの決定版と言われても、
あんなに車内が狭いと...。

でも、日本車よりは運転楽しいのは
間違いないですね。
| あお | 2017/02/25 11:12 AM |

◇じゃる様
えっ?あれ3月開通予定なんですか??無理っしょ。トンネルだけじゃなく、その前後の道路もまだまだな印象でした。

デュアロジックの耐久性は、結果論的に「けっこうもつ」という評価なんじゃないでしょうか。オレが知らないところに地獄が口をぱっくり開けて待っているのかなぁ。

◇あお様
言われてみれば「ファミリーカー」と言えば義務教育期間中の子ども2名の核家族ってイメージですよね。今回のエントリーに「ファミリーカー」という表現を使ったのは、

・オーナー以外は運転に興味ない(けど運転はせざるを得ない)家族ばかり
・オーナー以外はそんなに運転がうまくない
・同居老人やもっと大きくなった子どもが初心者ドライバーである可能性

を具体的にイメージしての話でした。だから共働き子どもなし夫婦とか、子どもは独立して初老の夫婦が近所のスーパーまで買い物に…なんていう意味で「ファミリー」。

試乗記その2で室内空間については触れる予定ですが、後部座席は子ども用ですね、あれは。でもそこを指摘してあーだこーだ言うよりも、「クルマの中で生活するわけじゃない」、「キャンプに行くわけでもない」ってことで、通勤と買い物と休日のちょっとした遠出用って割り切れるくらい魅力的だと思います。

それにやっぱりデュアロジックって運転好きが考えたシステムだなぁって思います。輸入車初心者や老人にそこを楽しめる人がいるかどうかは疑問ではありますが(笑)。
| acatsuki-studio | 2017/02/25 9:11 PM |

いやあ、デュアロジック良いですよね(^_^)
運転を楽しむ分には、TCTよりデュアロジック(セレスピード)のほうが優れてるんじゃないかと。ただしマニュアルモードに限りますが……
でも、オートでも元気に走るのが得意なのはデュアロジックになっても変わらないんですね。セレもゆるゆるスムーズに走らせようとするとギクシャクするのに、ある程度踏んでいくと違和感が少なくなってくる(^_^;)
イタリアじゃあ、あいう元気な運転が普通なんでしょうかね(^_^;)
| alfa_manbow | 2017/02/26 9:58 PM |

セレからTCTへ、シングルからツインクラッチに変わったとしてもやっぱり壊れたのを経験しましてからある程度確信的判断材料となりましたので…(爆)

着工時に3月開通予定と地元住民には市の回覧板で回ってましたが、まあ無理ですよねー、まだあれでは。

| じゃる | 2017/02/26 10:37 PM |

◇alfa_manbow様
AUTOモードでもマニュアルモードでも、最終的にしっくりくるのは「かっ飛ばしてる」運転なんですよね(笑)。朝の渋滞が一番苦手だということがよくわかりました。これで頑強なら言うことないんですが…

◇じゃる様
…やっぱり壊れますか(笑)!まぁじゃるさんの過走行っぷりならマニュアルでもどうだかわかりませんが(笑)。
| acatsuki-studio | 2017/02/27 11:42 PM |










http://withcar.jugem.jp/trackback/1340
+ PROFILE
+ accesses since Dec.2009
+ RECENT COMMENTS
+ 「クルマで行きます」用語集
■顧問■
筆者の友人太郎君のこと。
エンスージアストにしてドラマー。
いろんな意味で筆者の指南役にして
このブログの技術顧問(と勝手に思っている)

■朝練&夜活■
早朝に走りに行くのが朝練。
夜に走りに行くのが夜活(やかつ)。
夜の走行活動の略。
どちらもひとりであてもなく走る。
つまりひたすらクルマとの対話を楽しむ。

■S店長■
筆者のMiTo購入時の担当営業さん。
現在VOLVO仙台泉店の店長。
筆者のクルマ人生を変えた人。
一言で言えばカーガイ。

■EDO■
Eat and Drink Organizationの略。
親友2名と行うツーリング企画の名。
「移動に有料道路は使わない」
「同乗者無しでひとり1台」
「うまいものを食べ、飲む」が掟。

■K店長■
クライスラー・ジープ・ダッジ仙台の店長。
TCT版リリースを機に滑り込みで
MiTo1.4TSportを購入したカーガイ。
カーオーディオ地獄サバイバー。
+ CATEGORIES
+ LINKS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ クルマ以外の話も…
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ