クルマで行きます

AlfaRomeo MiToが好きなことにかけては人後に落ちない。
東北のMiTo乗りが綴る、クルマについてのあれこれ。
マセラティ天国八幡町
| 今日○○を見た! | 20:38 | comments(2) | trackbacks(0) |


仙台市に住む筆者が朝に出勤する際、かなりの確率でマセラティ グランツーリズモとクアトロポルテとすれ違う。場所は東北大学付属病院付近から牛越橋までの間、筆者は市街地方向・東へ、マセラティは八幡方面※・西へ。
 


これね、本当に眼福ですよ、眼福。眼福だけではない。朝8時頃の支倉町や八幡町あたりは西への交通量はまだ少ないので、けっこうなスピードを出しているのだ。グランツーリズモのおいしい回転域のエグゾーストノイズを堪能させていただいている。数秒だけだけど(笑)。クアトロポルテは後部座席にも人が座っているようで、もうちょっとスローに走っている。

それにしてもこの2台の周囲からの浮き方はハンパではない(笑)。朝の陽の光の下だからかかなり薄まってはいるが、妖しいオーラは健在である。グランツーリズモは先頃マイナーチェンジを終えたばかりだが、自然吸気V8の搭載はこの現行モデルで最後なのだそうだ。フロントの造形はむしろ先代の方が筆者の好みだが、この際どっちでもいいからグランツーリズモ、ください!

※八幡町にはルノー メガーヌR.S.(Sr.3)もいるし、現行ルーテシアR.S.も生息している。それらは滅多にお目にかかれないが(ルーテシアR.S.はいつもカバーをかけられている)実にうらやましい。

立て続けに眼福
| 今日○○を見た! | 07:51 | comments(15) | trackbacks(0) |

このブログを始めたきっかけは、2008年当時まだ仙台では物珍しかった日産 GT-R(R35)を見かけたことだ。「うおー!GT-Rだー!!」という興奮をどう発露するか考えた結果、クルマのことしか書かないブログとしてスタートしたのだ。つまりカテゴリー「今日○○を見た!」はブログ立ち上げのきっかけであるのに、もうずいぶんエントリーしていない。

その理由は単純で、SNSが発達して「見た!すげー!!」的な興奮を即座にネットに流せるようになったからである。職場の目の前でアルファロメオ 8Cを見た時も、昼飯を食べるために定禅寺通りを歩いていたら路上駐車していたロールスロイス シルバーゴーストを見た時も、SNSに流して終わってしまった。

久しぶりに「今日○○を見た!」として挙げるのは、残念ながらたった今でも今日の話ですらない。が、クルマ好きとしては書かねばならないので書いておこう。

先日の福島県三春町ツーリングの帰り道、村田町から仙台へ北上するK31の菅生付近。ここは東北自動車道のすぐ脇を走る部分があるのだが、そこで東北自動車道を北上するランボルギーニ アヴェンタドールを見た!
 


ランボルギーニ社公式サイト


現車は白かったが…。走行車線を規制速度で走っているだけだったが、あれはアヴェンタドールにとっては時速40km/hくらいで走っているのと同じようなもんなんだろうなぁ…。

そんな眼福に預かった翌日の朝、いつもの通勤経路で大通りに流入するため左折待ちをしていた筆者の前をヤケに大仰なグリルの長くて黒いクルマが横切っていく…。げーっ!マイバッハじゃん!!
 


メルセデス-ベンツ公式サイト


しっかり仙台ナンバー。もはやどういう人があれを買うのか(と言うか乗るのか、と言うか後部座席に座るのか)とんと見当もつかない。今どき会社の社長さんだってああいうクルマに乗るのは躊躇うんじゃないだろうか。そんなこともっとわからないのだが。もしくは送迎専門の高級車サービスとかかなぁ。確かにロールスロイスを擁するそういう会社の広告を見た事がある。

つい先日も昼飯に何を食べるか考えながら歩いていたら、BMW 840i(850じゃないのがしぶい)を目撃。リリース発表会自体がしょんぼりしたものだったそうだが、プリンスが一時期愛車として乗っていたという事実だけで、筆者の中での評価は俄然高くなるのである。

眼福
| 今日○○を見た! | 22:42 | comments(2) | trackbacks(0) |
東北の片田舎、仙台でも日曜の朝は珍しいクルマが走っていることが多い。ある日曜日、自宅からそれほど離れていない、なんてことのない交差点、対向車にポルシェ 911(991)を見た。


こりゃ縁起がいいわい、などと思ってさらに走っていたら、今度はプジョー 2008とすれ違った。路上で走っている2008を初めて見た。正直に申し上げて、2008は昨今のコンパクトカー派生SUVの中では、特に中途半端な印象を受ける。208の印象が良かっただけに、惜しい感じがする。


さてさらに道を進み、交差点で赤信号待ちをしていたら…。目の前をレクサス LFAが横切って行ったのである!


いや、まさか、こんな仙台の北のはずれで…。でも特徴的なリアの逆三角形のダクトもどきを見間違うはずがない。残念ながら、あまりにも驚いていたのでセンターの3本出しのマフラーは確認できなかったが…。LFA、国内を走っているんだぁ…。

朝からクルマ好き冥利に尽きるラインナップであった。
ふぁ、ファントム!!
| 今日○○を見た! | 14:17 | comments(5) | trackbacks(0) |
昼飯にとんかつを食べて大満足で帰宅しようとしたら、後ろにいるのはファントムじゃあ〜りませんか!!!


仙台では割りと有名(らしい)1台。仙北に1台生息しているらしいのだが。ロールスロイスの現物なんて、仙台じゃなかなか見られない。今日はきっと良いことがあるゾ!←すでに午後2時
alfa_manbowさん疑惑 at 仙台駅東口
| 今日○○を見た! | 23:23 | comments(6) | trackbacks(0) |
所用があって仙台駅東口へ。元のヨドバシカメラ大立体駐車場脇を東進していたら、なんとなく見覚えのあるフロントマスクのクルマが脇道から合流してきた。

どうもMiToらしい。すでに18:00を周り、周囲は暗かったが意外とわかるものだ。いくらしょっちゅう鏡で自分の顔を見慣れていたとしても、実際に自分そっくりの人が目の前に現れたら、にわかには「自分そっくりだ!」と認識できないように、夜の街明かりで見るMiToをすぐに「おお!MiToじゃん!」とは確信できないものだということがわかった。

対向車のライトに浮かび上がった後続MiToのドライバーのお顔を見てみると、alfa_manbowさんに激似の方。おお!こんなところでmanbowさん??本来なら「山形県のやや南方にお住まいのMiTo乗りが、仙台駅東口にいるわけない!」という思考が正常だと思うが、「manbowさんならいるかもなぁ」と思ってしまう(笑)。

同乗者がいて、しかも目的地直前だったこともあり、アプローチをためらっているうちにmanbowさん疑惑MiToは交差点の右折レーンに入り、筆者を追い越して曲がり去って言った。その時に確認したらそもそもボディは赤だった。でも山形ナンバー。悩む!まさかmanbowさん、先日のOFF会後、全塗装したんじゃ…。

7月にお会いした時のmanbow号。
フロントエアインテークのカスタマイズ拡大写真
ア!アヴェンタ…!!
| 今日○○を見た! | 22:42 | comments(10) | trackbacks(0) |
驚いた。仙台の街中をランボルギーニ アヴェンタドールが走っていたのである。


白。筆者は友人と仙台駅前を歩いていた。なんかうるせークルマが走ってんな…とふと目をやったらあの特徴あるリアビューが走り抜けて行った。鳥肌が立った。リアを見ただけで鳥肌が立つクルマって、そうそう無いよな。
シトロエン DS5を目撃した!
| 今日○○を見た! | 22:55 | comments(2) | trackbacks(0) |
予てよりの計画どおり、MiToが入院した。右フロントドアスピーカー臨終に伴う「MiTo音響環境改善計画2013」が発動したのである。

計画の内容は今回のメニューが全て終了してから報告する。本日一番のサプライズはシトロエン DS5の実物を目撃したことである。


思ったよりも巨大だった。が、巨大に見せないデザイン術。感銘を受けるとは今のこの筆者の心境のことを言うのだろう。まだオーナーはいないらしいので、もしかしたら試乗もできるのかもしれない。
驚愕!!仙台で今日、プジョー 208を見た!!
| 今日○○を見た! | 22:19 | comments(2) | trackbacks(0) |
驚いた!!なぜか仙台の街中をプジョー 208が走っていたのである。

ピンボケですみません。
でもあからさまに狙うのも、ねぇ。

筆者の目の前を左折して行ったのだが、その時ちらりと見えたインパネのクオリティはパねぇっす!自動車ジャーナリストのレビュー用走行だったのだろうか。袖ケ浦ナンバーだったし(関係ないか)。確かに年末発売直前に試乗記を掲載するなら今ごろ乗ってないとダメなんだろうなぁ。

ホント、ヴィッツみたいに小さかった。207に見慣れているとあの小ささも驚きだった。
このクルマは何??
| 今日○○を見た! | 18:28 | comments(13) | trackbacks(0) |
厳密には筆者が見たのではないが、このクルマはどこのなんというクルマなのか。


仙台市泉区某所で停車しているところを激写。かっこいい。教えて!ヘンタイのみなさん!
色眼鏡禁止!シトロエン DS4を見た!
| 今日○○を見た! | 18:10 | comments(4) | trackbacks(0) |
先日夕暮れの仙台市街地を歩いていたら、交差点を右折しようとしているシトロエン DS4と邂逅!


筆者のようにシトロエンに興味を持っていて、しかも家族が同じDSラインのクルマに乗っていても、真横から見ただけではあれがシトロエンとはすぐには気付かない。変わったシルエットのクルマだなぁ、ん?フロントライト下のLEDがPSAっぽいぞ?ん?ホイールのオーナメントは…!という感じでようやく気付いた次第。


確かに異色ではあるが、特にシトロエンと遠いイメージを醸し出すのが昨今流行りのSUV系の車高ではなかろうか。まぁPSAグループの現在のラインナップと取り巻く状況などを考えれば、DS4のようなバリエーションはあっても不自然ではないけれど、ちょっと知っている人ならシトロエンと言えばやはりハイドロ、しかもググッとシャコタンというイメージではなかろうか。えぇえぇ、思い込みなのは充分承知の上である。

逆にDSラインを作ったことでSUV的なプロダクツをシトロエン看板の下にリリースできた、と考えることもできる。試乗したことないので何とも言えないが、DS3〜5は基本的にハイドロとは無縁のトラディショナルな足周り(前:マクファーソン・ストラット、後:トーションビーム)。それでもDS3は乗れば確かにプジョーが指向する乗り味とは違うことが納得できるので、おそらくDS4、5も、変に色眼鏡で見なければ麗しい乗り心地として堪能できるのではないかと想像する。

DS5、いいよなぁ。

航空機のコクピットをヒントにしたルーフコンソールがたまりません!!
+ PROFILE
+ accesses since Dec.2009
+ RECENT COMMENTS
+ 「クルマで行きます」用語集
■顧問■
筆者の友人太郎君のこと。
エンスージアストにしてドラマー。
いろんな意味で筆者の指南役にして
このブログの技術顧問(と勝手に思っている)

■朝練&夜活■
早朝に走りに行くのが朝練。
夜に走りに行くのが夜活(やかつ)。
夜の走行活動の略。
どちらもひとりであてもなく走る。
つまりひたすらクルマとの対話を楽しむ。

■S店長■
筆者のMiTo購入時の担当営業さん。
現在VOLVO仙台泉店の店長。
筆者のクルマ人生を変えた人。
一言で言えばカーガイ。

■EDO■
Eat and Drink Organizationの略。
親友2名と行うツーリング企画の名。
「移動に有料道路は使わない」
「同乗者無しでひとり1台」
「うまいものを食べ、飲む」が掟。

■K店長■
クライスラー・ジープ・ダッジ仙台の店長。
TCT版リリースを機に滑り込みで
MiTo1.4TSportを購入したカーガイ。
カーオーディオ地獄サバイバー。
+ CATEGORIES
+ LINKS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ クルマ以外の話も…
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ